コラム

笑顔だけではないTWICEの物語。“Feel Special”が歌う痛みと愛

笑顔だけではないTWICEの物語。“Feel Special”が歌う痛みと愛

テキスト
菅原史稀
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

アジアのみならず、いまや世界各国でファンを獲得しているK-POP。その広がりと切っても切り離せないのが、独自とも言えるファンカルチャー、そしてアーティストとファンダムの間に築かれる相互関係だろう。本稿はK-POPとそれを取り巻く事象を、アーティストとファンダムの関係性や、そこに生まれる「物語」に光を当てながら批評するシリーズ第1弾。9月に韓国で新作『Feel Special』をリリースし、11月20日には日本での2ndアルバム『&TWICE』をリリースするTWICEを取り上げる。

先ほどまでK-POPガールズグループTWICEのファン、通称「ONCE」仲間と、新大久保にある居酒屋でマッコリを飲みながら、彼女たちの最新曲“Feel Special”について語り倒していた。リリースからおよそ2か月が経とうとしているこの曲について語るため集まったのはこれで何度目だろう。それだけ“Feel Special”は、間違いなく「特別な」一曲だった。

「こんな時がくるなんて」と「ようやくこの時がきた」という気持ちを胸に抱えながら、噛み締めるように繰り返しこの曲を聴いた。そこには、私たちファンがこれまでTWICEを見守りながら心のどこかでずっと待っていた、彼女たちにしか語り得ない彼女たち自身の血が通った言葉があったのだ。

今年の10月20日をもってデビューから4年が経ち、世界中から愛されるようになったTWICEがリリースしたこの曲がなぜ、どのように特別なものになっていったかを、彼女たちがこれまでに紡いできた物語と照らし合わせながら考えたい。

デビューから4年。韓国を代表するガールズグループとなった9人は、最新曲“Feel Special”で笑顔を見せずに歌い出す

TWICEは2015年に放送された韓国のサバイバル式オーディション番組『SIXTEEN』内において、芸能事務所JYPエンターテインメントの練習生16人の中から選抜された、韓国・日本・台湾出身メンバー9人によって構成されるグローバルグループだ。快活で清涼なエネルギーを持ち味に、韓国でのデビュー以来、リリースした楽曲群は数々の国内音楽番組ランキングを制覇し、代表曲のひとつ“TT”のMV再生回数は4億8000万回を超える。また2017年に日本デビューを果たしており、今年3月には海外アーティストとしてデビュー後史上最短期間で東京ドーム公演を実現、また北米・東南アジアなどを含むワールドツアーを敢行するなど今や世界規模でファンを増やし続けている。

そんなTWICEと初めて出会ったとき、真っ先に受けた印象は「何か分からないけど楽しそう!」というものだった。<TT>と泣き顔の顔文字を模したダンスを踊りながらも笑顔で歌うその姿は、未知数のワクワク感を与えた。<ノムへ>(振付が特徴的な“TT”の歌詞の一部)って何か分からないけど楽しそう! そんな、予感めいたものがきっかけとなってTWICEを好きになった人も多いのではないだろうか。

TWICE初期のヒット曲“TT“(2016年)

TWICE、日本デビューした2017年当時のアーティスト写真(左から:ツウィ、ジョンヨン、サナ、ジヒョ、ナヨン、チェヨン、ダヒョン、ミナ、モモ)
TWICE、日本デビューした2017年当時のアーティスト写真(左から:ツウィ、ジョンヨン、サナ、ジヒョ、ナヨン、チェヨン、ダヒョン、ミナ、モモ)

しかしデビュー4年目を数える今年、9月23日に本国でリリースされた最新曲“Feel Special”での彼女たちは一切笑顔を見せず、こう歌いはじめる。

<こんな日がある / 急にひとりぼっちだと感じる日 / どこに行っても私の居場所じゃない気がしてうなだれる日>

2番の歌い出しはこうだ。

<ただ隠れていたくて / 向き合いたくなくて / 全てが意味を失ったように / 私が意味を失ったようにじっとうずくまっていた時>

「TWICEがこんなことを言うとは」とビックリした一方で、こうも思った。「こんなこと、TWICEにしか言えないな」と。

政治問題を背景にした騒動やメンバーの休養……「快活で清涼」なTWICEが歩んできたグローバルグループとしての受難の歴史

この一見して相反した気持ちを紐解くには、グローバルグループとしてのTWICEがこれまでに受けた数々の困難について触れざるを得ない。

そのひとつはデビュー直後の2015年にメンバー・ツウィが韓国の番組に出演した時のこと。番組演出の一環で、韓国国旗とともに自身の出身地である台湾の国旗を振ったことが発端となった。当時わずか16歳だった彼女が番組製作サイドの指示に従った行動に「台湾独立派だ」との批判が噴出し、本人自らビデオで「中国での一切の活動を休止し、過ちを反省します」と謝罪へ追い込まれるに至った。それから4年余が経った現在でも、中国活動の自粛は続いている。今年5月、韓国で行なわれたサイン会に中国のファンが訪れた際、ツウィはサインに「会いにいけなくてごめんね。私を好きになってくれてありがとう」というメッセージを添えていた。

また今年5月、日本人メンバー・サナが公式Instagramに投稿した「平成生まれとして、平成が終わるのはどことなくさみしいけど、平成お疲れさまでした!!!令和という新しいスタートに向けて、平成最後の今日はスッキリした1日にしましょう!」という日本語のメッセージが一部から歴史認識を問題視されたことで論争を呼んだ。その後、ソウルで行なわれた公演中サナは一連の出来事を振り返り「辛いことが重なった時期はONCEが消えたらどうしようと考え、前を向くことが怖かった。でもONCEがいつも以上に頼もしい表情で私を見つめてくれていると感じ、私がもっと強くなって最後まで守らなければという思いが芽生えた」と語った。

TWICE 日本ツアー『TWICE WORLD TOUR 2019 'TWICELIGHTS' IN JAPAN』初日の北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ公演より 撮影:田中聖太郎写真事務所
TWICE 日本ツアー『TWICE WORLD TOUR 2019 'TWICELIGHTS' IN JAPAN』初日の北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ公演より 撮影:田中聖太郎写真事務所

そして現在、7月から体調不良で活動休止していたミナが不安障害と診断され、治療に専念するため休養している。先日公開された米『TIME』誌のインタビューでミナの不在について問われたリーダーのジヒョは「本当に大きな空虚感を感じました」と答え、またナヨンは「ファンから多くの愛を受け取っている私たちは、その期待に応えなければなりません。しかし、そのことがメンバーにとって精神的に厳しいときもあります」と胸中を明らかにした。

グローバルグループとして活動するなかで世の中から送られる多くの視線と期待を背負ったTWICEの痛みは、彼女たちが紹介される際に枕詞のように付けられる「アジアNo.1ガールズグループ」という輝かしい名と表裏一体となって存在しているように思う。そして先述の歌詞はその身に降りかかった痛みをストレートに表す、TWICEにしか発せられない言葉だった。

TWICE公式Instagramより

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる