コラム

黒人ゲイ男性はいかに語り始めたか 『タンズ アンタイド』を紐解く

黒人ゲイ男性はいかに語り始めたか 『タンズ アンタイド』を紐解く

テキスト
『タンズ アンタイド』 字幕制作チーム(秋田祥、西山敦子、福島淳、大重祐紀、根村深)
リードテキスト・編集:井戸沼紀美(CINRA.NET編集部)

2020年5月、アフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドが白人の警察官に首を圧迫されて死亡した事件を発端に、全米、そして世界へと「黒人の命は大切だ」と叫ぶ「ブラック・ライブズ・マター運動」が波及した。それは黒人に対する差別的な状況に人々が「自分ごと」として目を向け、知識を蓄えたり、声を上げることの大切さを学ぶ、重要な機会になった。しかし、それから約1年が経ったいまも、差別的な思想や言動、行動が世界から消え去ったとは到底いい難い。それらは簡単になくならないからこそ、われわれは運動を続けなければならないのだ。

今回CINRA.NETでは、上映団体・ノーマルスクリーンと共同で映画『タンズ アンタイド』の無料オンライン上映を行う。同作は白人からも、同胞であるはずの黒人からも激しい差別意識を向けられた、黒人ゲイ男性の経験を映し出すドキュメンタリーだ。30年以上も前に作られたこの作品が、人種のみならず、性別やセクシュアリティにまつわる差別に対しても抵抗している様子を観ると、なおさら上述の意識を薄めてはならないと感じる。

この記事では、『タンズ アンタイド』の日本語字幕製作を手掛けたスタッフが、作品の重要人物や、その意志を引き継ぐ現代の映画やドラマなどを紹介。なぜこの映画が30年以上も影響を与え続けているのかについて、ヒントを得ることができるだろう。

「苦しい時代だね、プリティ・ベイビー」。エイズによる合併症でこの世を去った黒人ゲイ男性、エセックス・ヘンプヒルは画面のなかから語りかける。映画と現実を交互に見つめながら、差別のない世界を諦めないためのアイデアについて考える機会が作れたのなら幸いである。

「固有の顔と声を失うことなく語ること」を重要視。再評価の動きも進む『タンズ アンタイド』

2019年に公開30周年を迎えたことを契機として、昨今、映画『タンズ アンタイド』の再評価が進んでいる。

同作をユニークで刺激的なものにしている最大の特徴は、米国黒人ゲイ男性、あるいは黒人の人々に特有の多様な表現形式を、リズミカルに映像に織り込んでいくリミックス的な語りのスタイルにあるだろう。

指を鳴らすしぐさ(スナップ)のさまざまなバリエーションを披露するユーモラスな「スナップ講座」。タキシードを着た黒人男性コーラスグループが歌う甘くノスタルジックなドゥーワップナンバー。心のうちの孤独や憧れを代弁するかのような、伝説的な黒人女性シンガーのビリー・ホリデイやニーナ・シモンたちの歌声。公園でのダンスや、食事をしたり歩きながらおしゃべりをする仲間同士のドキュメント的な映像。同作は自分たち(黒人ゲイ男性)のコミュニティー内部で流通する特有の言葉や表現、固有の文化を、映像のなかでダイレクトに示して見せる。

映画『タンズ アンタイド』予告編

そしてそのダイレクトさが顕著に現れるのが、作品の軸となる詩の朗読の場面である。詩人でもある監督のマーロン・リグスや、黒人でゲイの詩人エセックス・ヘンプヒルなどが画面に一人で現れ、それぞれ固有の顔と声を失うことなく、作品の鑑賞者・観客と対話を開こうとするように力強く語る。

カメラをじっと見据えた詩人たちによって発話される言葉を受け、観客は彼らに直接訴えかけられているかのような感覚を覚える。識者による解説やコメント、ナレーションといった客観的な言葉が紛れ込まず、個々の語りが尊重されることこそが『タンズ アンタイド』の特徴だ。

Page 1
次へ

イベント情報

『タンズ アンタイド』
映画『タンズ アンタイド』オンライン上映会

2021年6月29日(火)、30日(水)
上映作品:『タンズ アンタイド』(監督:マーロン・リグス)
料金:無料

プロフィール

ノーマルスクリーン

ジャンルや時代や地域を問わず、主に性的マイノリティーの人々の視点や経験を描いた映像作品を上映/紹介するシリーズ/プラットフォーム。2015年より東京を中心に活動し、年に一度、京都でQueer Visionsという上映イベントも共同開催している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」