コラム

2018年『FIFAワールドカップ』ロシア大会が6月14日に開幕する。

日本代表の戦いや世界最高峰のスタープレイヤーたちの競演に沸く4年に一度のサッカーの祭典。開幕戦はホスト国ロシア対サウジアラビアの一戦となり、日本時間の6月14日24:00にモスクワのルジニキ・スタジアムでキックオフする予定だ。

サッカーの国際大会では、サポーターが歌うチャントや選手入場時にかかる楽曲など、様々な音楽が大会の盛り上がりに一役買っている。今大会でも公式ソングが発表されているほか、スポンサーの公式ソングや中継を担う国内のテレビ局のテーマ曲など、様々な音楽が熱戦を彩ってくれそうだ。

ここでは今回のロシア大会の音楽を中心に、近年の大会に華を添えてきた歴代ワールドカップ関連ソングを紹介する。

(メイン画像:モスクワのルジニキ・スタジアム。『ワールドカップ』ロシア大会メイン会場 Mos.ru [CC BY 4.0 (https://creativecommons.org/licenses/by/4.0)], via Wikimedia Commons)

ロシア大会公式ソングはDiploがプロデュース、開会式にはロビー・ウィリアムスが登場

ロシア大会のオフィシャルソングは、Nicky Jam feat. Will Smith & Era Istrefiの“Live It Up”。アメリカのレゲトンアーティストNicky Jamと、ウィル・スミス、コソボ出身のシンガーであるエラ・イストレフィのコラボ曲で、Diploがプロデュースを手掛けている。

PVには各国のサポーターの様子や、試合のフッテージなどが挿入されており、元ブラジル代表のロナウジーニョも登場。スタジアムの熱気と一体感を感じられるような楽曲になっている。

今大会の公式ソング“Live It Up”のPV

ロシアとサウジアラビアによる開幕戦の直前にルジニキ・スタジアムで行なわれる開会式では、ロビー・ウィリアムスがパフォーマンスを行なう。ロシアのソプラノ歌手アイーダ・ガリフッリーナとのコラボレーションも予定されている。また式には元ブラジル代表のロナウドも登場する。

イギリス出身のロビー・ウィリアムスは、ワールドカップ開会式でパフォーマンスすることについて「私のキャリアの中で多くのことをやってきたが、ワールドカップのオープニングで、スタジアムにいる8万人のサッカーファンと世界中の何百万人もの人々のためにパフォーマンスすることは子供の頃からの夢だった」と喜びのコメントを寄せている。

また大会のスポンサーであるコカ・コーラのオフィシャルソングはジェイソン・デルーロ“Colors”。参加国の様々なカルチャーを表現したPVでは、各国の国旗が象徴的に用いられている。

ジェイソン・デルーロ“Colors”PV。今大会のコカ・コーラ公式ソング

日本国内テレビ局のテーマソングはSuchmos、RADWIMPS、EXILE、NEWSら

テレビの前で大会を楽しむサッカーファンにとって、会期中一番耳にするのは各局の中継や特集番組で使用されるテーマソングかもしれない。今大会は全64試合がNHKと民放で生放送される。

NHKはワールドカップの中継放送をはじめとする2018年のサッカーテーマにSuchmosの新曲“VOLT-AGE”を起用。NHKの特設サイトでは同曲の歌詞と、Suchmosのパフォーマンスを収めた動画が公開されており、楽曲をフルで聴くことができる。

フジテレビはRADWIMPSによる書き下ろしの新曲“カタルシスト”。フジテレビ系のサッカーテーマ曲はこれまでオペラの“アイーダ”が使用されており、特定のアーティストの楽曲が起用されるのは初となる。

RADWIMPS“カタルシスト”は6月6日にリリースされている
RADWIMPS“カタルシスト”は6月6日にリリースされている

フジテレビ系サッカーテーマソング、RADWIMPS“カタルシスト”PV。野田洋次郎がラップを披露している

またTBSのテーマ曲はEXILEの新曲“Awakening”、日本テレビはNEWSの新曲“BLUE”。“Awakening”は中高とサッカー部に所属していたというEXILE ATSUSHIが作詞を手掛けており、特設サイトでは歌詞全文が公開中だ。NEWSの手越祐也は、2014年のブラジル大会に続き、2大会連続で日本テレビ系のワールドカップ放送メインキャスターを務める予定。

TBSのサッカーテーマソングであるEXILE“Awakening”リリックビデオ

歴代応援ソングを振り返る。Aviciiやブルーノ・マーズも参加

ワールドカップ関連ソングにはこれまでも多くの人気アーティストが参加してきた。

4年前のブラジル大会の公式アンセムには、今年惜しくも若くしてこの世を去ったAviciiが参加していたことも記憶に新しい。曲はカルロス・サンタナとワイクリフ・ジョンによる楽曲“Dar um Jeito(We Will Find a Way)”で、フィーチャリングアーティストとしてAviciiとアレクサンドレ・ピレスが名を連ねた。ワイクリフ・ジョンとサンタナは閉会式でパフォーマンスも行なった。

前回のブラジル大会公式アンセムに参加していたAvicii
前回のブラジル大会公式アンセムに参加していたAvicii

ブラジル大会閉会式でのカルロス・サンタナとワイクリフ・ジョンによるパフォーマンス

また、2010年の南アフリカ大会のコカ・コーラ公式ソングであった、K'Naanの“Wavin' Flag”にはプロデューサーとしてブルーノ・マーズが参加していた。

ブルーノ・マーズは南アフリカ大会のコカ・コーラ公式ソングに参加
ブルーノ・マーズは南アフリカ大会のコカ・コーラ公式ソングに参加

ブルーノ・マーズがプロデュースに名を連ねた南アフリカ大会コカ・コーラ公式ソング“Wavin' Flag”

Shakiraはたびたびワールドカップ公式ソングを任されており、“La La La (Brazil 2014)”がブラジル大会の公式アルバムに収録されているほか、2010年の南アフリカ大会でも公式ソング“Waka Waka (This Time for Africa) ”を歌唱。2006年のドイツ大会を含め、3大会連続で閉会式でのパフォーマンスを行なっている。

Shakiraがブラジル大会時に発表した“La La La (Brazil 2014)”

Shakiraによる南アフリカ大会公式ソング“Waka Waka (This Time for Africa) ”

2002年日韓大会ではCHEMISTRYら参加の日韓合同ユニットも

なお2002年の日韓ワールドカップの公式アンセムは、『ブレードランナー』『炎のランナー』などの映画音楽でも知られるギリシャの音楽家Vangelisによる“Anthem”。石野卓球がリミックスを手掛けたことでも話題を呼んだ。

公式テーマソングは、CHEMISTRY、Sowelu、リナ・パーク、Brown Eyesの日韓アーティストで結成されたユニット「Voices of KOREA/JAPAN」による“Let's Get Together Now”。4組はソウルで行なわれた開会式で同曲を歌唱した。その模様はテレビ放送され、韓国で初めて公式に放送された日本語詞の楽曲として歴史的な1曲となった。

Page 1

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Homecomings“Blue Hour”

微妙な関係、微妙な距離を前に、言わずに飲み込んだ言葉、あるいは取ってつけたような言葉……夜の終わりと始まりの深い青にはそんな言葉が無数に浮かんでは消える。<まだ夜は冷えるから 僕らは子供のまま>という奥ゆかしくもみずみずしいラインに、<僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える>なんて一節を思い出したりしました。(山元)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に