特集 PR

フィリップ・ドゥクフレの知られざる日本愛と坂東玉三郎への敬意

フィリップ・ドゥクフレの知られざる日本愛と坂東玉三郎への敬意

フィリップ・ドゥクフレ / カンパニーDCA『新作短編集(2017)』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
編集:川浦慧

「ダンスカンパニーである私たちは、公演のために世界中を飛び回っています。それは人生の半分は旅をしているようなもの。旅をすること、遠くの地を訪れることについて、ひとつの作品を作ってみたいと思っていました」。

これは、フランスを代表する演出家・振付家のフィリップ・ドゥクフレが、まもなく上演される『新作短編集(2017)-Nouvelles Pièces Courtes』に寄せた言葉だ。

ドゥクフレと彼が主宰する「カンパニーDCA」が手がけたその新作は、5つの小編(Pièces)を集めたダンスのオムニバス集だが、そのラストの一作は日本への愛情が感じられる「旅」の物語である。1992年のアルベールビル冬季オリンピック開・閉会式の演出を31歳という若さで手がけて以来、ドゥクフレはさまざまな場所を旅し、創作のための冒険を重ねてきた。そして、その折々で彼は日本を訪れ、その後に続く表現のヒントを得てきたのだという。

新作をたずさえ日本にやって来る直前の本人と、約四半世紀のあいだ、彼の日本での活動の多くを手がけてきた彩の国さいたま芸術劇場プロデューサーの佐藤まいみに、フィリップ・ドゥクフレという一人の芸術家が歩んできた旅について聞いた。

(メイン画像:©Chalres Freger)

シニカルな作品が多かった時代に現れた、明るいロックコンサートのような雰囲気のドゥクフレ作品

長きに渡りドゥクフレの日本公演を共にしてきた佐藤まいみは、ドゥクフレとの出会いや、そのときの忘れられない衝撃をこのように語った。

佐藤:わたしがフィリップをはじめて知ったのは1980年代のフランスです。当時私はパリで暮らしながら、いろんなダンスを観ていました。フランスは感情豊かに人生を謳歌する精神の根付いた国ですから、ダンスも感情のぶつかり合いやすれ違いなど微妙な恋愛関係を取り上げる作品が多かったのです。でも、個人的にはそれがちょっとつらかったんですね(苦笑)。そんな時に出会ったのが彼の初期の代表作『Codex』(1986年)でした。

『Codex』-『PANORAMA-パノラマ』(2014年)より©Arnold Groeschel
『Codex』-『PANORAMA-パノラマ』(2014年)より©Arnold Groeschel

佐藤:劇場に一歩足を踏み入れた瞬間、会場の賑やかさに驚かされました。客席は10代や20代に占められ、明るくポジティブな雰囲気。まるでロックコンサートの開演前のような活気がありました。このときのフィリップはオリンピックの演出で注目を集める前でしたけれど、フランス国内の有名な賞を受賞した気鋭の演出家、「ヌーヴェルダンス(新しいダンス)」を代表する新世代として知られるようになってきていたんです。

幕が開いて、そこに広がる世界は衝撃的でした! 河童のような衣裳のダンサー数名が出てきて足ヒレをパタパタさせて走ったり、大きなズボンを履いた黒人歌手の頭上から大雨が降って、ズボンにどんどん水が溜まっていくのに歌手は歌をやめなかったり。そういうナンセンスな動きを大真面目にやるものだから、観客席は笑い声が絶えません。かと思うと、事故で足を失った友人へのオマージュとしてフィリップ本人が、片足を縛って踊るシリアスなダンスシーンもあって、造形的な意外さ、ユーモアや美しさのセンスに温かい気持ちになりました。こうして話していても、まるで昨日のことみたいに覚えています。

『Codex』は、フランス国内で1980年代初頭に発売された架空世界の百科事典『コデックス・セラフィニアヌス』にちなんで作られた。下半身が芋虫の馬や、おならで戦う兵士など想像力が奔放に爆発する同書に、ドゥクフレは強いインパクトを受けたのだ。けれども、その自由で奇天烈な世界と共鳴する力は彼自身にそもそも備わっていたものでもあった。何しろ、普通の学校には通わず10代半ばでサーカス学校の門を叩いたというのだから!

ドゥクフレ:過去にも何度か言及してきましたが、パフォーマンスの世界を描いた映画『天井桟敷の人々』(1945年公開のフランス映画)は私の原点の一つです。私は映像、音楽、照明など、あらゆる舞台装置がもたらす効果や視点を武器に作品作りをしてきましたが、その理由は、それらの可能性に惹かれているからです。

フィリップ・ドゥクフレ ©Eline Ros
フィリップ・ドゥクフレ ©Eline Ros

『天井桟敷の人々』の主人公、道化師のジャン・バチストに憧れてサーカスへの道を歩み始めたドゥクフレは、学校内でのダンスの授業に関心を寄せ、アンジェ国立現代舞踊センターに進学。そこで出会ったアルヴィン・ニコライとの出会いから、光、影、色を造形的に構成していく自身のスタイルを次第に手にしていく。

佐藤:フィリップはこうした経験から、見世物小屋や幻灯機といったレトロな仕掛け、ギニョール(人形劇)への関心を培っていったんでしょうね。そして、もっとも大きな転機になったのは、やはりアルベールビル冬季オリンピック。ここで彼が発明・自作した空中を浮遊するような装置は、あの「シルク・ドゥ・ソレイユ」にも多大な影響を与えています。いまや、空中を自由に飛び回ったり跳ねたりする演出は当たり前になっていますけど、その原点はフィリップと彼のカンパニーが開発した装置だったんです。

Page 1
次へ

イベント情報

フィリップ・ドゥクフレ カンパニーDCA
『新作短編集(2017)-Nouvelles Pièces Courtes』

演出・振付:フィリップ・ドゥクフレ
出演:カンパニー DCA

埼玉公演

2018年6月29日(金)~7月1日(日)全3公演
会場:埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
料金:
前売 S席一般6,500円 A席一般4,000円 S席U・25割3,500円 A席U・25割2,000円
当日 S席一般7,000円 A席一般4,500円 S席U・25割4,000円 A席U・25割2,500円

北九州公演

2018年7月7日(土)、7月8日(日)全2公演
会場:福岡県 小倉 北九州芸術劇場 中劇場
料金:一般6,000円 ユース(24歳以下)3,000円 子供1,500円 高校生1,500円 親子セット(一般+子供)6,500円

びわ湖公演

2018年7月14日(土)、7月15日(日)全2公演
会場:滋賀県 膳所 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 中ホール
料金:一般6,000円 青少年(25歳未満)4,000円 シアターメイツ2,000円

プロフィール

フィリップ・ドゥクフレ

振付家・演出家。パリ生まれ。1983 年に自身のダンス・カンパニーDCAを設立。1992 年、アルベールビル冬季オリンピック開・閉会式の演出を31歳の若さで手がけるや、国際的な名声は一気に高まり、サーカスと映像トリックとダンスとが交錯する奇想天外な演出で、世界の舞台芸術における主要な振付家として評価を確立した。ほかにも、シルク・ドゥ・ソレイユやリヨン・オペラ座バレエへの振付や、ディオール、エール・フランスなどの世界的企業のCM映像も手がける。

佐藤まいみ(さとう まいみ)

1980年代にフランスでダンスの制作に携わり、帰国後横浜市開港130周年記念「ヨコハマ・アート・ウェーブ'89」アーティスティック・ディレクターに就任。以後、神奈川国際舞台芸術フェスティバルプロデューサー(神奈川芸術文化財団)、「フランスダンス'03」フェスティバル代表プロデューサー、「Dance Dance Dance @ YOKOHAMA」ディレクター(2012年&2015年)などの要職を歴任。2005年にフランス文化勲章オフィシェ受章。現在は彩の国さいたま芸術劇場プロデューサーとしてダンス公演のプロデュースに当たる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら