特集 PR

BiSHの熱気に、世間や会場キャパがようやく追いついてきた

BiSHの熱気に、世間や会場キャパがようやく追いついてきた

BiSH『stereo future』
テキスト
柴那典
編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
2018/12/05

2018年のBiSHに感じた「無敵感」

破竹の勢いでシーンを駆け上がってきたメジャーデビューからの2年を経て、2018年のBiSHに感じたのは、ある種の「無敵感」のようなものだった。そして、彼女たち自身も、止まることなく走り続けてきた。

今年5月22日には横浜アリーナにて即日完売となったワンマン公演『BiSH "TO THE END"』を開催。夏には各地の大型フェスに出演し、爪痕を残してきた。

10月からは初の全国ホールツアー『BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR』を開催。12月5日にはメジャー5枚目のシングル『stereo future』をリリースし、12月21日には幕張メッセにて史上最大規模の単独ワンマン公演『BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL “THE NUDE”』が開催される。

昨年7月に開催された幕張メッセイベントホールでの公演で、アイナ・ジ・エンドは「圧倒的な存在になりたい」、セントチヒロ・チッチは「最高のその先へ行くことを約束します」と言っていたけれど、まさにその言葉を形にするような1年だった。

BiSH</p>
BiSH

BiSHを取り巻く熱気は、今に始まったものではない

多くのメディアはグループの現状を「躍進」や「ブレイク」という言葉で説明する。『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)への出演やCMソングへの起用など、テレビでの露出をその理由として説明するような論もある。

しかし筆者としては、デビュー当時から変わらない確信のようなものがあった。ライブを観るたびに「渦巻いている熱気に会場のキャパシティーが追い着いていない感覚」を目の当たりにしている印象があった。特にそれを強く感じたのが、“オーケストラ”を12人のストリングスと共に披露した2016年10月の日比谷野外音楽堂公演『Less Than SEX TOUR FiNAL“帝王切開”』。終演後にメンバーやスタッフにも楽屋裏で伝えたのだけれど、その時点で、1万人や2万人が熱狂に沸くアリーナの絵が思い浮かんだのをよく覚えている。

そして“オーケストラ”はBiSHの代表曲となり、壮大なストリングスと締め付けられるようなエモーションを放つ歌声が同居するその曲調は、グループにとって、ひとつの王道となった。

“プロミスザスター”や“My landscape”、今年6月にゲリラリリースされた“NON TiE-UP”のように、いわば勝負曲と言えるタイミングで、BiSHはこうした方向性の楽曲をリリースしてきた。

今回のシングル“stereo future”もその系譜に連なる1曲だ。迫力あるストリングスを全編にフィーチャーしたサウンドを展開し、ミュージックビデオも、退廃的な雰囲気の場所で、30人に及ぶバンド / ストリングス隊を背後にメンバーが激しいダンスを見せるものになっている。

BiSH『stereo future』CD盤</p>
BiSH『stereo future』CD盤(Amazonで見る

“DEADMAN”や“MONSTERS”や“SHARR”のようなハードコアなバンドサウンドの曲も軸に持つグループだけに、ストリングスを用いたこれらの曲を、いわゆる「売れ線」を狙ったテイストとして見る向きもあるだろう。

しかし筆者が感じるのは、ストリングスによって曲に加わるのは「わかりやすさ」ではなく、むしろ生々しく研ぎ澄まされた「切迫感」であるということ。このあたりは、全曲のサウンドプロデュースを手掛ける松隈ケンタの手腕も大きいはずだ。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

BiSH『stereo future』初回生産限定盤
BiSH
『stereo future』初回生産限定盤(2CD+Blu-ray)

2018年12月5日(水)発売
価格:7,344円(税込)
AVCD-94215~6/B

[CD]
1. stereo future
2. S・H・i・T
3. stereo future ( GOD EATER 3 Ver.)
[Live CD]
2018.08.29 ZEPP TOKYO
TOKYO BiSH SHiNE 4
1.NO THANK YOU
2.summertime
3.DA DANCE!!
4.社会のルール
5.BUDOKANかもしくはTAMANEGI
6.本当本気
7.Lonely girl
8.スパーク
9.VOMiT SONG
10.サラバかな
11.デパーチャーズ
12.ぴらぴろ
13.プロミスザスター
14.beautifulさ
15.ALL YOU NEED IS LOVE
16.BiSH -星が瞬く夜に-
[Blu-ray]
『TOKYO BiSH SHiNE 4』
1. NO THANK YOU
2. summertime
3. DA DANCE!!
4. 社会のルール
5. BUDOKANかもしくはTAMANEGI
6. 本当本気
7. Lonely girl
8. スパーク
9. VOMiT SONG
10. サラバかな
11. デパーチャーズ
12. ぴらぴろ
13. プロミスザスター
14. beautifulさ
15. ALL YOU NEED IS LOVE
16. BiSH -星が瞬く夜に-

BiSH『stereo future』DVD盤
BiSH
『stereo future』DVD盤(CD+DVD)

2018年12月5日(水)発売
価格:4,860円(税込)
AVCD-94217/B

[CD]
1. stereo future
2. S・H・i・T
[DVD]
『TOKYO BiSH SHiNE 4』
1. NO THANK YOU
2. summertime
3. DA DANCE!!
4. 社会のルール
5. BUDOKANかもしくはTAMANEGI
6. 本当本気
7. Lonely girl
8. スパーク
9. VOMiT SONG
10. サラバかな
11. デパーチャーズ
12. ぴらぴろ
13. プロミスザスター
14. beautifulさ
15. ALL YOU NEED IS LOVE
16. BiSH -星が瞬く夜に-

BiSH『stereo future』CD盤
BiSH
『stereo future』CD盤(CD)

2018年12月5日(水)発売
価格:1,080円(税込)
AVCD-94218

1. stereo future
2. S・H・i・T

イベント情報

『BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL "THE NUDE"』

2018年12月22日(土)
会場:千葉県 幕張メッセ9・10・11ホール

プロフィール

BiSH
BiSH(びっしゅ)

アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dからなる楽器を持たないパンクバンド。2015年3月に結成。5月にインディーズデビュー。今夏、全国大型フェスへの多数出演を経て、2018年10月から開催された初の全国ホールツアー「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR」を中野サンプラザ公演からスタートさせ、12月9日には横浜アカレンガ倉庫にフリーライブ”stereoなfutureにしないYOKOHAMA”を開催、更に、12月22日には幕張メッセ9・10・11ホールにて史上最大規模の単独ワンマン公演「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL “THE NUDE”」を行うことが決定している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで