特集 PR

次世代のPARCO像を示すシーズン広告登場。テーマは「ヒーロー」

次世代のPARCO像を示すシーズン広告登場。テーマは「ヒーロー」

PARCO HEROES
テキスト
杉原環樹
編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

次の時代のパルコ像を示すような、重要な一歩となるシーズン広告が登場。テーマは「ヒーロー」

パルコが毎年発表している、年間のシーズン広告。すでにお披露目されていた春夏(SS)編につづく秋冬(AW)編のビジュアルが公開され、2020年のピースが出揃った。

PARCO 2020シーズン広告
PARCO 2020シーズン広告

パルコのシーズン広告といえば、2014年から昨年まで、ビョークやカニエ・ウェスト、ヨウジヤマモトなどとの仕事でも知られるパリのデザインユニット「M/M(Paris)」が担当してきた。彼らは、まさにある時代のパルコの「顔」を作った存在だ。

M/M(Paris)が手がけた、渋谷PARCOリニューアルオープン時の広告ビジュアル
M/M(Paris)が手がけた、渋谷PARCOリニューアルオープン時の広告ビジュアル(参考:M/M(Paris)のアート 想像力を刺激する「あなた」の物語作り

ところが今年、パルコはそんな彼らに代わる新しいクリエイティブディレクターに、英『Dazed & Confused』誌のアートディレクター、ジェイミー・リードを起用。つまり、今回のシーズン広告は、パルコにとって次の時代の自画像を示すような、重要な一歩となるものなのだ。

今回のクリエイティブディレクターの交代について、M/M(Paris)時代からシーズン広告を担当するプロモーション部の藤井浩人は、次のように語る。

2014年からM/M(Paris)と一緒に広告制作を続けてきましたが、彼らが作った2019年の新生渋谷PARCOオープン広告は、実際の渋谷PARCOのコンセプトやイメージ、目指すべきものを表現できていた。それを目の当たりにした時、M/M(Paris)とのコラボレ―ションを「やり切った」と感じました。

パルコは昨年でちょうど50周年を迎えた。節目ということもあり、新ディレクターを探し始めたが、「M/M(Paris)の次は相当ハードルが高い」と感じていたという。そんなとき藤井の目に留まったのが、ジェイミーの手がける英『Dazed & Confused』誌だった。

同誌をあらためて見て感じたのは、パルコとの「近さ」でした。つまり、ジェンダーレスでユースな感覚、カウンター精神、若い才能の積極的な発掘など、そこにはパルコと共通するものがあった。また、パリのM/M(Paris)の明確なアヴァンギャルド性に対し、ジェイミーが打ち出すロンドンのストリート感は、渋谷の街とも通じるものがある。ジェイミーならば、M/M(Paris)とは違うクリエイションを期待することができると考えました。

藤井のこの判断が正しかったことは、完成したビジュアルを見れば納得できるのではないか。「PARCO HEROES」を謳い、「ヒーロー」をテーマにした今回のシーズン広告。このたび発表された秋冬編では、それぞれ秋と冬に対応したGreen FoxとThawという2人のヒーローが描かれている。

たとえば秋では、空を飛ぶGreen Foxの姿を中心に、周辺にそれを見上げる人々や、路地で悪党を懲らしめるGreen Foxの物語が配置される。現実とは完全に一線を引いた、シュールな夢のようなM/M(Paris)の世界に比べると、ジェイミーのそれは空想的ではあるものの現実と地続きで、どこかドキュメンタリー風である。

PARCO 2020シーズン広告秋編『Green Fox』
PARCO 2020シーズン広告秋編『Green Fox』
PARCO 2020シーズン広告冬編『Thaw』
PARCO 2020シーズン広告冬編『Thaw』

また、さまざまにコラージュされたスナップからは、ヒーローのプライベートな一面など、M/M(Paris)とは異なる物語性が見えてくる。これに関しては、「ジェイミーが現在、雑誌を主な活動の場としている点も大きい」と藤井は言う。「1枚のビジュアルでも、まるで誌面を作るように作る。そのエディトリアルな感性はジェイミーの特徴ですね」。

生々しい質感を持った写真はカメラマンのフランク・ルボンが、コミカルで日本文化への目配せも感じられる遊び心のある衣装はスタイリストのイブラヒム・カマラが手がけた。2人とも今回のシーズン広告のためにジェイミーが声をかけたクリエイターで、3人での協働は今回が初めてだという。フランク・ルボンはフィルムで撮影を行うことにこだわりを持ち、写真のほかに35ミリの映像も回した。出来上がったポスターや映像には、撮影現場で遊びで撮ったようなカットも多数入っている。デジタル全盛の時代にあえてフィルムを選択する表現者は日本でも近年多いが、そうした新しい感性がこの広告にも今日性を与えている。

PARCO 2020シーズン広告春編『Petra the Petal』
PARCO 2020シーズン広告春編『Petra the Petal』
PARCO 2020シーズン広告夏編『Scoville』
PARCO 2020シーズン広告夏編『Scoville』
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

サイト情報

『PARCO HEROES』
『PARCO HEROES』

プロフィール

ジェイミー・リード

イギリス・ロンドンを拠点に活動するアートディレクター・グラフィックデザイナー。ファッション雑誌『Arena Homme +』、『POP』のデザインディレクター・アートディレクターを務めた後、2015年より雑誌『Dazed & Confused』のアートディレクターとして活躍。2012年にデザインスタジオを設立し、エディトリアルやブックデザイン、広告、ブランディングなど、多岐にわたってアートディレクションやグラフィックデザインを手がける。写真家のHarley Weir やDavid Sims、Collier Schorr、NYのインディペンデントブックストアDashwood Books、ファッションブランドGrace Wales Bonner、Saint Laurent、Kiko Kostadinov、Hillier Bartleyなどとプロジェクトを行う。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 1

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  2. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 2

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  3. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 3

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  4. カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て 4

    カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て

  5. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 5

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  6. 音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表 6

    音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表

  7. Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う 7

    Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う

  8. 東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック 8

    東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック

  9. 木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由 9

    木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由

  10. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 10

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」