特集 PR

壮絶な貧困が生んだ、オンリーワンなチャップリンの喜劇に迫る

壮絶な貧困が生んだ、オンリーワンなチャップリンの喜劇に迫る

『新日本フィルの生オケ・シネマ Vol.3 「黄金狂時代」』
テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:久野剛士、矢島由佳子

「かたり」のプロがうらやむパントマイムの王様・チャップリン

喜劇王チャーリー・チャップリンが監督・主演・脚本・音楽などを手がけた映画『黄金狂時代』(1925年)が、『新日本フィルの生オケ・シネマ』シリーズ第3弾として、5月26日、すみだトリフォニーホールにて上映される。また、この公演に先立ち、4月1日に同会場の小ホールにて、タレント・俳優の山田雅人による『かたりの世界~チャップリン物語』公演が開催された。

映画『黄金狂時代』のチャップリン / The Gold Rush ©Roy Export S.A.S.
映画『黄金狂時代』のチャップリン / The Gold Rush ©Roy Export S.A.S.

山田雅人の『かたりの世界』は、山田がライフワークとしている公演。スポーツ選手や芸能人の半生、スポーツや競馬の名場面にスポットを当て、まるで目の前で起きているかのようにマイク1本で再現する、落語でも漫談でもないオリジナルの話芸である。

この日はマクラ(本題への導入部)で客席を温めた後、チャップリンと映画『黄金狂時代』について、およそ40分たっぷりと語り尽くした。そこで本コラムでは、喜劇王としてのチャップリンの魅力について、彼の証言を交えながら紹介したい。

山田雅人が、『かたりの世界~チャップリン物語』公演で敬愛するチャップリンについて40分語り尽くした
山田雅人が、『かたりの世界~チャップリン物語』公演で敬愛するチャップリンについて40分語り尽くした

チャップリンは、同年代に活躍したコメディアン、バスター・キートンやハロルド・ロイドと並び、「世界の三大喜劇王」と呼ばれている。3人はいずれも「スラップスティックコメディ」という、体を張って笑いを取るスタイルで有名になった。パントマイムなどを駆使して、叩いたり叩かれたり、追いかけたり追いかけられたりする演技は、映画にまだ音声のないサイレント時代に流行し、その後トーキー映画が主流となるにつれて、セリフによる笑いに主役の座を奪われていくことになる。

しかし、言葉を必要とせず笑いを取るスラップスティックコメディは、マルクス兄弟(アメリカのコメディアン。5人兄弟のうち、チコ、ゼッポ、グルーチョ、ハーポの4人を指す)を経て、たとえばモンティ・パイソン(1960年代~1980年代に活躍したイギリスのコメディグループ)や、Mr.ビーン、日本ではコント55号(萩本欽一、坂上二郎)、ドリフターズの作品などに受け継がれていった。

チャップリンの短編映画『アルコール先生ピアノの巻』(1914年)

山田:チャップリンの魅力は、パントマイムにこだわり続けたところですね。僕のやっている「かたり」なんて、いくら頑張ったところで日本語を理解している人にしか届かない。たとえ英語でやったとしても、今度は英語を理解している人にしか通じない。でも、パントマイムなら万国共通です。日本人、アメリカ人、フランス人が同時に笑えるわけですよね。世界中の人と一緒に笑えるって、すごいことだと思いませんか?

山田雅人
山田雅人

Page 1
次へ

イベント情報

『新日本フィルの生オケ・シネマ Vol.3 「黄金狂時代」』
『新日本フィルの生オケ・シネマ Vol.3 「黄金狂時代」』

2018年5月26日(土)全2公演
会場:東京都 錦糸町 すみだトリフォニーホール
上映作品:『黄金狂時代』(監督:チャーリー・チャップリン)
出演:
ティモシー・ブロック
新日本フィルハーモニー交響楽団
山本光洋(オープニングパフォーマンス)
料金:一般6,000円 ペア券9,600円 高校生以下1,000円

プロフィール

山田雅人(やまだ まさと)

1961年生まれ、大阪府出身。1983年、芸能活動を開始。2009年より、ひとり舞台「かたり」を定期的に公演し、2010年は全国で80ステージ以上開催。ひとり芝居でも、漫談でも、落語でもない、聞き手と一緒に想像の世界を作り上げる「かたり」は、聞き手の頭の中に映像を浮かび上がらせ、各地で好評を得ている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送