コラム

米国南部に残る差別の痛み 『黒い司法 0%からの奇跡』から記す

米国南部に残る差別の痛み 『黒い司法 0%からの奇跡』から記す

テキスト
杏レラト
編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

『アラバマ物語』から幾年月。南部に現れた新ヒーロー

アラバマ州モンロービル。そこはアラバマ州南部にある、人口7000人にも満たないとても小さな町だ。その町のオフィシャルサイトを開くと、「文学の中心地モンロービル」の文字がすぐに目に入る。そして、サイトに書かれた町のニュースには「市長が自ら『アラバマ物語』で有名になった町を案内」とある。アラバマ州モンロービルは、映画『アラバマ物語』(ロバート・マリガン監督 / 1962年)の原作を書いた作家ハーパー・リーの生まれ故郷であり、原作はアラバマ州の架空の町となっているが、映画では撮影現場としてモンロービルも使われており、確実に原作のモデルとなった町である。そして、南部を転々としていた小説家トルーマン・カポーティ(『ティファニーで朝食を』『冷血』で知られるアメリカの作家)もモンロービルに住んだことがあるという。ハーパー・リーとは幼馴染で、『アラバマ物語』に登場する主人公の近所に引っ越してくるディル少年は、カポーティがモデルといわれている。

そんな訳でモンロービルは「文学の中心地」と名乗るようなった。『アラバマ物語』は、モンロービルで無邪気に遊ぶ小学生の兄妹の父が弁護士で、今度は婦女暴行容疑にかけられた黒人青年の弁護を担当することになる。青年は恐らく冤罪であるが、人種差別がはびこるモンロービルの町で、青年の無罪を勝ち取るために果敢に戦う父の姿を娘の目から追った作品だ。小説は「ピューリッツァー賞」を受賞し、映画化されたときには父アティカス・フィンチ役を演じたグレゴリー・ペックが「アカデミー主演男優賞」を獲得している。そしてアメリカン・フィルム・インスティテュート(「映画芸術の遺産を保護し前進させること」を目的とする機関。通称「AFI))が2003年に発表した「アメリカ映画100年のヒーロー」で堂々1位に輝いたのが、スーパーマンではなく『アラバマ物語』の主人公アティカス・フィンチだった。

そんなアラバマ州モンロービルに、再びヒーローが生まれた。しかも小説や映画の主人公ではなく、実在するヒーローだ。それが映画『黒い司法 0%からの奇跡』(デスティン・ダニエル・クレットン監督 / 2020年)の主人公ブライアン・スティーブンソン(マイケル・B・ジョーダン)である。スティーブンソンが生まれ育ったデラウェア州は、ミズーリ協定では奴隷制が残る奴隷州だが、南北戦争では連邦軍についた、いわゆる「中間諸州」だ。スティーブンソンの母が教育熱心だったこともあり、ハーバード大学の法学科に奨学金で進み、法務博士を取得している。そんなスティーブンソンが故郷を離れ、なぜ差別が色濃く残る『アラバマ物語』で知られるモンロービルに行くこととなったのか? こちらは、劇中で語られているのでそちらでしっかりと確認してほしい。彼の決断と行動力こそが、どの映画で見たヒーローよりも勇敢だった。

『黒い司法 0%からの奇跡』 ©2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
『黒い司法 0%からの奇跡』 ©2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

公民権運動後も色濃く残っていた、アラバマ州の人種差別

本作は1986年の11月にモンロービルで起きた女性の殺人事件をきっかけに実際に起きた出来事の映画化だ。容疑者となり起訴されアリバイがあったのにも関わらず、たった一人の証言で裁判にて有罪となったのが黒人の「ジョニー・D」と呼ばれているウォルター・マクミリアン(ジェイミー・フォックス)だった。1980年代といえば、人種差別撲滅を目指した公民権運動が1964年の公民権法などが制定され20年前に終わっており、人種差別は違法となっていたはずである。しかし実際には、人種差別は色濃く残っていた。1964年公民権法制定のきっかけとなるのが、1955年に起きた「モントゴメリー・バス・ボイコット」である。ローザ・パークスという女性が「黒人は白人にバスの席を譲る」というルールに反して、席を譲らなかったために逮捕されてしまう。そこに登場するのがモントゴメリーの教会に赴任したばかりで若干26歳のマーティン・ルーサー・キング牧師である。キング牧師の導きによって、バス・ボイコットが始まり、そして公民権運動が活発化していくことになる。

『黒い司法 0%からの奇跡』 ©2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
『黒い司法 0%からの奇跡』 ©2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

その舞台となったモントゴメリーという町があるのも、アラバマ州。モンロービルと同じくアラバマ州南部にある町だ。さらにアラバマ州は、1950年代から1960年代にかけての公民権運動で激戦地となった場所だ。映画『グローリー/明日への行進』(エヴァ・デュヴァネイ監督 / 2014年)でも描かれた「血の日曜日」といわれているセルマからモントゴメリーへの行進、後にスパイク・リー監督がドキュメンタリー映画『4 Little Girls』(1997年 / 日本未公開)としてまとめたバーミングハムの教会にて4人の少女が爆弾の犠牲になり亡くなった事件も、全てがアラバマ州で起きた。そして本作が描かれた1986年、アラバマ州知事はジョージ・ウォレスであった。彼は「今こそ人種隔離を! 明日も人種隔離を! 永遠に人種隔離を!」と人種隔離政策を訴えた政治家で、キング牧師とは何度も対立していた。そんな人物が1986年当時でも政治の世界にいたのだ。劇中ではその当時にあった人種間にある緊張感が数多く描かれているので、当時の差別の悲惨さは一目瞭然だろう。

モンロービルに舞い降りた同じ弁護士ということもあり、『アラバマ物語』は本作でも何度か言及されている。アメリカ映画100年の歴史で1位となったヒーロー、アティカス・フィンチは地元民にとって自慢であるのがよくわかる。彼らは、アティカス・フィンチは架空の人物であって、今そこにいるブライアン・スティーブンソンこそ実在する真のヒーローだと分かっておらず、平気で彼に嫌がらせをするのが劇中、とても皮肉にみえる。

『黒い司法 0%からの奇跡』予告編

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『黒い司法 0%からの奇跡』
『黒い司法 0%からの奇跡』

2020年2月28日(金)から公開
監督:デスティン・ダニエル・クレットン
脚本:デスティン・ダニエル・クレットン、アンドリュー・ランハム
原作:ブライアン・スティーブンソン『黒い司法 黒人死刑大国アメリカの冤罪と闘う』(亜紀書房)
出演:
マイケル・B・ジョーダン
ジェイミー・フォックス
ブリー・ラーソン
ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 佐藤健がYouTubeチャンネルを開設、第1回目は生配信&ゲストに上白石萌音 1

    佐藤健がYouTubeチャンネルを開設、第1回目は生配信&ゲストに上白石萌音

  2. 『バチェラー』男女逆転版『バチェロレッテ・ジャパン』男性参加者17人発表 2

    『バチェラー』男女逆転版『バチェロレッテ・ジャパン』男性参加者17人発表

  3. マツコ・デラックスが直筆手紙で新社会人を応援、資生堂広告が都内駅に掲出 3

    マツコ・デラックスが直筆手紙で新社会人を応援、資生堂広告が都内駅に掲出

  4. 『るろうに剣心 最終章』雪代巴役は有村架純 佐藤健演じる剣心の妻 4

    『るろうに剣心 最終章』雪代巴役は有村架純 佐藤健演じる剣心の妻

  5. いきものがかり×『100日後に死ぬワニ』コラボ動画公開&テーマ曲配信 5

    いきものがかり×『100日後に死ぬワニ』コラボ動画公開&テーマ曲配信

  6. CHAIが語る、海外のステージに立つ中で感じる緊張、課題、自信 6

    CHAIが語る、海外のステージに立つ中で感じる緊張、課題、自信

  7. CHAI、学生時代を振り返る。軽音部時代を語り、日本の就活を斬る 7

    CHAI、学生時代を振り返る。軽音部時代を語り、日本の就活を斬る

  8. 「スチャダラパーからのライムスター」の楽曲“Forever Young”配信 8

    「スチャダラパーからのライムスター」の楽曲“Forever Young”配信

  9. ディズニー映画『ムーラン』吹替声優に明日海りお&小池栄子 予告編も公開 9

    ディズニー映画『ムーラン』吹替声優に明日海りお&小池栄子 予告編も公開

  10. 山崎賢人を見つめる松岡茉優 又吉直樹原作の映画『劇場』新場面写真公開 10

    山崎賢人を見つめる松岡茉優 又吉直樹原作の映画『劇場』新場面写真公開