特集 PR

『GRAPHIC IS NOT DEAD.』 Vol.3 菊地敦己 誰かに与えてもらうのではない「グラフィックの可能性」

『GRAPHIC IS NOT DEAD.』 Vol.3 菊地敦己 誰かに与えてもらうのではない「グラフィックの可能性」

内田伸一
撮影:越間有紀子

「うん、肩書きは『グラフィックデザイナー』でいいですよ」。インタビュー前に趣旨を説明するにあたり、最前線で活躍するグラフィックデザイナーとして登場頂きたいことを伝えると、菊地敦己はそう言った。しかし彼の仕事には、グラフィックデザインを軸としつつ、この言葉だけではくくれない広がりがある。青森県立美術館のロゴや建物全体に配置されるシンボルマークを始めとするVI(ビジュアルアイデンティティー)計画、「mina perhonen」「Sally Scott」のブランディング、また雑誌のアートディレクションや、自身のブックレーベル「BOOK PEAK」での出版活動。そして、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館内でのカフェ運営まで。しかし、いくつもの顔を使い分けるクリエイターというより、やりたいこととやるべきことを結びつける名手のような雰囲気も彼には漂う。「この社会には何かのためのデザインが多すぎる」というその姿勢は、いま改めてグラフィックの存在のありようを考えるヒントをくれる。

自分のイラストを入稿すると、デザイナーが上げてくるレイアウトがつまらなかった。だからMacを買ってレイアウトを組み始めたのが始まりです。

―菊地さんは、武蔵野美術大学に在学中から、既にデザインの仕事を始めていたそうですね? でも、専攻は美術学部の彫刻だったとか。

菊地敦己
菊地敦己

菊地:もともと、自分では絵描きになると思っていたんですね。予備校ではグラフィックデザインのクラスにいたのですが、講師にイラストレーターの方もいて、公募展のカタログを見せてもらったりしました。それで面白いなと思って、自分も描き始めたんです。ただ、絵って広い場所も要らないし、いつでも描ける。だからどうせ美大に入るなら、環境がないとできない手間のかかる表現をやってみるか、というのが彫刻を選んだ理由です。あと、同時にグラフィックデザインでも受験したんですけど、結局受かったのが彫刻だったっていうのもありますけど(笑)。

―では学生時代に始めた仕事も、イラストが出発点?

菊地:そうですね。描いたものを『イラストレーション』誌の誌上コンペとか、JACA(国際芸術文化振興会)展に応募したんです。大きな賞は取れなかったけど、割とすぐ入選して、小さな仕事もやらせてもらえるようになって。自分は学校の中でやるより、こういう形で社会に出て行ったほうが早いかもな、と思った経験でした。

「Sally Scott」2013 a/w ポスター
「Sally Scott」2013 a/w ポスター

―自立心の高い学生だったんですね。

菊地:そのあと展覧会をやったり、いったん休学したり、ちゃんと彫刻にも取り組んだり(笑)、色々あるんですけど。当時はバイトしながらの制作活動でしたが、その状態がいつまで続けられるの? という疑問もあって。お金がないせいで自分の時間が他のことに取られるのはイヤだなって思うと、やはりイラストの仕事は直接稼げるところがいいなと感じていました。

―そこからグラフィックデザインを始めたきっかけは?

菊地:イラストを渡してデザインされたものが上がってくると、どうにもつまらない。納得がいかないから、注文をつける。そうすると「じゃあどんなのがいいの?」って聞かれるんですが、そこで自分で作って見せられたら早いじゃないですか。当時、パソコンはまだ高かったけど、ちょうど一般的になってきた頃でした。思い切って借金してMacを買って、レイアウトを組み始めたのが始まりです。

「PLAY」展示風景 青森県立美術館
「PLAY」展示風景 青森県立美術館

―その頃は、手描きのイラストをMacに取り込んでいたんですか? それとも直接Macで描きました?

菊地:両方でしたけど、Macを買ってしばらくしてからは、直接Illustratorで描くようになりました。手描きのイラストを取り込んでもいいけど、画像が重いとマシンが固まっちゃうから(笑)。

―現在の菊地さんのグラフィックデザインも、Illustratorのベジェ曲線だけで描いたような、シンプルな要素が軽妙に関わり合う印象が強いですが、当時の重たいデータに耐えられないPC環境がそのルーツ?(笑)

菊地:あぁ〜、そう……なのかなぁ?(笑)

Page 1
次へ

イベント情報

『Graphic Grand Prix by Yamaha』

応募期間:2012年6月29日(金)〜9月30日(日)
テーマ:「存在。」
審査委員:
日比野克彦
梅村充(ヤマハ株式会社代表取締役社長)
ヤマハ株式会社デザインセクションメンバー
柳弘之(ヤマハ発動機株式会社代表取締役社長)
ヤマハ発動機株式会社デザインセクションメンバー

書籍情報

『物物』
『物物』

2012年7月30日発売
著者:猪熊弦一郎、ホンマタカシ、岡尾美代子、堀江敏幸
編集:菊地敦己
監修:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
価格:2,940円(税込)
発行:BOOK PEAK

プロフィール

菊地敦己

1974年東京生まれ。武蔵野美術大学彫刻科中退。東北芸術工科大学客員教授。1995年、在学中にネオ・スタンダードグラフィックスを立ち上げ、グラフィックデザインの仕事を始める。1997〜1998年「スタジオ食堂」プロデューサー。2000年ブルーマークを設立。アートディレクターとしてファッションブランドのブランディング・イメージ、雑誌等のエディトリアルデザイン、飲食店のプロデュースほか、多角的なデザイン活動を展開。2006年に、JAGDA新人賞とADC賞、2007年にはニューヨークTDC賞、日本サインデザイン協会賞(SDA)奨励賞受賞。2011年3月でブルーマークを解散し。4月から株式会社菊地敦己事務所を設立している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送