特集 PR

『この人に、この人生あり!』 第3回:時代を共有/超越するデザイン groovisions(グラフィックデザインチーム)

コンピュータ制作がもたらした「ジャンル越境」の原点

キーパーソンとの出会いに加え、groovisions誕生の背景にある重要なファクター、それは高性能なパーソナルコンピュータの出現でした。

groovisions 伊藤弘

伊藤:僕自身は大学でビデオアートの制作をしていて、VJ・DJの活動もそこから自然につながっていきました。その中で、当時の高性能機であるAppleのMacintosh IIfxなどで、ようやくグラフィックや映像が作れるようになったんです。ただ当初は、作った映像をリアルタイムで動かすことはまだできなくて、コマ撮りしたりVHSに吐き出して使っていたんです。ともあれ、90年代初頭にパソコンでのグラフィックや映像制作が可能になっていった流れは、僕らの表現のルーツといってもいい。

現在ではグラフィックやムービー制作を中心に、音楽、出版、プロダクト、インテリア、ファッション、ウェブなど多様な領域で活動するgroovisions。原点はこの時期の体験にあるのかも、と伊藤さんは語ります。

伊藤:それまでパソコンでのグラフィックや映像制作は、まだちょっと先の未来の話みたいだった。でも実際にやり始めると「いちどコンピューターの中で設計しておけば、アウトプットはいろいろなメディアをえらぶことができる」と実感したんです。だから、自分たちでジャンルを限定しないで、何でもやれるならそれがいい、 という気持ちは当初からありましたね。

groovisions オフィス

いっぽう、京都時代はピチカート・ファイブとの協働をきっかけに仕事の幅も広がっていきましたが、仕事相手のほとんどが東京拠点だったため、やりとりには苦労したそうです。

伊藤:今ほどネットで何でもやりとりできる環境ではなかったし、色校(印刷物の刷り具合の最終確認)はやっぱり目で確認する必要があるので、当時は「新幹線便」をよく使いました。書類などを新幹線で運んでくれるんです。でも京都駅には止まらないので、新大阪まで受け取りに行って、その場でチェックしてまた新幹線で戻すっていう(笑)。とはいっても、京都時代の最後の時期は、週3くらいで京都と東京を往復するのが日常でした。拠点を東京に移したのはそういう経緯からです。

垣根なき表現を支えるのは、意外にも「ルール」づくり

音楽界では、旧知のピチカートやFPMをはじめ、様々なミュージシャンのCDパッケージやPVのアートディレクションを担当。Corneliusによる『Wataridori』のPVなども、グルビの手によるものです。RIP SLYMEのメジャーデビュー時に手がけたアートディレクションは、メンバーが『天才バカボン』のキャラクターと化したような「そうきたか!」というアイデアが注目されました。故・赤塚不二夫先生にお墨付きを得ての作品です。

さらに、インテリアデザイナー・片山正通さん(Wonderwall)とは、彼が空間デザインを手がける数々の企業や店舗の、ロゴやサインをグルビが手がける形でビジュアルコラボレーションを展開。かと思えば美術家・村上隆さんによる『スーパーフラット』展に参加し、村上さんとビートたけしさんの共著『ツーアート』では2人が並んだ強烈な装丁フォトも担当。近年は銀座のメゾンエルメスでウィンドウディスプレイや、フリーマガジン『Metro Min.』のアートディレクションも担当し、またシンガポールや香港での個展など、活動の舞台はボーダーレスに広がっていきます。

groovisions

しかし、自由奔放に見えるデザインワークの中で、彼らが大切しているのは意外にも作品ごとの「ルール」づくりだとか。

伊藤:なるべく普遍的、機能的、合理的なもの、そしてみんなが共有できるものをつくろう。これが常に思っていることなんです。そのためにも、また「こういうルールだったら面白いものができるんじゃないか」という意味でも、自分たちで制約をつくることが重要な部分です。それが作品のアイデンティティにもなるし、僕らが目指す「動くグラフィックデザイン」的なものにもつながっています。

そう言われてみれば、HALFBYの名を広く知らしめることになったPV群(奇妙な歩き方のオジサンが音楽にのってひたすら街を進んでいくもの)も、ある決まり事のなかでいかに遊び倒すか、という試みが人々を惹き付けたのかもしれません。ファンが自らこの歩きを再現するオフ会が各地で実行されるなど、思いがけない広がりも。これもグルビ作品の「皆が共有できる表現」という魅力を物語るエピソードのひとつでしょう。

PAGE 1 > 2 > 3

『この人に、この人生あり!』

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像