コラム

アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

テキスト
辰巳JUNK
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

(メイン画像:Megan Thee Stallion)

アメリカのポップカルチャーで存在感を強める「Anime」のイメージ

「Anime」という英語がある。ここには、ディズニー映画『シンデレラ』のようなアニメーションは入らない。ウェブスター辞典の表現を借りれば、展開の多い物語のなかで色鮮やかなグラフィックでキャラクターが描かれた「日本発祥のアニメーションスタイル」、つまりは日本式アニメを指す言葉なのだ(異論が出そうな定義だが、本稿では以下、これを「アニメ」と記述)。

米国文化圏におけるアニメのイメージは、アニメファンとして知られる人気ラッパー、Lil Uzi Vertの“Ps & Qs”(2016年)ミュージックビデオを見れば捉えやすいだろう。

ヒップホップ文化と混じり合っているものの、巨大な目、カラフルな髪色、ティーンの主人公と学園舞台、「さん付け」文化、そして『ドラゴンボール』に代表されるような派手なアクションとパワーアップする変身……こうした要素こそ「Kawaii」アートとも親しい近10年の日本式アニメの国際的ビジュアルイメージといえる。

Lil Uzi Vert “Ps & Qs”。MVは2017年発表

そんな日本発のアニメが、アメリカのポップカルチャーで存在感を強めている。この潮流は『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が全米興行収入トップに輝いたパンデミック危機下、ポピュラー音楽領域においても広がっていった。

まず、実写映像制作のコスト上昇、アーティストのキャラクター化ビジネス活況により、ビリー・アイリッシュ“my future”(2020年)などアニメーションを用いる音楽スターのミュージックビデオが増えた背景がある。

さらに明らかにアニメ調とわかる作風のビデオも目立つ。“Blinding Lights”が2020年最大のヒット曲となったThe Weekndは、キャリアを振り返る“Snowchild”(2020年)において、日本初の黒人経営アニメーションスタジオとされるD'Art Shtajioを起用。アルバム『Future Nostalgia』(2020年)をロングヒットさせたデュア・リパの“Physical”では、実写映像に『美少女戦士セーラームーン』風のアニメシーンがサブリミナル的に挿入されている。

The Weeknd“Snowchild”MV

デュア・リパ“Physical”MV

Megan Thee Stallionら、アニメ愛をセルフブランディングに用いる新時代のラッパーたち

なにより、米国ポピュラー音楽におけるアニメ人気は、ラップミュージックおよびヒップホップカルチャーで根強い。

トップスターに限っても、2000年代にはWu-Tang ClanのRZAが“Must Be Bobby”(2001年)で『ドラゴンボールZ』についてラップし、カニエ・ウェストが“Stronger”(2007年)のミュージックビデオで『AKIRA』をオマージュ。そして現在では、2010年にその名も“Anime”たるトラックを発表したSoulja Boyをひとつの転換点として、アニメ愛をセルフブランディングに活用するミレニアル世代、Z世代スターたちの新時代が形成されている。

「アニメファン」を公言するSoulja Boyの2009年の投稿

たとえば「半分アニメキャラで半分ラッパー」を自称するMegan Thee Stallionは、アニメ配信サービス「Crunchyroll(クランチロール)」とコラボレーションしたアニメ絵柄のマーチャンダイズを販売した。

2019年の逝去後に発表された作品ではあるが、故Juice Wrld “Righteous”のミュージックビデオでは、アニメ化した彼が『NARUTO -ナルト-』の「写輪眼」や、『ドラゴンボールZ』の超サイヤ人のような姿で飛び回る様が描かれている。

Megan Thee Stallionとアメリカのアニメ配信サービス「クランチロール」のコラボグッズ

Juice Wrld“Righteous”MV

Megan Thee Stallionは2020年「Billboard HOT 100」年間チャートのトップ25に2曲を送り込んでおり、Juice Wrldと前出Lil Uzi Vertもそれぞれ「HOT 200」年間トップ10にアルバムをチャートインさせている、まごうことなきトップアーティストである。

そして、1990年代生まれの3人には、ある共通点がある。生前Juice Wrldが“Naruto”と題した未公開トラックを制作していたように、全員が岸本斉史の漫画でありそのアニメシリーズ『NARUTO -ナルト-』をリファレンスする楽曲を制作しているのだ。

<サスケ、サスケ、サスケ、サスケ、サスケ、サスケ / ナルトじゃないってわけじゃない / けど、俺はサスケのようにチョップするのさ>( Lil Uzi Vert“Sasuke”)

Lil Uzi Vert“Sasuke”を聴く(Apple Musicはこちら

<彼に私を食べさせる、アニメ観てるあいだにね / 野狐みたいなアソコはサスケを探してる>(Megan Thee Stallion“Girls in the Hood”)

(※註:サスケは『NARUTO』の登場人物。狐のキャラクターも作中に登場する)

Megan Thee Stallion“Girls in the Hood”を聴く(Apple Musicはこちら

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」