特集 PR

Chara+YUKIの魔法を解き明かそうとしても、2人は踊り続けるだけ

Chara+YUKIの魔法を解き明かそうとしても、2人は踊り続けるだけ

Chara+YUKI『echo』
テキスト
宇野維正
編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

「幻」となることがあらかじめ決められていたユニットChara+YUKIの復活

「Chara+YUKI、20年ぶりの復活」というと、若いリスナーのなかにはまるで20年前にCharaとYUKIがユニットを組んで精力的な活動をしていたと誤解する人もいるかもしれないので、最初にタイムラインを整理しておきたい。当時、Charaは第二子出産のため産休に入る直前、YUKIがソロアーティストとして本格的に活動を始めるのは3年後のこと。つまり、1999年11月にリリースされた“愛の火 3つ オレンジ”は、音楽シーンを代表する2大フィメールポップアイコンの競演として大きな話題となったものの、シングルのカップリング曲もなし、ライブもなし、テレビ出演もなしという、1曲だけの「幻」となることがあらかじめ決められていたユニットだった。

Chara+YUKI“愛の火 3つ オレンジ”(1999年バージョン)ジャケット
Chara+YUKI“愛の火 3つ オレンジ”(1999年バージョン)ジャケット
Chara+YUKI“愛の火 3つ オレンジ”(1999年バージョン)MV

その「幻」が、20年の時を経て実体をともなって目の前に現れたのが、今回のChara+YUKIのアルバム『echo』ということになる。ただ、本作について語る前に、CharaとYUKIにはもう1つ振り返っておくべき歴史がある。それは、20年前のChara+YUKIに先立って水面下で準備が進められていて、2001年に2作のシングルと1作のアルバムを発表したバンド、Mean Machineだ。メンバー全員女性の5人編成のこのバンドで、CharaとYUKIはボーカルをとることなくツインドラム(とコーラス)を担当。世間からの期待に背を向けたそのアティチュードは遊び心やノリのようにも思えたが、当時のバンドのビジュアルイメージからも明らかなように、そこには少なからず1990年代にアメリカ東海岸のパンクシーンで勃興したRiot Grrrl(ライオットガール)ムーブメントへの共振もあった。

Mean Machine『スーハー』を聴く(Spotifyを開く

2人の音楽的交流の通底にあったRiot Grrrl的なパンク精神、シスターフッドへの目配せ

Charaがトータルサウンドプロデューサーを、YUKIがトータルリリックプロデューサーをそれぞれ務めた全8曲を収録したアルバム『echo』。そのコンセプトは、20年前のChara+YUKIを正統に引き継いだもの、つまり2人のパブリックイメージでもある「陽」のサイドを掛け合わせることから「新しいポップ」を生み出そうという試みだが、そこにはMean Machineも含む彼女たちのこれまでの音楽的交流の通底にあった、Riot Grrrl的なパンク精神、現代風の言葉で言い換えるなら「シスターフッド」への目配せもあるに違いない。

Chara+YUKI『echo』ジャケット
Chara+YUKI『echo』ジャケット(サイトで見る

オリジナルのヴィブラフォンやメロトロンの音色に導かれた穏やかなイントロとは打って変わって、トランペットの盛大なファンファーレから始まる“愛の火 3つ オレンジ(2020 version)”。感動的なのは、お馴染みの終盤のリフレイン<愛の火 3つ オレンジ ゆ~らり ゆ~らり>の後に書き加えられた新たなリリックだ。そこでの<洗濯機>や<湯がく>といった生活に密接したワードとともに刻まれる<まだ 始まったばかりなの Let's party! It's party!>というフレーズは、文字通りここからパーティー(=アルバム)が始まることの宣言だけでなく、リスナーと同じようにありきたりで、でもそれこそが尊い、日常の生活を送っている2人からの、「シスターフッド」へのゆるやかな連帯(パーティー)の意思のようにも聴こえてくる。

そのように、「幻」のようなユニットであったが故に、そして当時は2人ともポップアイコンとしてあまりにも眩しい存在だったが故に、20年前にはまだ直視することができなかったChara+YUKIの真価が、そのメッセージ性においても、その音楽性においても、(もちろん20年分の音楽家、そして生活者としての経験と蓄積もそこにのっかって)全方位的に開花したのが、今回のアルバム『echo』だ。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

Chara+YUKI『echo』
Chara+YUKI
『echo』(CD)

2020年2月14日(金)発売
価格:2,750円(税込)
ESCL-5219

1. 愛の火 3つ オレンジ(2020version)
2. You! You! You!
3. ひとりかもねむ
4. 楽しい蹴伸び
5. YOPPITE
6. 鳥のブローチ
7. Night Track
8. echo

Chara+YUKI『echo』
Chara+YUKI
『echo』(LP)

2020年2月14日(金)発売
価格:3,850円(税込)
ESJL-3117

[Side-A]
1.愛の火 3つ オレンジ(2020version)
2.You! You! You!
3.ひとりかもねむ
4.楽しい蹴伸び
[Side-B]
1.YOPPITE
2.鳥のブローチ
3.Night Track
4.echo

Chara+YUKI『楽しい蹴伸び』完全生産限定盤
Chara+YUKI
『楽しい蹴伸び』完全生産限定盤(LP)

2020年1月31日(金)発売
価格:1,430円(税込)
ESKL-3

[Side-A]
楽しい蹴伸び
[Side-B]
楽しい蹴伸び(Instrumental)

イベント情報

『Chara+YUKI LIVE “echo” 2020』

2020年4月8日(水)
会場:東京都 Zepp Tokyo

2020年4月9日(木)
会場:東京都 Zepp Tokyo

2020年4月22日(水)
会場:大阪府 Zepp Osaka Bayside

2020年4月23日(木)
会場:大阪府 Zepp Osaka Bayside

プロフィール

Chara+YUKI
Chara(ちゃら)

1991年9月シングル『Heaven』でデビュー。一貫して「愛」をテーマに曲を創り、歌い続けている日本で唯一無二の女性アーティストである。オリジナリティ溢れる楽曲と独特な存在感により人気を得て、1992年には日本レコード大賞ポップ・ロック部門のアルバム・ニューアーティスト賞を受賞。2020年1月初の台湾単独ライブを開催。5月6日(水・休)には初の日比谷野外大音楽堂での単独ライブ開催が決定。デビュー28周年を迎えてもなお感覚と感情に素直に突き動かされ、精力的に活動している。

YUKI(ゆき)

JUDY AND MARYのヴォーカリストを経て、2002年にシングル「the end of shite」でソロ活動を開始。現在までに、音楽チャートで1位を獲得したアルバム5枚を含む、9枚のオリジナルアルバムをリリース。前衛的でありながらポップに仕上げる独自の世界観、独特の歌声、唯一無二のライブパフォーマンスで圧倒的な存在感を放ち続けている。今後も、振り幅の大きな音楽活動とそれに伴うライブ、アートワークの全てから目が離せない。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察