コラム

米で起こる「反省」の潮流 今、なぜ人々はブリトニーに謝罪を?

米で起こる「反省」の潮流 今、なぜ人々はブリトニーに謝罪を?

テキスト
辰巳JUNK
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

(メイン画像:Ringo Chiu / Shutterstock.com)

著名人、メディア、一般の人々までもがブリトニーに「謝罪」。新作ドキュメンタリーを発端に巻き起こる、「2000年代文化の反省」

今、アメリカで「2000年代文化の反省」の動きが巻き起こっている。それを引き起こした存在は、豪華絢爛なミレニアム・ポップカルチャーの象徴たる歌手、ブリトニー・スピアーズである。

世紀末、ティーンエイジャーとして発表したデビューアルバムを2700万枚以上売り上げ「プリンセス・オブ・ポップ」となった彼女は、並みいるスターの中でも特別な存在だった。大衆を熱狂させる魅力が抜きん出ていたのだ。カリスマ性と親しみやすさを兼ね備えるその姿はアメリカンドリームの象徴でもあったし、なにより、カトリック学校を舞台とするデビュー曲“...Baby One More Time”のMVが示した「敬虔深き清純さを持ちながらも好戦的に性表現を行う少女」という像は、当時のアメリカ、とくに白人層の理想そのものだったとも語り継がれている。

ブリトニー・スピアーズのデビュー曲“...Baby One More Time”MV。同曲を収録した同名アルバムは1999年1月発表

そして2021年の春、2児の母として40歳になろうとしているブリトニー・スピアーズが、またしても大きな話題になっている。理由は音楽ではない。推定資産6000万ドルを超える彼女が、実の父親に財産と生活を支配されているという疑惑にもとづく解放運動「#FreeBritney」が大きく報道されているのだ。

ことの発端は、精神的問題を抱えたブリトニーが入院した2008年、父親ジェイミー・スピアーズが手続きを行ったことで、彼がブリトニーの恒久的な成人後見人となることがロサンゼルス裁判所より認められたことにある。ブリトニーの「解放」を求めるファンによる「#FreeBritney」運動は長らく陰謀論のように扱われてきたが、発足から約10年経った2020年、ブリトニー側の弁護人が裁判所に病気で休職中の父親を後見人に復帰させないよう要請し、それが認められるまでパフォーマンスを行わない意向、そしてファンへの感謝を表明したことで半ば公認化した。さらに2021年2月には、この問題を追うThe New York Times制作のドキュメンタリー『Framing Britney Spears』がリリースされたことで、注目度が急騰。マイリー・サイラスやサラ・ジェシカ・パーカーなど、多くのセレブリティが支持を表明する一大ムーブメントとなった。

『Framing Britney Spears』トレイラー映像。2021年2月に米FXとHuluで放送された。日本での放送は未定

成年後見人制度の問題は複雑だ。しかしながら、この騒動の特殊なところは、著名人、メディア、そして一般の人々までもがブリトニーに謝罪を表明していったことにある。たとえば、ドキュメンタリーを見たテレビパーソナリティのアマンダ・クルーツは自身の番組でこう語った。「全世界がブリトニーに謝らなければいけないと思う」。

こうした余波は、ドキュメンタリーの構成によるところが大きい。そもそも、ブリトニーが成年後見人制度の保護下に置かれた要因には、世界中にショックを与えた「メルトダウン」と呼ばれた騒動がある。2007年、元夫と親権争いを行っていた彼女には、突如来店したヘアサロンにて自らスキンヘッドに剃髪したり、群がるパパラッチの車を襲撃したりするなど、情緒不安定な行動が見られていた。その後、彼女が入院している間に手続きを行った父親が後見人に就いたのだ。ただし、『Framing Britney Spears』は、さらに遡って「プリンス・オブ・ポップ」が置かれていた環境を指し示す。それは、2021年のアメリカでは「到底ありえない」ような性差別的な攻撃がまかりとおる2000年代メディアの姿である。

2020年11月、ロサンゼルスでの「#FreeBritney」運動の参加者Ringo Chiu / Shutterstock.com
2020年11月、ロサンゼルスでの「#FreeBritney」運動の参加者Ringo Chiu / Shutterstock.com
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側