コラム

映画『キャプテン・マーベル』は何と戦い、何を打ち破ったのか?

映画『キャプテン・マーベル』は何と戦い、何を打ち破ったのか?

テキスト
Casper(Shut Up Kiss Me Records)
編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

映画『キャプテン・マーベル』は、これまでのマーベル映画のラインナップ=MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品でも異色の作品だ。初の単独女性主演作&初の女性監督作であることはもちろん、大げさな脚色ではなく、心の機微を繊細に捉えたキャラクター描写や、大胆なツイストを含むストーリー。それだけではなく、『キャプテン・マーベル』の物語は現実社会のジェンダーギャップ、抑圧の問題を内包し、これまでのMCU作品が与えてくれた喜びは十分に継承しつつ、大きな主語に回収されない拡がりを獲得しようとした。

MCUのフェイズ3にピリオドを打つ『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の公開、『キャプテン・マーベル』のパッケージ版のリリースを目前に控えた今、本作品が──そして、主人公キャロル・ダンヴァースが──辿った道筋について、サントラや現実世界との関わりから新たに紐解く。

『キャプテン・マーベル』が、単なる「女性ヒーロー映画」以上に背負っていたもの

「Girls on Tops」というプロジェクトがある。ミア・ハンセン=ラブやグレタ・ガーウィグ、マヤ・デレン、クレール・ドゥニなど、映画史に名を残す女性たちの名前を記したTシャツを販売するというもので、売り上げの一部は女性主導での映画製作への出資や、映画における女性たちについての執筆活動に充てられる。その生まれはこうだ。

「『20センチュリー・ウーマン』を観て、みんなであれこれ言いながら帰った夜。家に着くなり、ネットであのTalking HeadsのTシャツを買う友人を見て思った。もしも映画史上の女性たちが、ロックスターのように扱われたら……グレタ・ガーウィグやアネット・ベニングの名前がTシャツにプリントされていたらクールじゃないか?」

Girls on Topsオフィシャルサイトより筆者訳(サイトを見る

キャプテン・マーベルこと、キャロル・ダンヴァース
キャプテン・マーベルこと、キャロル・ダンヴァース

「私が求めているのは、『テーブルに椅子を増やす』ということです。それは決して、今すでにある椅子を奪うわけではありません」。『キャプテン・マーベル』の主演ブリー・ラーソンは、映画公開タイミングでの取材でこう語った(FOX 5インタビューより筆者訳)。

白人男性以外の関わる機会が圧倒的に少なく、不均衡がみられる映画業界にもっと多様性を、というメッセージだ。『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』を除く22本に及ぶMCU作品で、『キャプテン・マーベル』は初の単独女性主演作にして、初の女性監督作となった。そして興行的にも、『キャプテン・マーベル』はMCU全22作品のなかで6番目のメガヒットを記録。「女性を主人公に据えた物語は大ヒットしない」という不当な定説を覆す成功だ。

もちろん、シリーズに一旦の区切りをつけた『アベンジャーズ/エンドゲーム』公開直前というタイミングも影響しているだろう。しかし、この映画を単なる「フィナーレへの序章」として考えるのはあまりにもったいない。『キャプテン・マーベル』はこれまでのヒーロー映画とは明らかに一線を画す作品であり、皮肉っぽいユーモアとともに、過去・現在・未来をつなぐ多層的な時間のレイヤーをもって力強い物語を形成した、単独でも評価されるべき重要な作品なのである。

冒頭シーンの真意。文字どおり風穴を開けるごとく登場したキャプテン・マーベル

舞台は1995年。記憶を失った状態でクリー帝国の惑星・ハラに暮らすキャロルは、ジュード・ロウ演じるメンターのヨン・ロッグから戦士としての指導を受けながら、敵対するスクラル人たちとの戦いを続ける。その最中、ロサンゼルスのレンタルビデオ店「ブロックバスター」に不時着。彼女は地球で自身の過去を探し求める。映画は冒頭から1990年代への愛あるオマージュで溢れ、『トゥルーライズ』(1994年)のスタンディや『ライトスタッフ』(1983年)のVHSがスクリーンに映される。

地球にやってきたキャロルが人間の衣服とバイクを奪う様は『ターミネーター』(1984年)を、ニック・フューリーらの黒いスーツは『パルプ・フィクション』(1994年)や『メン・イン・ブラック』(1997年)を、彼女が操縦する戦闘機からは『トップガン』(1986年)を……といった具合に過去の名作フィクションの断片を観客に想起させながら物語は進む。

サミュエル・L.ジャクソン演じるニック・フューリー
サミュエル・L.ジャクソン演じるニック・フューリー

目まぐるしい展開は他のMCU作品と同等の楽しさを与えてくれるが、同時にはたと気づく。ここに挙げた名作のすべてが、男性中心のストーリーテリングであったことに(筆者註:『ターミネーター』シリーズにおけるサラ・コナーは映画における戦う女性ヒーローの先駆と言えるが、「未来の救世主を身籠もり、それを守る」という運命をあらかじめ定められており、これは一元的、かつ典型的な女性=母性の神聖化とも見て取れ、女性を主体としたストーリーテリングであったかは疑問が残る)。

そうした今までの大ヒット作品──ブロックバスターに、文字どおりの風穴を開けるがごとくキャロルは地球に降り立ったのだ。

Page 1
次へ

作品情報

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

2019年6月28日(金)から全国公開
監督:ジョン・ワッツ
脚本:クリス・マッケナ、エリック・ソマーズ
原作:スタン・リー、スティーヴ・ディッコ
出演:
トム・ホランド
サミュエル・L・ジャクソン
ゼンデイヤ
コビー・スマルダーズ
ジョン・ファヴロー
J・B・スムーヴ
ジェイコブ・バタロン
マーティン・スター
マリサ・トメイ
ジェイク・ギレンホール
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

リリース情報

『Epitaph』(CD)
『キャプテン・マーベル MovieNEX』

2019年7月3日(水)発売
価格:4,536円(税込)
監督:アンナ・ボーデン、ライアン・フレック
出演:
ブリー・ラーソン
ジュード・ロウ
サミュエル・L.ジャクソン
クラーク・グレッグ

『Epitaph』(CD)
『キャプテン・マーベル 4K UHD MovieNEX』

2019年7月3日(水)発売
価格:8,640円(税込)
※2019年6月5日(水)より先行デジタル配信中
(C) 2019 MARVEL

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催