特集 PR

意外と身近にある みんなのメディア芸術 Vol.5 スマートフォンを宇宙へ 『SPACE BALLOON PROJECT』の舞台裏

意外と身近にある みんなのメディア芸術 Vol.5 スマートフォンを宇宙へ 『SPACE BALLOON PROJECT』の舞台裏

宮崎智之(プレスラボ)
インタビュー撮影:小林宏彰

『第15回文化庁メディア芸術祭』のエンターテインメント部門で『SPACE BALLOON PROJECT』が大賞を受賞した。このプロジェクトは、約30,000メートルの成層圏まで、画面にユーザーのメッセージを表示させたスマートフォンGALAXY S IIをバルーンで飛ばし、フライトの一部始終をUSTREAMで中継したものだ。昨年はソーシャルメディアを活用したさまざまな取り組みが行われたが、これほどまでのロマンとスケール感でユーザーを惹きつけた試みは、他になかったのではないだろうか。また、サムスン電子が製造するGALAXY S IIのプロモーションとして行われたこの「広告」プロジェクトが、「エンターテインメント」の作品としても大きく評価された。今回は、プロジェクトに関わった博報堂の大八木翼、通信など技術面のサポートを行ったバスキュールの馬場鑑平、中継中の楽曲を提供したミュージシャン、□□□(クチロロ)の三浦康嗣の3人による対談をお届けする。メディア環境が劇的に変化するなか、クリエイティブに新機軸を提示した同プロジェクトの現場ではどのようなことが起きていたのか、詳しくお伺いした。

「広告」と「エンターテインメント」の境目が溶解した2011年

―まずは、文化庁メディア芸術祭のエンターテインメント部門で大賞を受賞した感想をお聞かせいただけますか?

大八木翼
大八木翼

大八木:文化庁メディア芸術祭には、昔からすごく憧れていたんですよ。会場にも何度も足を運んで、「ここに自分の作品が展示されるといいな」と思っていました。また、インターネットを使ったプロジェクトって参加者層を限定してしまいがちですから、会場に展示されることで、子どもからおじいちゃんおばあちゃんにまで作品を見せられるのも楽しみですね。憧れの作家さんたちと作品が並べて展示される、というのも純粋にうれしいです。


三浦:「文化庁」という、国の冠が付いているところもすごいですよね。演劇人なんかだと、国から助成金をもらったりすることも多いと思いますが、(商業的な)ミュージシャンにはあまりそういう機会がないし、音楽を通じてパブリックな賞を受賞する作品に関われたことは、純粋に嬉しいですね。

馬場:その一方で、僕はちょっと困っていることもあって。というのは、これまで広告賞を頂いたことはあったのですが、今回はエンターテインメント部門での受賞ということで、とても嬉しいのと同時に、「広告」と「エンターテインメント」の境目がどこにあるのか、ますます分からなくなってきたところもあるからなんですね。

『SPACE BALLOON PROJECT』実施風景
『SPACE BALLOON PROJECT』実施風景

―2011年は本プロジェクトに限らず、ユーザー参加型のインタラクティブな広告が増加した年でしたね。

馬場鑑平
馬場鑑平

馬場:ソーシャルメディアやリアルタイムメディアがインフラ化してきたお陰で、ユーザー参加型のコンテンツを展開することが非常にラクになってきました。今回はそれらに乗っかる形で、広告とエンターテインメントが同心円上にあるようなコンテンツを作れてしまった気がします。でも、やってる最中は本当に必死で振り返る暇も無かったので、今回結局何が成功したとされているのか、広告とエンターテインメントの関係性におけるルールを抽出していきたいですね。


大八木:僕はこれからの広告って、より「ユーザーのもの」になっていかなければいけないと思っています。メディアや視聴形態が変化するなか、ユーザーに応援されたり、感動されたりする体験が先にあって、そのうえで商品を好きになってもらい、企業の社会的価値をアピールしていく必要がある。そういった文脈で言うと、今回のプロジェクトも、エンターテインメントとしてフラットに見たときに「感動したよね」とか「面白かったよね」とか言われるものを作れたことは、とても意義があると思いますね。

三浦:僕も広告がエンターテインメントになることについては、「めっちゃいいじゃん」って思いましたね。

実際に打ち上げてから分かった、プロジェクトの本当の意味

―「メッセージをスマートフォンに乗せて宇宙に飛ばす」というロマン溢れるプロジェクトですが、どのようにこのアイデアへ至ったのでしょうか?

大八木:実はかなり早い段階から「宇宙に飛ばしたら面白いかも」という意見が出てきていたんです。「GALAXYって『銀河』という意味だし、これは絶対に面白い」って。

馬場:「SPACE BALLOON」に関連する取り組みはこれまでも行われていたんですけど、リアルタイムで中継するようなケースは無かった。だったら生中継して、メッセージもリアルタイムに表示できるようにして、みんなで宇宙に行こうよ! と。ただ、その時90分という長時間を無音で見続けるのは難しいと思ったので、三浦さんたちミュージシャンの音楽がきっと必要だなと思ったんです。

『SPACE BALLOON PROJECT』実施風景、写真左手前が馬場
『SPACE BALLOON PROJECT』実施風景、左手前が馬場

―三浦さんはオファーをもらったとき、どのような印象を受けましたか?

三浦:企画書を読んだときは、まだあまりよく分かりませんでした。とりあえず曲の長さを聞いてみたら、「長ければ長いほどいい」という答えで。

大八木:先ほど馬場さんが言っていたとおり、風船が上空にあがって落ちるまで、みんなにずっと見てもらえるエンターテインメントになるかどうか、という不安がありました。どうすれば飽きずに視聴できるかを考えてみたときに、「自分の好きな音楽が流れていること」だと気づいたんです。ですから、僕やスタッフの好きなミュージシャンに声を掛けることにしました。好きなミュージシャンだから、当然細かい注文もしませんし、「90分の宇宙フェス」を開催するようなノリでしたね。

三浦:はじめは坂本美雨とかコトリンゴとか、プロジェクトに参加した友達とも「どういう映像になるのか想像つかないね」って話していたんですけど、終わった後は「めっちゃ良かったよね!」って言い合っていました。実際に打ち上げられて、音楽とメッセージが流れたときに、ようやく面白さを実感できたんです。

―宇宙をバックに自分の音楽が流れる体験は初めてだったと思いますが?

三浦:たくさんの知らない人たちが書いたメッセージがリアルタイムで流れるなかで、自分の音楽が流れるという体験もめったにないし、あの曲をそういう環境で音楽を聴いてもらえることは音楽家冥利につきましたね。今回のプロジェクトは、視聴者が自分なりの物語を編みながら観ることができた点も嬉しかったです。

Page 1
次へ

イベント情報

『第15回文化庁メディア芸術祭』受賞作品展

2012年2月22日(水)〜3月4日(日)※2月28日(火)休館
会場:東京都 国立新美術館

プロフィール

大八木翼

1980年、山形生まれ。博報堂勤務。クリエイティブディレクター、コピーライター。コピーをベースにした戦略策定から、映像表現、グラフィック、プロモ&アクティベーション、インタラクティブコンテンツの開発にいたるまで、あらゆるクリエイティブワークを自身のフィールドとする。

馬場鑑平

1976年、大分生まれ。バスキュール勤務。クリエイティブディレクター、ウェブディレクター。広告、アトラクションイベント、教育、アートなどの様々な領域で、デジタルを用いたコミュニケーションコンテンツの開発に携わる。

三浦康嗣

□□□(クチロロ)主宰。作詞、作曲、編曲、プロデュース、演奏、歌唱、プログラミング、エディット、音響エンジニアリング、舞台演出等々をひとりでこなし、多角的に創作に関わる総合作家。岸田國士戯曲賞を受賞した『わが星』の音楽も担当。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと