特集 PR

壮絶な貧困が生んだ、オンリーワンなチャップリンの喜劇に迫る

壮絶な貧困が生んだ、オンリーワンなチャップリンの喜劇に迫る

『新日本フィルの生オケ・シネマ Vol.3 「黄金狂時代」』
テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:久野剛士、矢島由佳子

「かたり」のプロがうらやむパントマイムの王様・チャップリン

喜劇王チャーリー・チャップリンが監督・主演・脚本・音楽などを手がけた映画『黄金狂時代』(1925年)が、『新日本フィルの生オケ・シネマ』シリーズ第3弾として、5月26日、すみだトリフォニーホールにて上映される。また、この公演に先立ち、4月1日に同会場の小ホールにて、タレント・俳優の山田雅人による『かたりの世界~チャップリン物語』公演が開催された。

映画『黄金狂時代』のチャップリン / The Gold Rush ©Roy Export S.A.S.
映画『黄金狂時代』のチャップリン / The Gold Rush ©Roy Export S.A.S.

山田雅人の『かたりの世界』は、山田がライフワークとしている公演。スポーツ選手や芸能人の半生、スポーツや競馬の名場面にスポットを当て、まるで目の前で起きているかのようにマイク1本で再現する、落語でも漫談でもないオリジナルの話芸である。

この日はマクラ(本題への導入部)で客席を温めた後、チャップリンと映画『黄金狂時代』について、およそ40分たっぷりと語り尽くした。そこで本コラムでは、喜劇王としてのチャップリンの魅力について、彼の証言を交えながら紹介したい。

山田雅人が、『かたりの世界~チャップリン物語』公演で敬愛するチャップリンについて40分語り尽くした
山田雅人が、『かたりの世界~チャップリン物語』公演で敬愛するチャップリンについて40分語り尽くした

チャップリンは、同年代に活躍したコメディアン、バスター・キートンやハロルド・ロイドと並び、「世界の三大喜劇王」と呼ばれている。3人はいずれも「スラップスティックコメディ」という、体を張って笑いを取るスタイルで有名になった。パントマイムなどを駆使して、叩いたり叩かれたり、追いかけたり追いかけられたりする演技は、映画にまだ音声のないサイレント時代に流行し、その後トーキー映画が主流となるにつれて、セリフによる笑いに主役の座を奪われていくことになる。

しかし、言葉を必要とせず笑いを取るスラップスティックコメディは、マルクス兄弟(アメリカのコメディアン。5人兄弟のうち、チコ、ゼッポ、グルーチョ、ハーポの4人を指す)を経て、たとえばモンティ・パイソン(1960年代~1980年代に活躍したイギリスのコメディグループ)や、Mr.ビーン、日本ではコント55号(萩本欽一、坂上二郎)、ドリフターズの作品などに受け継がれていった。

チャップリンの短編映画『アルコール先生ピアノの巻』(1914年)

山田:チャップリンの魅力は、パントマイムにこだわり続けたところですね。僕のやっている「かたり」なんて、いくら頑張ったところで日本語を理解している人にしか届かない。たとえ英語でやったとしても、今度は英語を理解している人にしか通じない。でも、パントマイムなら万国共通です。日本人、アメリカ人、フランス人が同時に笑えるわけですよね。世界中の人と一緒に笑えるって、すごいことだと思いませんか?

山田雅人
山田雅人

Page 1
次へ

イベント情報

『新日本フィルの生オケ・シネマ Vol.3 「黄金狂時代」』
『新日本フィルの生オケ・シネマ Vol.3 「黄金狂時代」』

2018年5月26日(土)全2公演
会場:東京都 錦糸町 すみだトリフォニーホール
上映作品:『黄金狂時代』(監督:チャーリー・チャップリン)
出演:
ティモシー・ブロック
新日本フィルハーモニー交響楽団
山本光洋(オープニングパフォーマンス)
料金:一般6,000円 ペア券9,600円 高校生以下1,000円

プロフィール

山田雅人(やまだ まさと)

1961年生まれ、大阪府出身。1983年、芸能活動を開始。2009年より、ひとり舞台「かたり」を定期的に公演し、2010年は全国で80ステージ以上開催。ひとり芝居でも、漫談でも、落語でもない、聞き手と一緒に想像の世界を作り上げる「かたり」は、聞き手の頭の中に映像を浮かび上がらせ、各地で好評を得ている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に