特集 PR

チェルフィッチュ『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』レビュー

チェルフィッチュ『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』レビュー

前田愛実

昨年ベルリンのHAU劇場で初演し、絶賛を浴びたというチェルフィッチュの『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』が、5月7日(金)〜5月19日(水)までラフォーレミュージアム原宿にて凱旋公演している。かの地でも大絶賛だったとは聞くが、外国人たちが、あのだらだらとした執拗な言葉の繰り返しを字幕付きで鑑賞し、さらに身振りを抽象的なとこまでに抽出したあのクネクネを見て、どうやって理解し、受け止めたのか、心底知りたいと思う。だってそもそも一等最初がホットペッパーネタだよ…。

劇団「チェルフィッチュ」とは?

チェルフィッチュとは自分本位という意味の英単語、セルフィッシュが、明晰に発語されぬまま幼児語化した造語であり、現代の日本、特に東京の社会と文化の特性を現したユニット名だという。この劇団は、今や演劇を見ている人間にとってはマスト劇団であり、2005年に演劇界の芥川賞と言える岸田戯曲賞を受賞した岡田の『三月の5日間』の作劇法は、まるで渋谷のマックで聞こえてくるような若者の緩い言葉づかいや立ち居振る舞いを、そのまま移植して増幅させたかのような、超リアルとでもいうべきものだった。この作品はポスト・チェルフィッチュな演劇が続出するほどの影響力ももち、チェルフィッチュ以前以降といった具合に、今日的な演劇を見る作法すらすっかりと塗り替えてしまったといっても過言ではない。

チェルフィッチュ『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』レビュー
photo:Toru Yokota

作・演出を手掛ける岡田利規は、最近では戯曲はもちろんのこと小説から紙芝居(!)まで創作し、2008年には小説『わたしたちに許された特別な時間の終わり』で大江健三郎賞まで受賞したツワモノである。今でこそ、前田司郎や本谷有希子、戌井昭人などの演劇人が小説を書き、並みいる文学賞の候補になっちゃったり、受賞しちゃったりなんてことは日常的な光景になってきた気もするが、一昔前にはまだまだ度がすぎたすごい離れワザだった。

浮き上がりきれない気分の可視化

チェルフィッチュ『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』レビュー
photo:Toru Yokota

反復する言葉の扱い方や身体性の特異性が注目されがちなチェルフィッチュ作品だが、一方で、そのコンテンツには若者と労働の問題が濃厚に描かれている。新国立劇場への初登場となった『エンジョイ』ではまんが喫茶を舞台にフリーターたちの日常を、『フリータイム』では出勤前のひと時をファミレスで過ごす女性の時間の自由を描いて、いわゆるロスジェネと呼ばれる世代の抱く、浮き上がりきれない気分を可視化させた。前作『わたしたちは無傷な別人であるのか?』は、これまでチェルフィッチュ「らしさ」として高く評価されてきたその特徴的な言葉と身体性を拍子抜けするほどぬぐい去り、新たな演技スタイルでもって、価値感の多様化したようでいて消費社会に絡めとられた現代にあって、幸福論を追求するという迷宮に果敢に踏み入る重厚な作品だった。

『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』

2010年5月7日(金)〜5月19日(水)
会場:東京 ラフォーレミュージアム原宿

作・演出:岡田利規

出演:山縣太一、安藤真理、伊東沙保、南波圭、武田力、横尾文恵
料金:前売3,500円 当日4,000円 学生3,000円
チケット購入はこちらから

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催