特集 PR

あらためて知っておくべき映像作家フィオナ・タンの美しき世界

あらためて知っておくべき映像作家フィオナ・タンの美しき世界

内田伸一
撮影:菱沼勇夫

21世紀の始まりに、赤い風船で自ら大空に浮かんだ『リフト』。マルコ・ポーロの旅路を、架空の博物館や現在の映像アーカイブで紡ぎ直す映像詩『ディスオリエント』。フィオナ・タンの作品は、ときにドキュメンタリーとフィクションの間を行き交いつつ、記録と記憶、見ること・見られることの関係を繊細に問いかけます。写真・映像を軸にした表現の中に、詩人の表現力と、学者の探究心が共存するようなその世界。そんな彼女の都内初の大規模個展『フィオナ・タン まなざしの詩学』展が、東京都写真美術館で開催中です。今回は、2009年『ヴェネチアビエンナーレ』オランダ館出品作を含む新旧代表作が集う貴重な機会。そこで、先日行われたアーティストトークでの本人のことばも手がかりに、その作品世界に「まなざし」を注いでみましょう。

子どもの頃に観た映画『赤い風船』の空中遊泳に憧れて、ミレニアムに風船旅行を試みる

会場入口をくぐると、まず登場するのが『リフト』(2000年)です。そこにあるのは、無数の風船を体にゆわえ、空に浮かんだ女性の姿でした。より詳しく言えば、同作は大きく3パートから成っています。すなわち、「地面から浮き上がろうとする人のばたつく足をとらえた動画」「大空へ浮き上がった様子をとらえる映像と写真」、そしてこれに用いた「赤い風船を手にした、子どもたちの静止画」です。

フィオナ・タン『リフト』2000年 フィルム、ビデオインスタレーション
フィオナ・タン『リフト』2000年 フィルム、ビデオインスタレーション

フィオナ・タン(以下タン):これは新世紀、新千年紀を迎えた2000年に作った作品です。私の住むオランダでも当時、世紀の変わり目を祝うポジティブな雰囲気がありました。そこで私が思ったのは、では100年前はどうだったのか? ということです。ちょうど写真撮影が広く人々に親しまれていく時期で、映画の黎明期でもある。さらに、人が「空を飛ぶこと」に強く惹き付けられていた時代でもありました。こうしたことから、実際に私自身が風船で空を飛んでみることを思い立ったんです。

子どものころ、映画『赤い風船』の絵本版を見て空中遊泳に憧れたという彼女。飛翔する女性(タンさん自身)や子どもたちの姿に新世紀への夢を感じると同時に、風船飛行とその記録行為には、前世紀の営みにオマージュを捧げる想いも感じます。モノクロームの飛行映像は、いにしえの飛行実験の記録を思わせる一面も。時空を超えた詩情が静かにたゆたう作品です。展覧会の冒頭を飾るこの空間に、すでにいくつもの「まなざし」が内在しているのに気付くでしょう。

フィオナ・タン『リフト』2000年 フィルム、ビデオインスタレーション 東京都写真美術館蔵
フィオナ・タン『リフト』2000年 フィルム、ビデオインスタレーション 東京都写真美術館蔵

800年の時空を超えて、マルコ・ポーロの旅路を往く映像インスタレーション

続く『ディスオリエント』は、2009年『ヴェネチアビエンナーレ』にて、オランダ館の代表作家としてタンさんが発表した映像インスタレーション。2つのスクリーンが斜めに対置されています。内容は、ヴェネチアを出発地としたマルコ・ポーロの旅行記『東方見聞録』をもとに、フィクション、ノンフィクションが交差するもの。

フィオナ・タン『ディスオリエント』2009年 HD、ビデオインスタレーション
フィオナ・タン『ディスオリエント』2009年 HD、ビデオインスタレーション

タン:「リフト」が重力に逆らってアムステルダムの公園を飛行旅行することだったとすれば、この作品では歴史を800年遡り、地球を半周する旅を試みたとも言えます。時空間的、地理学的、政治社会学的にも東洋との結びつきが強かった、ヴェニスという場所を強く意識した作品です。

一方のスクリーンには、「もしマルコ・ポーロが自らの旅路で目にし、集めたものを収蔵する博物館を持っていたら?」という想像を視覚化した、謎めいた収蔵庫が入念なカメラワークで映し出されます。もう1つの画面には、やはり彼が旅した各土地の、現代の様子をとらえた映像群。これはタンさん自身が撮影したものと既存の資料映像からなります。これらに『東方見聞録』からの抜粋朗読によるナレーションが重なっていきます。

実は収蔵庫の映像は、同作初公開の場となったヴェニスのオランダ館その場所で、撮影されたもの。ゆえに同館を訪れた人は、自分の立っている場所からの視点で撮られた映像を目にする、という入れ子構造も密かに導入されていました。今回は東京に場所を移した展示ですが、やはり『東方見聞録』に登場する極東の国、ジパングでこれを見る体験は、また違う視点をくれそうです。彼がついに訪れることのなかった日本にこの作品がやってきた意味も考えると、面白いですね。

フィオナ・タン『ディスオリエント』2009年 HD、ビデオインスタレーション
フィオナ・タン『ディスオリエント』2009年 HD、ビデオインスタレーション

タン:偶然ですが、マルコ・ポーロが長旅から帰国したのは40代前半で、これは制作当時の私の年齢とほぼ一緒です。撮影のために、私自身もトラック2台に必要なあれこれを積み込み、列車、船と乗り継いでの設営・撮影となりました。なおこの架空の博物館には、意識的に、時代にそぐわないものも挿入したり、見る人の物欲を刺激する映像にしようと考えました。そのことによって、もう1つの記録映像との対比が生むものを強調したかった。またこの作品では、現在のグローバルな経済状況についてもとらえようとしています。

淡々としたナレーション音声――その地の名産、住人の外見や気質、食文化などの説明――に重なる、奇妙な博物館の風景や、旅路となった地の数百年後の様子。そこで時を超えて結びつくものと、変わってしまったものを凝縮体験する感覚もあります。なおタイトル『ディスオリエント』には、ちょっとした言葉遊びも入っているそう。この言葉は、体をくるくる回した直後に自分の立ち位置がわからなくなる状態を示します。同時に、否定を意味する「Dis」と、西洋から見た東洋(Orient)をつなげたものと考えれば、また別の意味も連想されるでしょう。

Page 1
次へ

イベント情報

『フィオナ・タン まなざしの詩学』

2014年7月19日(土)~9月23日(火・祝)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館
時間:10:00~18:00(木、金曜は21:00まで、共に入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(ただし月曜が祝日の場合は開館し、翌火曜休館)
料金:一般900円 学生800円 中高生・65歳以上700円
※小学生以下および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
※第3水曜は65歳以上無料

大阪会場
2014年12月20日(土)~2015年3月22日(日)
会場:大阪府 国立国際美術館

プロフィール

フィオナ・タン

1966年プカンバル(インドネシア、スマトラ島)生まれ、現在はアムステルダム(オランダ)を拠点に活動。中国系インドネシア人の父とオーストラリア人の母をもち、オーストラリアで育つ。1988年よりアムステルダムに移住し、リートフェルトアカデミー、ライクスアカデミーで学ぶ。『横浜トリエンナーレ』(2001年)、『第8回イスタンブル・ビエンナーレ』(2003年)、『ドクメンタ11』(2002年)、オランダ館代表をつとめた『ヴェネチアビエンナーレ』(2009年)など多くの国際展に参加。東京都写真美術館においては、『第2回恵比寿映像祭 歌をさがして』(2010年)で展示・上映両部門に出品している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化