特集 PR

片桐仁と行く『アーティスト・ファイル2011』展

片桐仁と行く『アーティスト・ファイル2011』展

『片桐仁と行く『アーティスト・ファイル2011』展』をdel.icio.usに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 『片桐仁と行く『アーティスト・ファイル2011』展』をlivedoorクリップに追加 『片桐仁と行く『アーティスト・ファイル2011』展』をlivedoorクリップに追加

テキスト:橋本倫史 撮影:菱沼勇夫

2. 素材感をじっくり味わう楽しい展示

薄暗い部屋を抜けると、壁一面の霞が現れます。もこもこと広がっているのは水蒸気でも微粒子でもなく、なんと、ストロー。

片桐仁と行く『アーティスト・ファイル2011』展

「ス・ト・ロー?! うわー、全部糊でくっつけてあるんだ! 光の反射が面白いですね、コレ。影が動いて見える。やっぱり指定のストローがあるんでしょうね。『ここのストローじゃないと、私作れない』みたいなのが。硬さとか、透け具合とか…道具であり、作品なわけですもんね」

タラ・ドノヴァンの作品には、ストローやマイラー・テープといった日常生活にあふれる素材が使用されます。インダストリアルであるはずの素材が、大量に使用されることによって自然現象に見えてくるから不思議です。この「霞」に使用されたストローは、約200万本だと言います。

『片桐仁と行く『アーティスト・ファイル2011』展

「僕も雑誌の企画で、ストローを使って造形作品を作ったことがありますけど、せいぜい1000本でしたよ。この量を使うっていうのがすごいですね。200万本で作品作っちゃうんだもん、やっぱアーティストって過剰さを抱えた存在ですね」

そして、霞に包まれたふんわりした世界を出ると、一転してゴツゴツとした個体が待っています。中井川由季の作品は、巨大な陶芸。

『片桐仁と行く『アーティスト・ファイル2011』展

「うわ、大きい! 女性らしい細やかな色味なんだけど、エアーズ・ロックみたいな力強さがありますね! これはもう、SFですよ。ミイラが入ってる棺のようにも見えるし」

巨大な作品に共通するのは「線」。パーツごとに焼き上げた陶器を、ボルトで締めて繋いであります。

『片桐仁と行く『アーティスト・ファイル2011』展

「この、傷とでも言うべき穴、痛みを伴う感じがありますね。作品のタイトルは『外側から解く』? この真ん中のところ、傘立てじゃないですよね…って、どうしてもそういう考え方になってしまうな(笑)。僕は『陶芸は道具じゃなきゃいけない』っていう固定観念にとらわれてたけど、この作品は自由だもんなあ。陶芸、やりたくなってきますね」

橋本倫史

1982年東広島市生まれ。ライター。07年、リトルマガジン『HB』創刊、編集発行人を務める。『en-taxi』(扶桑社)、『マンスリーよしもとPLUS』(ヨシモトブックス)等に寄稿。向井秀徳初の著書『厚岸のおかず』(イースト・プレス)制作にも携わる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年