コラム

『こんな夜更けにバナナかよ』で大泉洋が見せる天性の「人たらし」感

『こんな夜更けにバナナかよ』で大泉洋が見せる天性の「人たらし」感

テキスト
橋本達典
編集:矢澤拓(CINRA.NET編集部)

大泉洋の勢いが止まらない。この年末年始は、歴史書『三國志』を福田雄一監督流の新たな解釈で描く主演映画『新解釈・三國志』が公開(12月11日)。大晦日には『NHK紅白歌合戦』で白組の司会を務め、明けて2021年春には、ビートたけしの青春時代を描いた劇団ひとり監督・脚本の主演作(柳楽優弥とのW主演)『浅草キッド』がHuluにて配信される。続いて『罪の声』の著者・塩田武士が大泉をイメージして完全「あて書き」したベストセラー小説が原作の映画『騙し絵の牙』(吉田大八監督)が公開。さらには2022年放送予定のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(小栗旬主演)で脚本家・三谷幸喜と10度目のタッグを組み、源頼朝を演じることが発表された。

福田雄一、紅白、ビートたけし、吉田大八、大河、三谷幸喜……。その錚々たるワードを聞いただけでも大泉がいかに日本エンタメ界の中心に立っているかが窺えるが、そうした中、12月4日『金曜ロードSHOW!』で放送されるのが、主演映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』。先の作品に比べると決して派手さはないが、大泉洋らしさを存分に味わえる秀作だ。

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』予告編

「自由に生きる」とはどういうことか。首と手しか動かなくても自立した生活を送る実在の男性を大泉洋が演じる

大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞を史上初めてW受賞した渡辺一史の『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』(文春文庫)を原作に、虚実を織り交ぜつつつ、ユーモラスかつ感動的に映画化。筋ジストロフィーを患い、20歳まで生きられるかどうかと言われながらも40年以上の人生を歩んだ主人公の鹿野を、大泉がまさに「ハマり役」といった芝居で見せる。

舞台は、北海道札幌市。幼少のころから難病の筋ジストロフィーを患い、体で動かせるのは首と手だけ。人の助けがないと生きていけないにもかかわらず、病院を飛び出し、風変わりな自立生活を始める鹿野靖明、34歳。自ら大勢のボランティアを集め、わがままし放題。しかもずうずうしくて、おしゃべりで、ほれっぽい。しかし、医学生の田中(三浦春馬)や、彼の恋人でボランティアの美咲(高畑充希)をはじめ、最初はそんな鹿野に振り回されていたものの、真っすぐに、自由に生きる彼の姿に、周りの人々は次第に影響を受けていく——。

©2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
©2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会

「人に迷惑をかけないで生きたい」という大泉洋の気持ちに影響を与えた役

視聴者も同じだ。本作のタイトル通りボランティアに夜中にバナナを買いにいかせるような、一見わがままで、好き勝手に生きているように見える鹿野の言動に最初は戸惑うかもしれないが、いつしか彼の魅力に引き込まれてしまう。

鹿野を演じた当の大泉も「これまで“人に迷惑をかけないで生きる”ことが唯一のポリシーでしたが、それが大きく揺らいだ。果たしてそれがそんなに大事なことなのか、と。自分一人ではできないことなら人に助けてもらえばいいのではと。人に頼ることを恐れすぎてはいけないとも思うようになりました」(『LEE』2018年12月27日配信)と、自身の心境に変化があったと語るが、ともすれば正しく美しい、ある種の聖人として語られたり、「かわいそう」「苦しい現場」として認識されがちな障がい者福祉及び障がい者という題材を、エンターテイメントとして大勢の人たちに見せた大泉の功績は大きい。時に笑ったり、ほろりとさせられながら、障がいや介助について考えるきっかけを与えてくれる入り口になる作品だ。

また「大泉さんの存在が大きかったと思いますね。原作やシナリオを徹底的に読み込んで独自の鹿野さん像を提出してくれました。実在の鹿野さんとは似ても似つかないのに、同時に瓜二つでもあるという不思議なキャラクター。こういう障がい者が目の前にいたら、もうしょーがねえなあと観る人に思わせてしまうような説得力があった」(『論座』2019年1月5日)と振り返るのは、原作者の渡辺一史。大泉は鹿野になりきるべく減量し、視力を落とすコンタクトを装着した上に眼鏡をかけるなどの役づくりに挑み、実際に存命のときの鹿野さんに触れた人々にも鹿野さんそのものと思われるようになったそうだが、こうした入魂の取り組みに加え、関係者いわく「口から生まれたような、天性の人たらし」という実際の鹿野靖明と似たところが大泉にもあるように思う。

©2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
©2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

番組情報

金曜ロードSHOW!『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』

2020年12月4日(金)21:00~日本テレビ系で放送(放送開始時刻は変更の可能性あり)

監督:前田哲
脚本:橋本裕志
原作:渡辺一史『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』(文春文庫)
音楽:富貴晴美
出演:
大泉洋
高畑充希
三浦春馬
萩原聖人
渡辺真起子
宇野祥平
韓英恵
竜雷太
綾戸智恵
佐藤浩市
原田美枝子

『水曜どうでしょう』

2020年10月28日(水)HTBで放送

出演:
鈴井貴之
大泉洋

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送