特集 PR

門脇麦×二宮健 いまの20代が考える、岡崎京子カルチャーについて

門脇麦×二宮健 いまの20代が考える、岡崎京子カルチャーについて

『チワワちゃん』
インタビュー・テキスト
羽佐田瑶子
撮影:鈴木渉 編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

寂しさを埋めるような時間の過ごし方をした、思い出したくない青春時代は誰しもあるはず。1990年代カルチャーを代表する漫画家・岡崎京子が生み出した短篇漫画『チワワちゃん』は、そうした脳裏に焼き付く青春の爆発と終わりの瞬間をとらえている。

1994年に発表された本作を現代にアップデートした、新たな映画作品『チワワちゃん』が、1月18日に公開される。監督は二宮健、主演は門脇麦。20代半ばの、1990年代をリアルに知らない世代である2人は、岡崎京子作品『チワワちゃん』から何を感じ、どこに共感したのだろうか。

岡崎京子は眩い光と、「死と隣り合わせ」の影の世界を描いていた

「いつも一人の女の子のことを書こうと思っている。たった一人の。一人ぼっちの。一人の女の子の落ち方というものを。それは別のあり方として、全て同じ私たちの。」(2004年刊行の物語集『僕たちは何だかすべてを忘れてしまうね』より)

1996年1月、岡崎京子は交通事故で重症を負い作家生活が途絶えるすこし前に、自身の作品を振り返る言葉として上記を残した。まるで、彼女がこれまで描いてきた作品を総集するような言葉だ。

岡崎京子作品の多くは、眩い光の中にひそむ終わりのようなものが描かれているように思う。それを身近な言葉に据え置くならば「死と隣り合わせ」、という言葉が近いのだろうか。映画『チワワちゃん』の原作である、1994年に発表された短篇漫画『チワワちゃん』は、たった34ページほどの物語の中にそうした岡崎の哲学が凝縮され、最高傑作として名高い作品だ。

本取材で「きらめきの影に隠れた、鬱屈とした青春時代の寂しさやもやもやが描かれていた」と2人に伝えると、門脇麦は「キラキラした青春映画だった、と言われることがほとんどだったのでビックリした」と言った。

左から:門脇麦、二宮健
左から:門脇麦、二宮健

—登場人物たちはみんな普通の女の子、男の子で、潜在的には煌めきよりも虚しさや孤独を抱えているように見えました。門脇さんは初めて台本を読んだときに、どんな印象を受けましたか?

門脇:想像以上にクラブで遊んでいるシーンが多かったので、「この作品のテイストに馴染めるのだろうか」と心配でした。クラブに行ったこともないし、彼らの毎日遊ぶような日常がリアルに感じられなくて。

でも、岡崎京子さんの作品は華やかな人たちが主人公として描かれることが多くて、スポットライトを浴びているからこそ感じる孤独や終わりが描かれている印象を強く持ちました。

門脇麦
門脇麦
門脇演じるミキが、クラブで遊ぶシーン。© 2019『チワワちゃん』製作委員会
門脇演じるミキが、クラブで遊ぶシーン。© 2019『チワワちゃん』製作委員会

—派手な人たちのキラキラした映画でしょ、と思われがちですが違うと。

二宮:映像はキラキラしていますからね、でもそれは光量の問題で内容とは関係ない(笑)。

門脇:光量の印象はありますね(笑)。遊んでいる人たちの映画でしょ、とジャンルを分けられてしまいそうですがそうではなくて、若者の誰もが抱えている葛藤を描いている作品だと思います。

私もこういう華やかな人たちとは無縁の人生だったのに、台本を読んで演じてみて、彼らの葛藤が痛いほど刺さってきたり、無理なく共感できたりしました。多くの人から視線を注がれる立場だからこそ、虚無感や孤独が強いんだと思います。

© 2019『チワワちゃん』製作委員会
© 2019『チワワちゃん』製作委員会
Page 1
次へ

公開情報

『チワワちゃん』
『チワワちゃん』
2019年1月18日(金)から全国公開

監督・脚本:二宮健
原作:岡崎京子『チワワちゃん』(KADOKAWA)
主題歌:Have a Nice Day!“僕らの時代”
挿入歌:Pale Waves“Television Romance”
出演:
門脇麦
成田凌
寛 一 郎
玉城ティナ
吉田志織
村上虹郎
仲万美
古川琴音
篠原悠伸
上遠野太洸
松本妃代
松本穂香
成河
栗山千明
浅野忠信
上映時間:104分
配給:KADOKAWA

書籍情報

『チワワちゃん(復刻版)』
『チワワちゃん(復刻版)』

2018年12月22日(土)発売
著者:岡崎京子
価格:1,058円(税込)
発行:KADOKAWA

プロフィール

門脇麦(かどわき むぎ)

2011年、TVドラマで女優デビュー。13年、バレリーナ役で登場した東京ガスのCMが話題を呼び、三浦大輔監督作「愛の渦」では体当たりの演技を披露する。その後、NHK連続テレビ小説「まれ」(15)では土屋太凰演じるヒロインの同級生役を好演。入江悠監督の「太陽」(16)では神木隆之介とともに主演を務め、「二重生活」(16)で初の単独主演を果たす。17年は、主演作「世界は今日から君のもの」をはじめ、ヒロインを演じたホラー「こどもつかい」、ベルギーの女性監督バンニャ・ダルカンタラが日本を舞台に描いた「KOKORO」、大林宣彦監督作「花筐/HANAGATAMI」など出演作が目白押しとなった。舞台でも活躍し、ミュージカル「わたしは真悟」(16~17)では高畑充希とダブル主演を務めた。今後は、小松菜奈とダブル主演の映画「さよならくちびる」の公開などを控えている。

二宮健(にのみや けん)

1991年生まれ、大阪府出身。幼い頃から映画制作に興味を持ち、大学の卒業制作『SLUM-POLIS』(2015年)が、話題を呼び全国で劇場公開。代表作に『MATSUMOTO TRIBE』(2017年)『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY』(2017年)、『チワワちゃん』(2019年)など。2019年3月に最新監督作『疑惑とダンス』を公開予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー