コラム

蘇る50年前NYの歴史的フェス。黒人文化と誇りを祝福する記録映画

蘇る50年前NYの歴史的フェス。黒人文化と誇りを祝福する記録映画

テキスト
渡辺志保
リードテキスト・編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

1969年の夏、『ウッドストック・フェスティバル』が行なわれたのとほぼ同時期のアメリカで、『ハーレム・カルチュラル・フェスティバル』が開催された。『ウッドストック』の会場から約130km離れたニューヨーク・ハーレムの公園に集ったのは、スティーヴィー・ワンダーや、B.B.キング、Sly & the Family Stone、ニーナ・シモンら錚々たる面々。さらにアフリカンアメリカンの文化人、政治指導者も参加し、警備はブラックパンサー党が援助。6週間で30万人の観客がこの一大イベントを目撃した。

しかし、このイベントは『ウッドストック』のように音楽史に残る歴史的出来事として広く知られることはなかった。フェスを記録した映像はその後に日の目を見ることなく、約50年のあいだ、地下室に眠っていた。

映画『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』は、近年発掘された同フェスの映像に、当時の社会情勢を伝える映像、出演アーティストや当時の観客、現代のアーティストのインタビューなどを織り交ぜて構成されたドキュメンタリーだ。サブタイトルは、当時のブラックパワームーブメントのスローガンになった言葉でもあり、詩人、アーティストのギル・スコット・ヘロンの1970年の楽曲タイトルでもある“Revolution Will Not Be Televised(革命はテレビ中継されない)”からとられている。50年前のハーレムと現代をつなぐこの作品は、2021年の観客に何を伝えるのか? そして、この重要なフェスが歴史から「忘れられた」という事実は何を示すのか? 音楽ライターの渡辺志保が綴る。

アフリカン・アメリカンの人々の文化と歴史が刻まれた街、ハーレム

マンハッタンから地下鉄で北上し、125丁目の駅で降りる。そして、階段を昇って地上へ出るときの高揚感は何とも言葉にし難い。街角で売られているシアバターやインセンスの甘ったるい香りと、脂っぽい食べ物の香りが混ざって、何とも言えない空気に包まれる。私にとって、ニューヨークを訪れるたびに必ず滞在する場所が、ハーレムだ。

ハーレムには、歴史の香りも染み付いている。135丁目にはアフリカン・アメリカン研究には欠かせない巨大図書館のションバーグ黒人文化研究センターが位置し、さらに140丁目まで足を伸ばすと、ヒップホップファンにはお馴染みのビッグ・L(1999年に逝去したハーレムのアーティスト)の壁画がある。

ニューヨーク・ハーレム、「マルコム・X・ブルーバード」の標識 Photo by Kaysha on Unsplash
ニューヨーク・ハーレム、「マルコム・X・ブルーバード」の標識 Photo by Kaysha on Unsplash

目抜き通りで一際存在感を放っているのは、ジェームス・ブラウンをはじめ、数多のアーティストたちに愛されてきたあのアポロ・シアターだ。南方へ下っていくと、南北戦争が始まる前にいくつもの奴隷たちを自由へと導いた「奴隷解放の母」、ハリエット・タブマンの銅像がある。「マルコム・X・ブルーバード」や「マーティン・ルーサー・キング・ブルーバード」「W.E.B.デュボイス・アヴェニュー」など、アフリカン・アメリカンの偉人たちの名前を冠した近くの通りの標識を目にするたびに、このハーレムの地が、いかにアフリカン・アメリカンの人々にとって特別な意味を持つ場所なのかを感じ取ることができる。

マルコム・Xとキング牧師を失った1960年代末。黒人アーティストと観衆が集った真夏の出来事

1960年代のアメリカでは、公民権運動が盛んになる一方、1965年2月にマルコム・Xが、次いで1968年の4月にはキング牧師が暗殺された。当時、二人の革命家を奪われたアメリカの黒人たち。ニグロという差別的な名残の呼称は捨て去られ、代わりにブラックパワーの美しさと強さをまとった彼らは、その視線を、そしてその姿勢を新時代へと向けざるを得なかった。そして、それが大きなパワーとして噴出したイベントの一つが、『ハーレム・カルチュラル・フェスティバル』であった。

1969年の6月29日から8月24日までのあいだ、120丁目から124丁目にかけて広がる旧マウント・モリス公園(現マーカス・ガーヴェイ公園。ちなみにガーヴェイは主に1920年代にアフリカ回帰を提唱した指導者の名だ)で開催された音楽フェスティバルである『ハーレム・カルチュラル・フェスティバル』。スティーヴィー・ワンダー、B.B.キング、Sly & the Family Stone、マヘリア・ジャクソン、そしてニーナ・シモンら、錚々たるメンバーが登壇したこのフェスは、当時のテレビプロデューサーであるハル・トゥルチンによってフィルムに収録された。

映画『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』は『ハーレム・カルチュラル・フェスティバル』のライブ映像と、出演アーティストや参加者への新たなインタビューで構成される © 2021 20th Century Studios. All rights reserved.
映画『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』は『ハーレム・カルチュラル・フェスティバル』のライブ映像と、出演アーティストや参加者への新たなインタビューで構成される © 2021 20th Century Studios. All rights reserved.

『サマー・オブ・ソウル』本編を観てまず驚くのは、映像の鮮やかさ、そしてサウンドの豊かさだ。カメラ4台を駆使して撮影されたというこの貴重な映像は、製作費をまかなうためにハーレムの公園に降り注ぐ自然光をふんだんに利用したという。そして、モノラル録音で収録されたコンサートの音源は、その場の雰囲気をありありと伝えるに十分なクオリティを保ったまま。

およそ40時間にもわたるフッテージ映像を2時間弱のドキュメンタリー映画にまとめ上げたのは、ヒップホップバンド、The Rootsのドラマーとしても知られるクエストラブだ。ミュージシャンとしてだけではなく、音楽プロデューサーとして、演劇や映画の仕事も手がけ、『アカデミー賞』の音楽ディレクターやミシェル・オバマの公認プレイリストのキュレーターも務めている。また、自著も多数出版しており、アメリカ黒人のカルチャーや歴史を音楽を通じて具現化し、多くの人々に伝えてきた人物である。クエストラブが映画監督として作品を発表するのは、今回が初めて。本編を観ていると、彼がこの作品に注ぎ込んだ愛情がひしひしと伝わってくる。

『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』予告編

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』
『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』

2021年8月27日(金)公開

監督:アミール・“クエストラブ”・トンプソン
出演:
スティーヴィー・ワンダー
B.B.キング
The Fifth Dimension
The Staple Singers
マヘリア・ジャクソン
ハービー・マン
デヴィッド・ラフィン
Gladys Knight & The Pips
Sly & the Family Stone
Mongo Santamaría
ソニー・シャーロック
アビー・リンカーン
マックス・ローチ
ヒュー・マセケラ
ニーナ・シモン
ほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性