コラム

The 1975がデジタル・デトックス。新作控え、様々な問題提起

The 1975がデジタル・デトックス。新作控え、様々な問題提起

テキスト
後藤美波(CINRA.NET編集部)
2020/02/26

ニューアルバム『Notes On A Conditional Form』から新曲“The Birthday Party”を発表

The 1975がニューアルバム『Notes On A Conditional Form』の発売を前に、様々なアクションで注目を集めている。

当初の発表より発売が2か月延び、4月24日のリリースを予定している同作は、高い評価を獲得した3rdアルバム『A Brief Inquiry Into Online Relationships』に続く新作となる。昨年から多様な音楽性を取り込んだいくつかの収録曲が先行配信されているが、作品の輪郭が見えるようで見えない状況がアルバムを待つファンの期待を煽っている。

日本時間の2月20日には最新曲“The Birthday Party”が発表された。5曲目の新曲となる同曲は聴きやすいゆったりとしたバラード曲だが、同時公開されたPVは強烈な印象を残す。

The 1975“The Birthday Party”PV

メンバーのアバターが「デジタル・デトックス・センター」へ。ミームだらけのデジタル空間が広がる

全編CGアニメで展開されるこの映像では、バンドのフロントマン、マシュー・ヒーリーのアバターが登場。「MINDSHOWER」と名付けられた「デジタル・デトックス・センター」が舞台となっている。センターを訪れたアバターのヒーリーが電子機器を預けて進むと、扉の向こうに広がっているのは、緑あふれる自然とその中にいる新旧のインターネットミームの顔をした人物たちだ。

しばしの間スマホの通知から解き放たれ、「デジタル・デトックス」するためのこの空間は、理想郷のようでもあり、悪い夢のようでもある。現代人が中毒になっているオンラインコミュニケーションの虚しさや脆さと向き合った前作『A Brief Inquiry Into Online Relationships』との繋がりも感じさせ、人間とインターネットの関わりや相互関係についての彼らの尽きない関心が反映されているようだ。

“The Birthday Party”のPVにはバンドメンバーがアバターとして登場する

新曲と「インセルカルチャー」の関わり

“The Birthday Party”の公開に際して「Dazed」に掲載されたインタビューで、ヒーリーはPVと「インセルカルチャー」の関係について言及した。インセルのコミュニティーが存在する掲示板「4chan」が陰湿な意図を持った多くのミームを生み出していると述べ、「インセルカルチャーは、男性について、そして彼らが女性をどう扱っているのかについての興味深くて、恐ろしい視点を明らかにしていると思う。すごく引きつけられる世界だし、それがどのようにポップカルチャーに表出しているのかに興味がある」と話した。彼は自分と違うもの、自分と関係しない世界に引きつけられるのだという。

インセルとは「不本意の禁欲主義者」と訳される「involuntary celibate」の略で、主に自分が女性と性的な関係が持てないのは女性のせいだと考える男性を指す言葉として英語圏で使われる。“The Birthday Party”のPVにはオルタナ右翼の象徴にもなっている「4chan」の代表的なミーム「カエルのペペ」も登場しているほか、同曲の特設サイトのソースコードに、インセルによって作られた差別的なコンテンツを報告する「reddit」内のコミュニティ「IncelTears」へのリンクが仕込まれていたとSNS上で話題になった。

“The Birthday Party”PVのリリース前に公開された映像。「デジタル・デトックス」施設のCMのような作りになっている

インセルが持つ憎悪の感情はオンライン上の閉じたコミュニティに発信されることでさらに増幅するが、「デジタル・デトックス」の空間では「カエルのペペ」を含む多様なミームが手を取り合って輪を作っている。これはヒーリーの理想の表れか、それともいまや自らもスターとなってミーム化した現状への自嘲も込めた皮肉なのだろうか。

また“The Birthday Party”の歌詞には、フロントマンであるエヴァン・スティーヴンズ・ホールに対して女性への強制わいせつの告発があったPinegroveが登場しており、ホールの一件を示唆していると思われるフレーズもある。この歌詞が何を伝えようとしているのかはわからないが、2000年代以降のエモシーンにあったミソジニー(女性嫌悪・女性蔑視)がしばしば議論にあがるようになった現在だからこそ、その真意が知りたいところである。

『ブリット・アワード』の壇上で引用した、男性のミソジニーについての一節

振り返ってみると、The 1975は過去にも男性のミソジニーについて問題提起を行なっている。

2019年2月に行なわれた『ブリット・アワード』でバンドは最優秀アルバム賞とブリティッシュ・グループ賞を受賞した。ヒーリーは授賞式の壇上で「ちょっと聞いてほしい。これは僕らがみんなちゃんと考えるべきことだと思う」と前置きし、イギリスのガーディアン紙に載った「男性の女性嫌悪的な振る舞いは微妙なニュアンスを探ってもらえて、『難しい』芸術家の特徴として擁護してもらえるが、女性やそれを指摘した人は芸術を理解してないヒステリーだと扱われる」という一節を紹介した。

The 1975の2019年の『ブリット・アワード』でのスピーチ

これは同紙の編集者であるローラ・スネイプスが、音楽業界のミソジニーについて書いた記事を引用したもの。彼女はこれまでも音楽界の性差別やジェンダー不均衡について声をあげてきた音楽ジャーナリストだ。

「ジェンダーバランスが不均衡なフェスには出演しない」。発端は女性ジャーナリストとのやりとり

The 1975はつい先日にもヒーリーが「今後ジェンダーバランスが不均衡なフェスには出演しない」と宣言して話題を集めたが、これもスネイプスの言葉がきっかけだった。

事の発端は、今年の『レディング&リーズ・フェスティバル』のラインナップについて、スネイプスとヒーリーがTwitter上で交わしたやりとりだ。9年ぶりに再始動するRage Against The Machineがヘッドライナーに決定したことについて「ヤバい」としたヒーリーのリプライを受けてスネイプスはこう返した。

「レイジが彼らの力を使ってラインナップに平等を求めてたらヤバいって言える。その力があるのにそれをしなかったり、不平等に対して声をあげたりしないアーティストは、彼らがこの状況を変える役割を果たせる立場にいるってことをわかってない」

「マット、あなたたちの出演条件に『自分たちは女性やノンバイナリーの出演者がX%(理想は50%!)を占めるフェスにしか出演しない』って付加条項を加えなよ」

ローラ・スネイプスのツイート

これに対してヒーリーは「このツイートをその契約にサインしたって捉えてもらっていいよ」と返答。「すでにこの条件に沿ってないフェスにいくつか同意したけど、チケットを買ったファンたちをがっかりさせるようなことはしないよ。でもこれからはそうする(この条件を条項に入れる)し、そうすることが男性アーティストが真のアライ(ally、味方)になるっていうことだと信じてる」と綴った。

マシュー・ヒーリー(The 1975)のツイート

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催