コラム

『ポンキッキーズ』放送終了。ピエール瀧や安室奈美恵も出演した番組を回顧

『ポンキッキーズ』放送終了。ピエール瀧や安室奈美恵も出演した番組を回顧

佐伯享介(CINRA.NET編集部)

フジテレビ系の子ども向け番組『ポンキッキーズ』が、3月25日に放送終了を迎える。前身となった『ひらけ!ポンキッキ』の放送開始が1973年だから、約45年間にわたって放送されてきたことになる。

ガチャピンとムック、「ジャカジャカジャンケン」でおなじみのコニーちゃんなどのキャラクターを生み出したほか、数々のオリジナル楽曲が『ポンキッキ』シリーズをきっかけに誕生。出演者にミュージシャンたちも積極的に起用し、子どもたちの人気者にした。多彩なミニコーナー、凝った映像演出など、その変遷を追いかけるだけでも膨大な情報量になりそうだ。同番組が日本のカルチャーに及ぼした影響は大きい。

あの人も『ポンキッキ』に出演。子どもたちの人気者に。

『ポンキッキ』シリーズの出演者で、誰が印象的だったか、という問いについては、視聴していた時期によって全く違う答えになりそうだが、やはり長く出演していたBOSE(スチャダラパー)やピエール瀧(電気グルーヴ)は外せないだろう。

スチャダラパーの楽曲“Welcome to Ponkickies”は1994年から約7年間にわたってオープニングテーマとなっていた。当時25歳の若手ラッパーだったBOSEは、「BOSEくん」として子どもたちの人気者になり、ピエール瀧の存在がお茶の間に広く認知されたきっかけの1つにもなった。この番組がなければ、ピエール瀧がNHKのドラマで主演を務めることも、ディズニーアニメで声優を務めることもなかったかもしれない。

BOSE
BOSE

ピエール瀧
ピエール瀧

BOSE、瀧と共演していた鈴木蘭々の存在感も忘れてはならないが、その鈴木蘭々と番組内ユニット「シスターラビッツ」を組んでいたのが、初登場時は17歳だった安室奈美恵。当時はSUPER MONKEY'Sと共に活動し、ソロデビューを控えていた安室だが、昨年デビュー25周年を迎え、今年には芸能界を引退する。

安室奈美恵
安室奈美恵

Bro.TOMも長期間にわたって出演。

Bro.TOM
Bro.TOM

DAICHIこと三浦大知、HIKARIこと満島ひかりらを擁したFolderのメンバーたちが登場していた時期も。

三浦大知
三浦大知

満島ひかり
満島ひかり

爆笑問題はネズミの着ぐるみ姿で「爆チュー問題」として人気を博した。

爆笑問題
爆笑問題

そのほか、市川実和子、あんじ、ケイン・コスギ、いのっちこと井ノ原快彦(V6)、ダンテことダンテ・カーヴァー、アッキーナこと南明奈、ウエンツ瑛士、鈴木福、谷花音などなど枚挙にいとまがない。現在のメインMCは春風亭昇々と藤原さくらが務めている。

名曲の数々が『ポンキッキ』から生まれた。楽曲提供陣も豪華絢爛

番組の随所でタレント、ミュージシャンや俳優など、多様なジャンルの著名人が参加してきた『ポンキッキ』。中でも音楽は番組の核の1つとなっていた。450万枚以上のヒットを記録した“およげたいやきくん”をはじめ、“たべちゃうぞ”“いっぽんでもニンジン”“はたらくくるま”“ホネホネロック”“恐竜が街にやってきた”といったキッズソング、爆チュー問題による“でたらめな歌”など。

番組中で使用された楽曲も大量だ。オープニングやエンディングテーマには、スチャダラパーをはじめ、森高千里、山下達郎、斉藤和義、米米CLUB、藤原さくら、ミニコーナーなどの挿入歌には電気グルーヴ、矢野顕子、小沢健二、ホフディラン、つじあやの、TRFなどなど。洋楽のチョイスではThe Beatlesの多用が印象的だった。大人たちがセンスをフル稼働し、全力で子どもたちを楽しませようとしていた。現在の日本のカルチャーの土台を作った番組の1つと言っても大げさではないだろう。

ガチャピンとムックの宝物。「ずっと大事にしていきます」

番組終了発表後の3月13日、番組の公式ブログで「ガチャピン・ムック『ぼくの宝物』」と題する記事が公開された。このように綴られている。

ぼくには、宝物がたくさんあります。
たくさんのステキな人たちが、番組に出てくれました。

おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、そして子どもたち・・・たくさんの人たちに番組を見てもらいました。

チャレンジをするとき、なかなかじょうずにできなくて、くじけそうになったときは、みんなが応援してくれました。

いろんなところに遊びに行って、たくさんの子どもたちとお友だちになりました。

まだまだいっぱいあるけど・・・ぜーんぶ、ぼくとムックの宝物です。
「抱えきれないぐらいの宝物ですね!」
そうだね、ムック。

この宝物を、ずっと大事にしていきます。
みんな、ありがとう。
beblogより

『ポンキッキーズ』の最終回は、3月25日8:00からBSフジで放送される。しかし、ガチャピンとムックともこれで永遠のお別れ……というわけではないらしい。フジテレビの発表によれば、今後も何らかの形で彼らと会うことができそうだ。それになにより、『ポンキッキーズ』を見た人たちの心の中でいつでも、ガチャピンは果敢にチャレンジしているはずだ。そして私たちもガチャピンに学んだように、日々の生活の中で各々の「チャレンジ」に挑み続けていくべきだろう。もちろんムックも見守ってくれているはず……ですぞ。

ちなみにフジテレビによるYouTubeチャンネル「フジテレビKIDSチャンネル」では『ポンキッキーズ』の動画も多数公開されている。この機会に視聴してみるのもいいだろう。

Page 1

番組情報

『ポンキッキーズ』

2018年3月25日(日)8:00~BSフジで放送、LINE LIVE P-kies(&ガチャピン・ムック)、FOD見逃し無料、TVer、GYAO!で後日配信

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今