コラム

ITZYや虹プロに見る「私」へのまなざし。K-POP女子グループのいま

ITZYや虹プロに見る「私」へのまなざし。K-POP女子グループのいま

テキスト
菅原史稀
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

女性が女性を魅了することを意味する「ガールクラッシュ」がK-POPのガールズグループにおける主要コンセプトとして定着して久しい。ガールズグループに対する女性人気の高さは少女時代(2007年デビュー)やf(x)(2009年デビュー)、2NE1(2009年デビュー)らの頃から目を見張るものがあったが、近年はBLACKPINK(2016年デビュー)が一般的にガールクラッシュの代表格と称されるなど、その潮流が受け継がれている。

と、ここまでガールクラッシュについての具体的な説明を避けて話を進めてきたのは、筆者自身がこの言葉に引っかかりを感じているためだ。そもそも女性が惹かれる女性像というのは、当然ながら画一的なものではなく、多様であるからである。

実際にRed VelvetやTWICE、IZ*ONEなど、いわゆるコンセプトとしてのガールクラッシュに必ずしも当てはまらないようなグループが数々の女性誌で表紙を飾ったり、メンバーのメイクアップ動画を公開している現状もある。また、女性ファンがガールズグループに向ける憧れのまなざしは外見だけではない。その名も“Girl Crush”という曲もリリースしているグループMAMAMOOはパフォーマンス、そしてメンバー自身の自己表現が同性から大きな支持を呼んでいる。言うなればガールクラッシュとは始めからコンセプトにするまでもなく、それぞれのアーティストが表現を通じて示すアティチュードであり、その結果としてのガールクラッシュなのではないかと思うのだ。

今回は、コンセプトとしてのガールクラッシュに感じた違和感を切り口に、それを乗り越えていく女性アイドルたちが表す今とこれからの姿をとらえたい。

コンセプト化=「求められる私」になること? 記号化した振る舞いをすることの居心地の悪さ

ガールクラッシュに限らず、グループや楽曲のコンセプトというのは日韓問わず近年のアイドルカルチャーを語るうえで話題に上がりやすいキーワードだ。その発信源は運営元やメディアであったり、ファン同士で情報を共有する際に用いられたり、またアーティスト本人が自称するパターンもあるなどさまざまだ。ではなぜ、ことアイドルカルチャーを語るうえでコンセプトが重宝されるかといえば、物事を単純にするためだろう。

人は情報を得たり共有したりするとき、またはそれを消費するときに、ある程度の共通概念にあてはめて考えたほうが安心するものだ。また、シーンが拡大するなかで様々なグループが生まれるとともに、そのファンダムも拡大していく。大きくなったファンダム内で、コンセプトはコミュニケーションを活性化するための記号として機能する。つまりコンセプト付けとは、アーティストの本質を表すというよりも、他者に向けられた振る舞いという意味合いの方が強い。

同性から高い人気を得ているガールズグループMAMAMOO

現在ガールクラッシュの代表格として広く認知されているBLACKPINK

そして自分自身を記号化して振る舞うことは、ステージに立つ者のみに限られた体験ではない。この社会に生きていれば「いま、この場所で、私が求められていること」を察知し実行せざるを得ない局面に出会う。それは家庭内、友人・恋人間、またSNS上など、一見すると自由意思が尊重されているように思える場であっても当てはまるのではないだろうか。だからこそ我々は、ある一定の文脈内での振る舞いを迫られる居心地の悪さを知っている。筆者が抱いていたコンセプトとしてのガールクラッシュに対する違和感は、恐らくそこに記号化の押し付けに似たものを感じていたからだと思う。

しかし同時に、その期待に応えなかった場合、他者と断絶する恐怖が待ち受けているがあることも確かだ。「求められる私」になることを受け入れるか、孤立するか──二択にも思えるようなこの問いに別の道筋を示してくれたのが、次世代ガールズグループITZYが先日リリースした新曲“WANNABE”が体現したアティチュードである。

2020年3月に“WANNABE”を含む新作『IT'z ME』をリリースしたITZY

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」