特集 PR

チェルフィッチュ『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』レビュー

チェルフィッチュ『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』レビュー

前田愛実

昨年ベルリンのHAU劇場で初演し、絶賛を浴びたというチェルフィッチュの『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』が、5月7日(金)〜5月19日(水)までラフォーレミュージアム原宿にて凱旋公演している。かの地でも大絶賛だったとは聞くが、外国人たちが、あのだらだらとした執拗な言葉の繰り返しを字幕付きで鑑賞し、さらに身振りを抽象的なとこまでに抽出したあのクネクネを見て、どうやって理解し、受け止めたのか、心底知りたいと思う。だってそもそも一等最初がホットペッパーネタだよ…。

劇団「チェルフィッチュ」とは?

チェルフィッチュとは自分本位という意味の英単語、セルフィッシュが、明晰に発語されぬまま幼児語化した造語であり、現代の日本、特に東京の社会と文化の特性を現したユニット名だという。この劇団は、今や演劇を見ている人間にとってはマスト劇団であり、2005年に演劇界の芥川賞と言える岸田戯曲賞を受賞した岡田の『三月の5日間』の作劇法は、まるで渋谷のマックで聞こえてくるような若者の緩い言葉づかいや立ち居振る舞いを、そのまま移植して増幅させたかのような、超リアルとでもいうべきものだった。この作品はポスト・チェルフィッチュな演劇が続出するほどの影響力ももち、チェルフィッチュ以前以降といった具合に、今日的な演劇を見る作法すらすっかりと塗り替えてしまったといっても過言ではない。

チェルフィッチュ『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』レビュー
photo:Toru Yokota

作・演出を手掛ける岡田利規は、最近では戯曲はもちろんのこと小説から紙芝居(!)まで創作し、2008年には小説『わたしたちに許された特別な時間の終わり』で大江健三郎賞まで受賞したツワモノである。今でこそ、前田司郎や本谷有希子、戌井昭人などの演劇人が小説を書き、並みいる文学賞の候補になっちゃったり、受賞しちゃったりなんてことは日常的な光景になってきた気もするが、一昔前にはまだまだ度がすぎたすごい離れワザだった。

浮き上がりきれない気分の可視化

チェルフィッチュ『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』レビュー
photo:Toru Yokota

反復する言葉の扱い方や身体性の特異性が注目されがちなチェルフィッチュ作品だが、一方で、そのコンテンツには若者と労働の問題が濃厚に描かれている。新国立劇場への初登場となった『エンジョイ』ではまんが喫茶を舞台にフリーターたちの日常を、『フリータイム』では出勤前のひと時をファミレスで過ごす女性の時間の自由を描いて、いわゆるロスジェネと呼ばれる世代の抱く、浮き上がりきれない気分を可視化させた。前作『わたしたちは無傷な別人であるのか?』は、これまでチェルフィッチュ「らしさ」として高く評価されてきたその特徴的な言葉と身体性を拍子抜けするほどぬぐい去り、新たな演技スタイルでもって、価値感の多様化したようでいて消費社会に絡めとられた現代にあって、幸福論を追求するという迷宮に果敢に踏み入る重厚な作品だった。

『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』

2010年5月7日(金)〜5月19日(水)
会場:東京 ラフォーレミュージアム原宿

作・演出:岡田利規

出演:山縣太一、安藤真理、伊東沙保、南波圭、武田力、横尾文恵
料金:前売3,500円 当日4,000円 学生3,000円
チケット購入はこちらから

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今