コラム

映画『あのこは貴族』 二人の女性の、束の間の邂逅が背中を押す

映画『あのこは貴族』 二人の女性の、束の間の邂逅が背中を押す

テキスト
西森路代
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

※本記事は『あのこは貴族』の内容に関する記述が含まれています。あらかじめご了承下さい。

一人の男性を介して出会った華子と美紀。対照的な女性二人の邂逅

去年から今年にかけて、『ミセス・ノイズィ』『おろかもの』『私をくいとめて』『ファーストラヴ』『花束みたいな恋をした』など、女性の生き方についてフェミニズムやシスターフッドの視点を感じさせる日本映画が続けて公開されている。山内マリコによる原作をもとに、岨手由貴子監督が映画化した『あのこは貴族』もそんな一作だ。

映画『あのこは貴族』は2021年2月26日から全国公開中 ©山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会
映画『あのこは貴族』は2021年2月26日から全国公開中 ©山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会

門脇麦演じる東京生まれの榛原華子は、家族に言われるまま、それがごく自然な流れとでもいうように、お見合いを重ねる。そして弁護士・青木幸一郎(高良健吾)と出会い、他の相手に感じていたような違和感ではなく、ほのかな好意を感じ、自然な形で婚約する。それは幸一郎と初めて会って帰るときに華子が、「こんなことってあるんですね」と運命を感じたかのようにほんのりと上気したような顔で言う台詞からもわかる。もうひとつ、二人が自然に婚約できた理由には、お互いの家の階層や利害が一致していたということも大きかっただろう。それは家と家の結婚だったのだ。

『あのこは貴族』 ©山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会
『あのこは貴族』 ©山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会

ところが、幸一郎にはずっと交際している──と書くと単純であるが、交流を持っている時岡美紀(水原希子)という女性の存在があった。彼女は富山の封建的な家に生まれ、そんな窮屈な家から出たいという一心で勉強をして幸一郎と同じ名門大学に入る。しかし、ほどなく家業が傾き、学費が払えないせいで中退を余儀なくされる。その後、働いていたキャバクラで大学のときに見かけたことのあった幸一郎と再会し交流が始まるのだった。

『あのこは貴族』 ©山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会
『あのこは貴族』 ©山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会

こう書くと、一人の男性を介して、恋のライバルとなる二人の物語が始まるように見えるだろう。もしかしたら、『黒い十人の女』(ある男性の複数の愛人たちが、共に男性の殺害を企てるというあらすじの市川崑監督作。舞台やドラマでリメイクもされている)のように、二人が結託して幸一郎に復讐を企てる物語にだってなりうる。しかも、東京で何不自由なく暮らしてきた華子は、恵まれた環境にいるからこそ世間知らずで奥手な性質で、一方、田舎の出身で東京に出てくるも思い描いたような暮らしができず、それだけにそつなく社交的な美紀という、違いのありすぎる二人とあれば、この状況で対立するのは当然とも思える。しかし、そうならないのが2021年の東京の物語なのだろう。

『あのこは貴族』 ©山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会
『あのこは貴族』 ©山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『あのこは貴族』
『あのこは貴族』

2021年2月26日(金)から全国公開

監督・脚本:岨手由貴子
原作:山内マリコ『あのこは貴族』(集英社文庫)
出演:
門脇麦
水原希子
高良健吾
石橋静河
山下リオ
佐戸井けん太
篠原ゆき子
石橋けい
山中崇
高橋ひとみ
津嘉山正種
銀粉蝶
配給:東京テアトル、バンダイナムコアーツ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側