コラム

『#あちこちのすずさん』NHKで放送 八乙女光、伊野尾慧、広瀬すずも出演

『#あちこちのすずさん』NHKで放送 八乙女光、伊野尾慧、広瀬すずも出演

佐伯享介(CINRA.NET編集部)

NHKスペシャル『#あちこちのすずさん ~教えてください あなたの戦争~』が、8月10日21:00からNHK総合、NHKラジオ第1で放送される。

「#あちこちのすずさん」は、アニメーション映画『この世界の片隅に』の主人公・すずのように、戦時中であっても恋をし、食事などの家事についてあれこれ工夫しながら日々の暮らしを生き抜いた人々のエピソードを募るキャンペーン。戦争を知る世代の記憶を引き継ぎ、戦争体験を未来の世代に伝えるための試みだ。

『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

『この世界の片隅に』片渕須直監督をはじめ、Hey! Say! JUMP八乙女光&伊野尾慧、広瀬すず、千原ジュニアらが出演。イラストやアニメで戦時中の暮らしを伝える

NHKスペシャル『#あちこちのすずさん ~教えてください あなたの戦争~』には、ゲストとして千原ジュニア、八乙女光(Hey! Say! JUMP)、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、広瀬すず、そして映画『この世界の片隅に』の片渕須直監督が出演。NHK総合の『あさイチ』、NHKラジオ第1『らじらー!』などと連携して集めたエピソードを、アニメやイラストで再現し、「すずさんたちの青春」を蘇らせる。

8月3日にNHK総合で地上波初放送された『この世界の片隅に』。Twitterの日本トレンドで1位、世界トレンドでも2位を記録するなど、大きな反響があった。NHKの「#あちこちのすずさん」特設サイトには片渕須直監督のコメントが掲載中だ。

戦争中という時代を生きた人々は、今の私たちとは隔絶した存在だったのか、それとも、同じようなところを持つ人たちだったのか。僕は、「僕らと同じ心」を探したいんです。それが確かめられたなら、僕らが感じるあの時代の意味も、また変わってくるように思うんです。
12月20日には『この世界の片隅に』に約30分間の新規映像を追加した『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が全国で公開される

また『らじらー!』に出演している八乙女光、伊野尾慧、NHK朝のテレビ小説『なつぞら』に出演中の広瀬すずら、若い世代が参加している意義は大きい。八乙女光と伊野尾慧へのインタビューがNHKの広報サイトで公開されている。

インタビューで八乙女は、「戦争を経験された方々が亡くなられたり、ご高齢になられたりで、お話を直接伺うことができるのって、きっと僕らがぎりぎりの世代ですよね。当時の様子を後世に伝えていくことの大切さを感じましたし、僕自身もきちんと理解して取り組んでいきたいと思いました」と語っている。

伊野尾は「戦争のことって聞いちゃいけないのかな? という気持ちもありましたし、もしかしたら話したくない、聞きたくないという方もいらっしゃるかもしれません。けれど今回当事者からお話を伺えるというのは、とてもありがたいことで、貴重な機会だなと。僕らの世代はもちろんのこと、それよりも若い世代へも伝えていくことが大事だと思っています」とコメント。番組では、2人によるロケ取材の様子も放送される予定だ。

「#あちこちのすずさん」と、暮しの手帖『戦中・戦後の暮しの記録』。一般の人々から戦争体験を募る

「#あちこちのすずさん」は、もともと、昨年8月に『クローズアップ現代+』で放送された番組『#あちこちのすずさん ~庶民がつづった戦争の記録~』から生まれたもの。この番組では暮しの手帖社の書籍『戦中・戦後の暮しの記録』を取り上げていた。

『戦争中の暮しの記録』表紙(暮しの手帖社)
『戦争中の暮しの記録』表紙(暮しの手帖社)

『戦中・戦後の暮しの記録』は、一般の人々から寄せられた戦争中のエピソードをまとめ上げた体験集。第1集は1969年に刊行され、昨年7月には昨年から『戦中・戦後の暮しの記録 君と、これから生まれてくる君へ』を刊行し、その後2冊の続編を世に送り出した。2017年に実施したエピソード募集では、暮しの手帖社のもとに2千点以上の戦争体験記が届けられたという。

『戦中・戦後の暮しの記録 君と、これから生まれてくる君へ』には、谷川俊太郎や黒柳徹子、内田樹らに混じって、片渕須直監督とのんもコメントを寄せていた。(参考記事:CINRA.NET > 『暮しの手帖』が伝える戦争の言葉。花森安治と大橋鎭子の意志を継ぐ体験集

『戦中・戦後の暮しの記録 君と、これから生まれてくる君へ』表紙(暮しの手帖社)
『戦中・戦後の暮しの記録 君と、これから生まれてくる君へ』表紙(暮しの手帖社)

「#あちこちのすずさん」キャンペーンは、Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社と連携。戦争の記憶と記録を100年後の未来に伝えるプロジェクト「未来に残す 戦争の記憶」内で、SNSにハッシュタグ「#あちこちのすずさん」をつけて投稿されたエピソードや写真などを紹介している。加えて、「未来に残す 戦争の記憶」では広島・呉の空襲に関するレポートや当時の写真をAIテクノロジーでカラー化した「呉軍港空襲の記憶/カラーで見る呉空襲」、勝地涼や片渕須直ら著名人10人による未来に向けた平和へのメッセージを掲載する「未来への手紙」といったコンテンツを展開している。

ヤフー「未来に残す 戦争の記憶」プロジェクトによる「#あちこちのすずさん」キャンペーン
ヤフー「未来に残す 戦争の記憶」プロジェクトによる「#あちこちのすずさん」キャンペーン

脈々と営まれ続けた、小さな「日々の暮らし」への温かなまなざし

『この世界の片隅に』や暮しの手帖社の『戦中・戦後の暮しの記録』シリーズ、そして「#あちこちのすずさん」に共通しているのは、「戦争」という巨大な激流の中にあっても、脈々と営まれてきた日々の暮らしへの温かなまなざしだ。人は戦時中であろうと笑う。おっちょこちょいだし、小さなことでくよくよするし、恋をするし、愛を語るし、おしゃれが気になるし、おなかが空くし、できれば美味しい食べ物を食べたいと思うし、明日に希望を持ったり持たなかったりしながら暮らす。集まったエピソードたちが私たちに聴かせるのは、現代を生きる私たちとそっくりな、血の通った人々がそこで確実に鳴らしていた心臓の鼓動、そのかすかな残響だ。現代日本において実際に第二次世界大戦を体験した人はもう多くないし、多くの人にとっては現実感の伴わない「歴史のお話」かもしれない。だがこの小さな鼓動に耳を澄まして、想像することはそんなに難しくはないはずだ。

Page 1

番組情報

『#あちこちのすずさん ~教えてください あなたの戦争~』

2019年8月10日(土)21:00~NHK総合、NHKラジオ第1で放送

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送