特集 PR

空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察

空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察

INNOSENT in FORMAL『One for you』
テキスト
天野史彬
編集:山元翔一

SuchmosとCHAIが1位、2位を独占したCINRA.NETの年間ランキングから見えるものは?

去年の暮れにCINRA.NETで発表された、読者選考による2017年の各ジャンル年間ランキングを見ていて興味深かったのは、音楽部門の1位と2位を、SuchmosとCHAIという国内のバンドミュージックが独占していたこと。以下、3位~10位に名前が挙がったアーティストを上位から順に列挙すると、PUNPEE、The xx、DÉ DÉ MOUSE、tofubeats、Beck、椎名林檎、Cornelius、Bjorkと、他にバンドものはイギリスのThe xxだけ。

世界規模で考えると、2017年はケンドリック・ラマーやFuture、Migos、Lil Uzi Vertといったヒップホップアーティストたちがセールス的にも評価的にも大きなものを獲得した年だった(参考記事:田中宗一郎×宇野維正×柴那典 2017年を振り返る音楽トーク)。そんな状況を反映してか、アメリカの大型野外フェス『Coachella 2018』のヘッドライナー枠から初めてロックバンドの姿が消えたことも話題に(『Coachella 2018』のヘッドライナーはBeyonce、Eminem、The Weeknd)。グローバルな視点から見たとき、今はヒップホップやR&Bが圧倒的に強い時代なのだ。

Kendrick Lamar『DAMN.』(2017年)収録曲

Migos『Culture』(2017年)収録曲

だからこそ、あくまでも「リスナー視点」がリアルに反映されたCINRA.NETの読者ランキングは興味深かった。ベテランソロアーティストやヒップホップ、エレクトロ系が多く名を連ねながらも、それらを抑え、1位と2位をSuchmosとCHAIという若いバンドが独占したこのランキングが示すのは、もしかしたら、グローバルな視点からは見えない、ローカルな視点から見えてくる「バンドミュージックの復権」でもあるのではないか?――そう思ったからだ。

Suchmos『THE KIDS』(2017年)収録曲

CHAI『PINK』(2017年)収録曲

「バンドミュージック」から今の私たちが学びとれる価値観

筆者の個人的なリスナーとしての感覚からいっても、2017年は「ヒップホップ漬け」の1年であったと同時に、「バンド愛」が高まった1年であった。ケンドリック・ラマーやFuture、Young Thug、Vince Staplesといったアメリカのラッパーたちが生み出した傑作群を聴きまくると同時に、Suchmos『THE KIDS』やCHAI『PINK』はもちろん、ドミコ『hey hey, my my?』やKing Gnu『Tokyo Rendez-Vous』といった国内バンドの素晴らしい作品たちを喜びと興奮を持って迎えた。

ドミコ『hey hey, my my ?』(2017年)収録曲

King Gnu『Tokyo Rendez-Vous』(2017年)収録曲

もちろん、国内のバンドばかりではない。イギリスのMoonlandingzやオーストラリアのKing Gizzard & The Lizard Wizardといった、新世代のサイケデリックロックを鳴らすバンドの作品たちも素晴らしかった。

King Gizzard & The Lizard Wizard『Flying Microtonal Banana』(2017年)収録曲

バンドミュージックのよさとは、仲間たちが集まることで子どもたちが公園で砂の城を作り上げるように、音楽によって自分たちだけのサンクチュアリを築き上げる……そんな親密な幸福感にある。声高に何かを主張する必要はないし、世界がどうとか社会がどうとか、そんなことも関係ない。最高の仲間たちと、最高のアイデアと、最高の音楽があればいい。

「正しさ」よりも、身近な人たちとわかち合う「楽しさ」を。バンドミュージックがもたらす、そんな無邪気な喜びは、様々な価値観が分断し、「正しさ」と「正しさ」が争うことで溝が深まっていく今の世界だからこそ、もう一度私たちが立ち返るべきもののようにも思えてくる。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

INNOSENT in FORMAL
『One for you』
INNOSENT in FORMAL
『One for you』(CD)

2018年1月24日(水)からタワーレコード、ヴィレッジヴァンガード限定販売
価格:1,080円(税込)
NBPC-0048

1. One for you
2. Love me, Love me
3. One for you Remix
4. One for you Inst.

  • TOWER RECORDSで購入する
  • イベント情報

    『make a fist』

    2018年1月15日(月)
    会場:東京都 代官山LOOP
    出演:
    INNOSENT in FORMAL
    The Applepie
    REVSONICS
    STEPHENSMITH Camping Trailer
    and more

    『THEY LIVE 4』

    2018年1月18日(木)
    会場:東京都 新代田FEVER
    出演:
    INNOSENT in FORMAL
    sui sui duck
    死んじゃうじゃんか
    and more

    『DEER Connection ~INNOSENT in FORMAL 1st Single Release Bash!!~』

    2018年1月28日(日)
    会場:東京都 新代田FEVER
    出演:
    INNOSENT in FORMAL
    MIDICRONICA
    Pablo
    The Novelestilo
    NU minor
    manman
    GAINTARO feat. M-OTO Funky Boombox and DJs

    『でらロックフェスティバル2018』

    会場:愛知県 名古屋エリア複数会場

    『15th Anniversary Live「FLOW THE PARTY 2018」』

    2018年2月22日(木)
    出演:
    FLOW
    ROTTENGRAFFTY
    INNOSENT in FORMAL

    プロフィール

    INNOSENT in FORMAL
    INNOSENT in FORMAL(いのせんと いん ふぉーまる)

    21XX年 In NEO TOKYO。この物語は、閉館前夜の古びた映画館から始まった。映画館の支配人である老人が地下室で偶然見つけた「謎のフィルム缶」それに運命を感じた老人が、旧式の映写機にフィルムをセットすると映写幕には、かつて一世を風靡したサーカス小屋出身のバンドが旅をしていくアニメーション映画が投影された。老人が初めて観るその映画に夢中になっていると突如として映画の中から霊魂のようなものが勢いよく飛び出し、瞬く間に眩い光が館内を包み込んだのだった。光に視界を奪われた老人の目が慣れてくると映写幕の前にいるはずのない4人の怪しい男達が立っていた。何を隠そう彼らこそが先程の映画の中のバンドでありこの物語の主人公「INNOSENT in FORMAL」なのだ! 久しぶりに上映されたにも関わらず観客が老人ただ一人だったことに怒りを覚えたことによって飛び出してきてしまったのだ。彼らは、昔のように大勢の人々に自分たちのことを知ってもらう為に全国をLIVEして周ることに決めたのだった。「INNOSENT in FORMAL」彼らの物語は、まだ始まったばかりである…。

    SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

    サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

    1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

      W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

    2. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 2

      草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

    3. KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言 3

      KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言

    4. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 4

      椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ

    5. 石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開 5

      石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開

    6. 安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編 6

      安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編

    7. 池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開 7

      池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開

    8. 小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』 8

      小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』

    9. ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳 9

      ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳

    10. 野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾 10

      野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾