コラム

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

テキスト
小野寺系
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

「ジョーカーの恋人」ではなくなったハーレイ・クイン

『バットマン』テレビアニメシリーズで、バットマンの宿敵ジョーカーのガールフレンドとして、初めて登場したハーレイ・クイン。実写映画『スーサイド・スクワッド』(2016年)では、人気絶頂の俳優マーゴット・ロビーがハーレイを演じ、映画自体の内容よりも、そのキャラクターやポップでカラフルなファッションなどが話題を呼び、多方面から称賛を浴びることになった。その絶大な人気を受けて制作された、ハーレイ・クイン単独の映画が、本作『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(2020年)である。

だが本作は、クリエイターの背景や、アメリカを中心とした社会の動きなどを考えに入れていなければ、あっけないほど簡単に通り過ぎてしまうような娯楽作品の一つだと感じられるところもある作品だ。ここでは、複数の視点から本作をあらためて観ることで、その真価を明らかにしていきたい。

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』は2020年3月に日本公開、現在はBlu-ray、DVD販売およびデジタルセル・レンタル配信中。11月22日からNetflixでも配信開始 ©2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & ©DC Comics
『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』は2020年3月に日本公開、現在はBlu-ray、DVD販売およびデジタルセル・レンタル配信中。11月22日からNetflixでも配信開始 ©2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & ©DC Comics

本作は、冒頭からジョーカーと別れることになったハーレイの境遇が描かれていく。彼女は、ジョーカーに忠誠を誓うために、彼と同じように化学薬品工場の溶液に飛び込んで、狂気を感じる真っ白の肌となっていた。そんな思い出の工場を爆破させ、犬の首輪のようなネックレスを捨て去ることで、ハーレイはジョーカーへの想いを、ヴィラン(悪役)らしい方法で捨て去るのである。

これまでハーレイは、夜の街でどれだけ羽目を外して、マフィアの両足をへし折ったとしても、悪党たちに狙われたり報復されることはなかった。なぜなら、彼女のバックにはジョーカーが存在していたからだ。ハーレイを少しでも傷つけようなものなら、どんな狂った方法で復讐されるか分からない。だが、そんな特別待遇も終わりだ。ハーレイは、ジョーカーと別れたことが知れ渡った途端に、他の悪党に命を狙われ始める。

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』予告編

パートナーに依存する生活を捨て、自立した存在へと「華麗なる解放」を遂げようとする戦いの物語でもある

「ハーレイ・クイン」は、もともとイタリアの即興喜劇における道化師の役回りを意味する言葉(Harlequin)だ。そんな名前をアイデンティティとする彼女は、道化を演じながら悪行を重ねるジョーカーに付随する存在として、そもそも創造されたキャラクターである。ジョーカーはハーレイを失っても、その存在が揺らぐことはないが、ハーレイがジョーカーを失うということは、自分の存在意義そのものがなくなることにも等しい。彼女は彼女自身として語られることはなく、いつでも「ジョーカーの彼女」という属性のなかで認知されていて、そのことをハーレイ自身も得意に思っていた。

これこそが、本作の大きなテーマだ。原題のタイトル『Birds of Prey: And the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn』にある、「ファンタビュラス・エマンシペイション(華麗なる解放)」が示す通り、本作でハーレイはついにジョーカーの庇護と、彼への依存心から解放されるため努力することになる。爆破や盗みなど、やっていること自体は悪事そのものの場合もあるが、ここでの彼女の生き方の転換は、恋人や夫に精神的、経済的に依存する生活を捨て、自立した存在になろうという女性の生き方そのものでもある。本作は人気キャラクターを主役とするアクション映画であると同時に、一人の女性の精神的な冒険と、生存と誇りをかけた戦いを描く作品でもあるのだ。

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』©2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & ©DC Comics
『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』©2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & ©DC Comics
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』

Blu-ray・DVD販売中、デジタルセル・レンタル配信中
監督:キャシー・ヤン
脚本:クリスティーナ・ハドソン
出演:
マーゴット・ロビー
ユアン・マクレガー
メアリー・エリザベス・ウィンステッド
ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施