コラム

東京アンダーグラウンドのアートシーン特集 新しい5つの動向とは

東京アンダーグラウンドのアートシーン特集 新しい5つの動向とは

テキスト
中島晴矢
編集:宮原朋之、柏井万作

「芸術祭」が前提となっている「ポスト芸術祭」の時代のアートとは?

いま現代アートのシーンでは、若手アーティストによる刺激的な実践が多く見られる。だがそれらは往々にして美術館や芸術祭といった既存のアートシーンより見えづらい。また多くは、美術誌や批評誌は言うに及ばず、カルチャーマガジンや新聞、テレビといったメディアに取り上げられることは稀である。もちろん「若手だから」という事実もあるが、発表の場がオルタナティブスペースやアートコレクティブだったり、告知がSNS上のコミュニケーションをベースにしていたりと、全体像が拡散しているのも理由だ。

この記事では、それぞれが点として偏在している若手アーティストによる刺激的な実践を横断的に眺めていくことで、ひとつの鳥瞰図を描くことを試みる。それはシーンの一端に過ぎないかもしれないが、容易に全貌を見渡せないプレイヤーの分厚さこそがこのジャンルの豊かさでもあるはずだ。

特に筆者が本稿で示したいのは「ポスト芸術祭」の時代のアートだ。ここで言う「ポスト芸術祭」とは、ビエンナーレやトリエンナーレはもちろん、単発のアートフェスから町おこし的なアートイベントまで、日本全国に「芸術祭」が乱立している現在に、「芸術祭」を意識することがアーティストと鑑賞者にとって自明の前提となっている状況のことを指す。つまり、展示する地域の風土や歴史に則ったサイトスペシフィックなアートの作り方や見方が、広く一般化しているのではないかということだ。

その上で、若いアーティストたちは各々勝手に土地と交わっている。たとえばシェアハウスに住んだり、共同でアトリエやスタジオを作ったり、ギャラリーを運営したりしながら、コミュニティーの背景にそれぞれ固有の土地性(トポス)を色濃く刻んでいるのである。

現代版「アルテ・ポーヴェラ(貧しい芸術)」とも捉えられる、この新しいアートシーンのありようは、日本のリアルな現状を映し出す鏡となるかもしれない。凝り固まって疲弊した既存の美術業界やメディアに対し新陳代謝を促す意味でも、ここ最近の開かれた展示や動向を紹介していこう。新たな状況の切断面に触れることができるはずである。

①『恋せよ乙女! パープルーム大学と梅津庸一の構想画』

渋谷区神宮前にあるワタリウム美術館は、私設美術館ゆえ、ナム・ジュン・パイクや坂本龍一といったメジャーなアーティストの個展から、若手アーティストを起用したかなり実験的な展示まで幅広く開催している。そのワタリウム美術館でこの6月に開催されたのが、画家・梅津庸一の主催するコミュニティー「パープルーム」による大規模な展示だ。

photo by Fuyumi Murata
photo by Fuyumi Murata

美術の共同体「パープルーム」は、神奈川県は相模原にあるアトリエと居住空間が渾然一体となった私塾「パープルーム予備校」を活動拠点としている。ひとことで説明するのが難しいが、SNSを媒介として梅津のもとに集った若者たちの集住と活動――これは2000年代後半から起こったシェアハウスブームの延長線上に位置している。若手作家が集まって住み「スタジオ」を構え、なんならそこで「展覧会」まで開いてしまうという完全にオルタナティブな動向は、昨今の既成の美術シーンとアンダーグラウンドの美術シーン間の乖離を象徴しているようだ。

今回の展示はワタリウム美術館を「パープルーム大学」と読み替え、出展作家たちが実際に会場で生活しながら(!)、無数のトークやレクチャー、イベントを催すというものだ。展示形態の軸となるテーマは「構想画」である。「構想画」とは明治の洋画家・黒田清輝による思想的な構想を備えた絵画を指すが、梅津らパームルームはその近代日本美術史を再帰的に生き直し、現代の「構想画」を描きだそうとする。

とはいえ、展示自体は文化祭のような祝祭性を持っている。玉石混淆と言おうか、ゲストも交えた20名以上の作家による混沌とした空間が面白い。ごちゃごちゃと混濁した場に展示されている多くの絵は、繊細な線や色彩を有しており、滅茶苦茶なのに統一感のある彼らのコミュニティーの隠喩のように見えてくる。そしてこの「構想」はまた、日本という「悪い場所」(美術評論家・椹木野衣が著書『日本・現代・美術』のなかで歴史がない戦後日本を言い表した言葉)において芸術や絵画が捻れた形でしか表現できない問題を表しているようにも見える。

②カオス*ラウンジ主催『ISETAN ニューアーティスト・ディスプレイ』

伊勢丹新宿本店にある9つの「アートフレーム」内に15組の若手アーティストたちが作品を展開した『ISETAN ニューアーティスト・ディスプレイ』は、カオス*ラウンジが主催する。カオス*ラウンジは、ネットの集団性を用いてキャリアをスタートさせたグループだが、五反田のゲンロンカフェでの『新芸術校』やアトリエでの展覧会を企画・運営し、オルタナティブなシーンの一翼を担っている。今回の出展者たちは、その『新芸術校』の卒業生が中心となっていた。

中央本線画廊『PostTown Bricolage』 photo by Yuta Akiyama
中央本線画廊『PostTown Bricolage』 photo by Yuta Akiyama

そのなかでも特に注意を引いたのが、西荻窪の展示スペースを根城とする「中央本線画廊」が手掛けたフレーム『PostTown Bricolage』だ。新宿という都市を、ルーツである江戸時代の宿場町(ポストタウン)へと一度還元した上で、地質学的な地図作品から、都市の力学的な形態を描いた絵画、廃材からなるオブジェ、都市イメージの表層を過剰化したコラージュ、アニメキャラクターの描かれたコンクリートモルタルまでがブリコラージュされている。新宿を歴史的に掘り下げることによって、伊勢丹デパートという空間を異化していた。

アートが場に規定されるサイトスペシフィックなものであるという制度に自覚的に介入し、新たな場の風景を描き出そうする試みは、まさに「ポスト芸術祭」と言えるものだろう。震災以降決定的になったように、たとえば「福島」や、そこから逆照射される「東京」、あるいは政治的緊張を有する「沖縄」といった場とどう向き合うかという問題設定は、いまのシーンの底流を作っているといっても過言ではない。

『PostTown Bricolage』が面白いのは、『ISETAN ニューアーティスト・ディスプレイ』の第二部として、西荻窪の「中央本線画廊」に作品がスピンアウトして展示された点である。想像的にも物理的にもフレームからはみ出し、観客を別の場へと連れ出す営みは、オルタナティブなシーンのDIY精神に則っている。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『恋せよ乙女! パープルーム大学と梅津庸一の構想画』

2017年6月1日(木)~6月18日(日)
会場:東京都 神宮前 ワタリウム美術館

『ISETAN ニューアーティスト・ディスプレイ』

2017年5月31日(水)~6月6日(火)
会場:東京都 新宿 伊勢丹新宿店本館 5階

小林健太『自動車昆虫論 / 美とはなにか』

2017年6月3日(土)~8月12日(土)
会場:東京都 恵比寿 G/P gallery

関優花+ノロアキヒト+田中亜梨紗『知恵ヲcray』

2017年6月17日(土)~6月21日(水)
会場:東京都 高円寺 ナオナカムラ

書籍情報

批評誌『アーギュメンツ#2』

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

キセル“富士と夕闇”

キセルを聴くと、特別なものは本当に言葉にするのが難しいなと思う。3年ぶりのアルバムより、“富士と夕闇”のMV。日常を切り取っているはずなのにサイケデリックで、二人と一匹を映しているようで景色ばかりが目に入る映像の不思議が、妙にキセルにはまっている。監督はVIDEOTAPEMUSIC。浮遊感ある音も相まって、忙しない現実も融解するよう。(山元)

  1. 宇多田ヒカルの新曲“あなた”PV公開 来年に新アルバム&ライブツアー予定 1

    宇多田ヒカルの新曲“あなた”PV公開 来年に新アルバム&ライブツアー予定

  2. Charisma.comが無期限活動休止へ DJゴンチは脱退&アーティスト活動引退 2

    Charisma.comが無期限活動休止へ DJゴンチは脱退&アーティスト活動引退

  3. 小沢健二&満島ひかりが屋形船で“ラブリー” Apple Musicの新コンテンツ 3

    小沢健二&満島ひかりが屋形船で“ラブリー” Apple Musicの新コンテンツ

  4. 『デザインあ展』が5年ぶり開催 中村勇吾、小山田圭吾も参加 4

    『デザインあ展』が5年ぶり開催 中村勇吾、小山田圭吾も参加

  5. 香取慎吾&草彅剛&稲垣吾郎の映画『クソ野郎と美しき世界』ビジュアル公開 5

    香取慎吾&草彅剛&稲垣吾郎の映画『クソ野郎と美しき世界』ビジュアル公開

  6. Perfume支えるテクノロジーに迫るNHK特番 案内人に真鍋大度&ムロツヨシ 6

    Perfume支えるテクノロジーに迫るNHK特番 案内人に真鍋大度&ムロツヨシ

  7. 磯部涼『ルポ 川崎』 ラップからヤクザ、差別問題まで取材、BAD HOPも証言 7

    磯部涼『ルポ 川崎』 ラップからヤクザ、差別問題まで取材、BAD HOPも証言

  8. 『全員死刑』小林勇貴監督がケータイで撮影 映画『ヘドローバ』公開 8

    『全員死刑』小林勇貴監督がケータイで撮影 映画『ヘドローバ』公開

  9. アニソン、舐めたらアカン。ミト×OxTによる「アニソン座談会」 9

    アニソン、舐めたらアカン。ミト×OxTによる「アニソン座談会」

  10. 『SWITCH』の「良い音」特集に世界のオーディオ機器集結 高橋幸宏らも登場 10

    『SWITCH』の「良い音」特集に世界のオーディオ機器集結 高橋幸宏らも登場