コラム

W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

テキスト
後藤美波(CINRA.NET編集部)

2018年『FIFAワールドカップ』ロシア大会が6月14日に開幕する。

日本代表の戦いや世界最高峰のスタープレイヤーたちの競演に沸く4年に一度のサッカーの祭典。開幕戦はホスト国ロシア対サウジアラビアの一戦となり、日本時間の6月14日24:00にモスクワのルジニキ・スタジアムでキックオフする予定だ。

サッカーの国際大会では、サポーターが歌うチャントや選手入場時にかかる楽曲など、様々な音楽が大会の盛り上がりに一役買っている。今大会でも公式ソングが発表されているほか、スポンサーの公式ソングや中継を担う国内のテレビ局のテーマ曲など、様々な音楽が熱戦を彩ってくれそうだ。

ここでは今回のロシア大会の音楽を中心に、近年の大会に華を添えてきた歴代ワールドカップ関連ソングを紹介する。

(メイン画像:モスクワのルジニキ・スタジアム。『ワールドカップ』ロシア大会メイン会場 Mos.ru [CC BY 4.0 (https://creativecommons.org/licenses/by/4.0)], via Wikimedia Commons)

ロシア大会公式ソングはDiploがプロデュース、開会式にはロビー・ウィリアムスが登場

ロシア大会のオフィシャルソングは、Nicky Jam feat. Will Smith & Era Istrefiの“Live It Up”。アメリカのレゲトンアーティストNicky Jamと、ウィル・スミス、コソボ出身のシンガーであるエラ・イストレフィのコラボ曲で、Diploがプロデュースを手掛けている。

PVには各国のサポーターの様子や、試合のフッテージなどが挿入されており、元ブラジル代表のロナウジーニョも登場。スタジアムの熱気と一体感を感じられるような楽曲になっている。

今大会の公式ソング“Live It Up”のPV

ロシアとサウジアラビアによる開幕戦の直前にルジニキ・スタジアムで行なわれる開会式では、ロビー・ウィリアムスがパフォーマンスを行なう。ロシアのソプラノ歌手アイーダ・ガリフッリーナとのコラボレーションも予定されている。また式には元ブラジル代表のロナウドも登場する。

イギリス出身のロビー・ウィリアムスは、ワールドカップ開会式でパフォーマンスすることについて「私のキャリアの中で多くのことをやってきたが、ワールドカップのオープニングで、スタジアムにいる8万人のサッカーファンと世界中の何百万人もの人々のためにパフォーマンスすることは子供の頃からの夢だった」と喜びのコメントを寄せている。

また大会のスポンサーであるコカ・コーラのオフィシャルソングはジェイソン・デルーロ“Colors”。参加国の様々なカルチャーを表現したPVでは、各国の国旗が象徴的に用いられている。

ジェイソン・デルーロ“Colors”PV。今大会のコカ・コーラ公式ソング

日本国内テレビ局のテーマソングはSuchmos、RADWIMPS、EXILE、NEWSら

テレビの前で大会を楽しむサッカーファンにとって、会期中一番耳にするのは各局の中継や特集番組で使用されるテーマソングかもしれない。今大会は全64試合がNHKと民放で生放送される。

NHKはワールドカップの中継放送をはじめとする2018年のサッカーテーマにSuchmosの新曲“VOLT-AGE”を起用。NHKの特設サイトでは同曲の歌詞と、Suchmosのパフォーマンスを収めた動画が公開されており、楽曲をフルで聴くことができる。

フジテレビはRADWIMPSによる書き下ろしの新曲“カタルシスト”。フジテレビ系のサッカーテーマ曲はこれまでオペラの“アイーダ”が使用されており、特定のアーティストの楽曲が起用されるのは初となる。

RADWIMPS“カタルシスト”は6月6日にリリースされている
RADWIMPS“カタルシスト”は6月6日にリリースされている

フジテレビ系サッカーテーマソング、RADWIMPS“カタルシスト”PV。野田洋次郎がラップを披露している

またTBSのテーマ曲はEXILEの新曲“Awakening”、日本テレビはNEWSの新曲“BLUE”。“Awakening”は中高とサッカー部に所属していたというEXILE ATSUSHIが作詞を手掛けており、特設サイトでは歌詞全文が公開中だ。NEWSの手越祐也は、2014年のブラジル大会に続き、2大会連続で日本テレビ系のワールドカップ放送メインキャスターを務める予定。

TBSのサッカーテーマソングであるEXILE“Awakening”リリックビデオ

歴代応援ソングを振り返る。Aviciiやブルーノ・マーズも参加

ワールドカップ関連ソングにはこれまでも多くの人気アーティストが参加してきた。

4年前のブラジル大会の公式アンセムには、今年惜しくも若くしてこの世を去ったAviciiが参加していたことも記憶に新しい。曲はカルロス・サンタナとワイクリフ・ジョンによる楽曲“Dar um Jeito(We Will Find a Way)”で、フィーチャリングアーティストとしてAviciiとアレクサンドレ・ピレスが名を連ねた。ワイクリフ・ジョンとサンタナは閉会式でパフォーマンスも行なった。

前回のブラジル大会公式アンセムに参加していたAvicii
前回のブラジル大会公式アンセムに参加していたAvicii

ブラジル大会閉会式でのカルロス・サンタナとワイクリフ・ジョンによるパフォーマンス

また、2010年の南アフリカ大会のコカ・コーラ公式ソングであった、K'Naanの“Wavin' Flag”にはプロデューサーとしてブルーノ・マーズが参加していた。

ブルーノ・マーズは南アフリカ大会のコカ・コーラ公式ソングに参加
ブルーノ・マーズは南アフリカ大会のコカ・コーラ公式ソングに参加

ブルーノ・マーズがプロデュースに名を連ねた南アフリカ大会コカ・コーラ公式ソング“Wavin' Flag”

Shakiraはたびたびワールドカップ公式ソングを任されており、“La La La (Brazil 2014)”がブラジル大会の公式アルバムに収録されているほか、2010年の南アフリカ大会でも公式ソング“Waka Waka (This Time for Africa) ”を歌唱。2006年のドイツ大会を含め、3大会連続で閉会式でのパフォーマンスを行なっている。

Shakiraがブラジル大会時に発表した“La La La (Brazil 2014)”

Shakiraによる南アフリカ大会公式ソング“Waka Waka (This Time for Africa) ”

2002年日韓大会ではCHEMISTRYら参加の日韓合同ユニットも

なお2002年の日韓ワールドカップの公式アンセムは、『ブレードランナー』『炎のランナー』などの映画音楽でも知られるギリシャの音楽家Vangelisによる“Anthem”。石野卓球がリミックスを手掛けたことでも話題を呼んだ。

公式テーマソングは、CHEMISTRY、Sowelu、リナ・パーク、Brown Eyesの日韓アーティストで結成されたユニット「Voices of KOREA/JAPAN」による“Let's Get Together Now”。4組はソウルで行なわれた開会式で同曲を歌唱した。その模様はテレビ放送され、韓国で初めて公式に放送された日本語詞の楽曲として歴史的な1曲となった。

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Page 1

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察