コラム

櫻坂46への道を照らした欅坂46ラストライブと、新たな物語の始まり

櫻坂46への道を照らした欅坂46ラストライブと、新たな物語の始まり

テキスト
原友昭
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

欅坂46の終幕。六本木の「けやき坂」に隣接する「さくら坂」が由来の櫻坂46へ

欅坂46の活動を追っていくなかで、シングルリリースや、主催ライブ、『NHK紅白歌合戦』など大きな出来事のたびに「集大成」「節目」といった言葉が浮かんだのは、欅坂46のパフォーマンスを含む活動が、たとえば、2018年の幕張メッセ公演の“ガラスを割れ!”で平手友梨奈がアドリブで花道を駆けたように、どこか危なっかしくジェットコースターのようにスリリングで、他方、移ろう四季の煌めきを歌った“二人セゾン”のように儚く、どちらの場合も、常にこれが最後で一瞬一瞬を目に焼き付けておきたいと感じさせる刹那性を帯びていたからである。2020年10月7日にリリースされた欅坂46のベストアルバム『永遠より長い一瞬 ~あの頃、確かに存在した私たち~』には、そうした刹那=一瞬が「永遠より長い」ものとして収められている。

欅坂46“ガラスを割れ!”

欅坂46“二人セゾン”

2015年の結成から5年、2020年10月12日と13日に配信されたラストライブ『欅坂46 THE LAST LIVE』をもって、欅坂46はその歴史に幕を閉じ、かつて欅坂46と呼ばれたメンバーたちは翌日の10月14日から、六本木の「けやき坂」に隣接する「さくら坂」が由来の櫻坂46として新たな坂を登り始め、12月9日には1stシングル『Nobody's fault』をリリースする。

欅坂46のベストアルバム『永遠より長い一瞬 ~あの頃、確かに存在した私たち~』を聴く(Apple Musicはこちら

パブリックイメージとしての「欅っぽさ」と、欅坂46のダンスパフォーマンスにおいて伝達されていたもの

欅坂46の楽曲は、デビュー曲“サイレントマジョリティー”や“不協和音”に代表されるように、社会への反抗や、大人への不信を歌っているという側面がとかく強調されがちである。それ自体は否定しないし、そうした楽曲群がパブリックイメージとしての「欅っぽさ」を担ってきたのもたしかであるが、個々の楽曲の内でもやもやと蠢く様々な感情 / メッセージを引き受け、それを原動力としながら一丸となって表現しようとする欅坂46のダンスパフォーマンスにおいて伝達されていたのは、突き詰めると、反抗することそれ自体というよりも、2019年の東京ドーム公演のTシャツにも書かれていた「Be yourself.(自分らしく)」であったように思う。

個々の楽曲が持つ具体的なメッセージの違いこそあれ、「Be yourself.」を貫くことは決して簡単なことではないけれども、そうすることを寄り添うように肯定してくれる、そういう姿が「欅坂に救われた」というあまたの声を溢れさせたのだと思う。

欅坂46“サイレントマジョリティー”

欅坂46“不協和音”

メンバーは色々な場所で、楽曲に込められたメッセージをパフォーマンスを通じて伝えたい、ということを語ってきたが、本来「伝えようとすること」と、実際に「伝わること」の間には大きな隔たりがあり、両者の邂逅はほとんど「奇跡」のような出来事のはずである――届けようとしても思い通り届かないこともあれば、ある日突然雷に打たれたように届くこともあるし、こちらから、あるいは互いに向き合うことで届けられることもあるように。だから「欅坂に救われた」という出来事は、欅坂46のパフォーマンスがたしかに届いたこと、つまり「奇跡」の証である。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施