特集 PR

アートコレクターという豪快な生き方「高橋コレクション」を観る

アートコレクターという豪快な生き方「高橋コレクション」を観る

坂口千秋
撮影:越間有紀子

村上隆、奈良美智、会田誠、Chim↑Pom、名和晃平、草間彌生、横尾忠則、森村泰昌、荒木経惟、蜷川美花、束芋、山口晃、ヤノベケンジ……、アートに詳しくなくても、一度は耳にしたことのある著名アーティストが勢揃い。これら、日本の現代アーティストオールスターによる作品を、美味しいところだけ味わえるコンピレーションアルバムのようにまとめて観られるのが、東京オペラシティアートギャラリーで開催中の『高橋コレクション展 ミラー・ニューロン』です。

「高橋コレクション」とは、精神科医である高橋龍太郎が、1990年代から本格的に集め出した、日本の現代アートコレクション。それは、質、量と共に、美術館に匹敵する陣容で、日本の現代アートを語る上で欠かせないコレクションとなっています。

内外の美術館からの作品貸し出し依頼や、展覧会オファーなど、いちコレクターによるプライベートコレクションがなぜここまで成長し、影響力を持つようになったのか。東京オペラシティアートギャラリーで始まった新しい『高橋コレクション展 ミラー・ニューロン』を訪問して、その秘密を探ってみました。

(メイン画像:名和晃平『PixCell-Lion』2015年 Photo: 表恒匡 SANDWICH)

アートへの尋常ならざる情熱を傾けるコレクター

『ハーブ&ドロシー』という、世界有数の現代アートコレクターの日常を追ったドキュメンタリー映画があります。生活費を削り、狭いアパートに雪崩が起きるほど積み上げた作品の隙間で暮らす仲睦まじい老夫婦。日本ではわりとほのぼのとした雰囲気の映画として紹介されていましたが、そこには凡人にはとても真似できない、狂気にも似た情熱がハッキリと映し出されていました。まさに「アートの病」に侵されたコレクター。その姿には戦慄すら覚えます。

一方、美術館でも展示に躊躇するような巨大作品を手に入れる。そんなアートへの尋常ならざる情熱を傾けるコレクターが日本にいます。都内に3つのクリニックを持つ精神科医、高橋龍太郎。彼が収集した「高橋コレクション」は、今や現代アート界の大物となった村上隆、奈良美智、会田誠らの貴重な初期作品や代表作を始め、1990年代以降の日本のアートシーンを俯瞰できる重要なコレクションです。その作品は、これまでもさまざまな展覧会を通して多くの人の目に触れ、今や世界からも注目が集まるまでになりました。

奈良美智『in the Darkland』(1999年) ©Yoshitomo Nara
奈良美智『in the Darkland』(1999年) ©Yoshitomo Nara

森村泰昌『モナ・リザ』シリーズと『Doublonnge: Dancer 2』(1988年)©MORIMUA Yasumasa
森村泰昌『モナ・リザ』シリーズと『Doublonnge: Dancer 2』(1988年)©MORIMUA Yasumasa

1990年代以降の日本のアートを「ネオテニー(幼形成熟)」という独自の切り口で紹介、全国7か所の美術館を巡回し、約12万人を動員して話題となった展覧会『ネオテニー・ジャパン―高橋コレクション』(2008年~)。震災以降の日本を元気にしたいという思いから、「あるがままに受け入れること」「今、ここにあることの気づき」をテーマにした展覧会『高橋コレクション展 マインドフルネス!』(2012年~)などで、その存在を知った方も多いかもしれません。

欧米アートシーンと1000年以上の日本の伝統の間に挟まれた、日本現代アート

今回、東京オペラシティアートギャラリーで開催中の『高橋コレクション展 ミラー・ニューロン』は、その第3弾。2000点以上に及ぶ膨大なコレクションの中から選ばれた52作家による約140点の作品は、過去シリーズ最大級の規模になります。

タイトルの「ミラー・ニューロン」とは、他人の行為を見て、それがまるで自身の行為であるかのように反応する神経細胞のこと。「共感細胞」や「模倣細胞」とも呼ばれ、ミラー・ニューロンがもたらす模倣行動によって、人は他者への理解や共感を持つことができるともいわれます。

会田誠『紐育空爆之図(戦争画RETURNS)』(1996年)© AIDA Makoto
会田誠『紐育空爆之図(戦争画RETURNS)』(1996年)© AIDA Makoto

ヤノベケンジ『イエロー・スーツ』(1991年)© YANOBE Kenji
ヤノベケンジ『イエロー・スーツ』(1991年)© YANOBE Kenji

マンガやアニメなどから受けた「幼さ」や「可愛いらしさ」といった影響を隠さず、そこに超絶技巧や細密描写をハイブリッドする特徴が見られた、1990年代以降の日本のアート作品。それらを「未成熟なままの成人=ネオテニー」として紹介した『ネオテニー・ジャパン』に対して、『ミラー・ニューロン』は、この「ネオテニー」を内包しつつ、より歴史的な広い視点を交えて日本の現代アートを位置づけようという試みです。親しみやすい現代アートの入門編であるだけでなく、戦後日本のアートの潮流を一望するまでに成長した「個人のコレクション」として、圧倒的なエネルギーを実感することでしょう。展覧会にあたり、高橋は次のような言葉を寄せています。

「日本の現代アートシーンは、正面に西欧のアートミラーがあり、背後に千年の伝統ミラーを見据え得る合わせ鏡の只中にある」(『高橋コレクション展 ミラー・ニューロン』カタログより 玄光社)

欧米の現代アート文脈で、1980年代に広まった「シミュレーションアート(カットアップ、サンプリング、リミックスといった手法を特徴とするアート)」と呼ばれたものが、日本においては「見立て」「やつし」「本歌取り」といった伝統的な美意識における「なぞらえ」の文化として1000年も昔から存在している。欧米と日本のこうした合わせ鏡に挟まれた日本の現代アートは、つまりどちらを向いても「模倣」の中にある。その状況で、むしろ積極的に模倣から独自の表現へと昇華させてきたのが日本の現代アートだ、というわけです。

『ミラー・ニューロン』は、これまで紹介されてきた、1990年代以降の作品に加えて、草間彌生や「もの派」など、戦後の前衛芸術も紹介することで、高橋コレクションのベスト・オブ・ナウだけでなく、日本のアートのルーツまで遡って見せてしまおうという、じつに野心的な展覧会なのです。

Page 1
次へ

イベント情報

『高橋コレクション展 ミラー・ニューロン』

2015年4月18日(土)~6月28日(日)
会場:東京都 初台 東京オペラシティ アートギャラリー
時間:11:00~19:00(金、土曜は20:00まで、入場は閉館の30分前まで)
出展作家:
会田誠
青木陵子
青山悟
淺井裕介
荒木経惟
安藤正子
池田学
伊藤存
井上有一
榎倉康二
大岩オスカール
岡田謙三
小沢剛
小谷元彦
風間サチコ
樫木知子
加藤泉
加藤美佳
金坂健二
草間彌生
鴻池朋子
小林孝亘
小林正人
近藤亜樹
塩保朋子
菅木志雄
須田悦弘
関根伸夫
辰野登恵子
束芋
Chim↑Pom
中村一美
奈良美智
名和晃平
西尾康之
蜷川実花
橋本雅也
舟越桂
町田久美
松井えり菜
丸山直文
Mr.
宮永愛子
村上隆
村瀬恭子
森村泰昌
森山大道
やなぎみわ
ヤノベケンジ
山口晃
横尾忠則
李禹煥
休館日:月曜
料金:一般1,200円 大・高生1,000円
※中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料

ギャラリートーク
『コレクターVSアーティスト』

2015年5月24日(日)16:00~17:00
会場:東京都 初台 東京オペラシティ アートギャラリー展示室内
出演:
高橋龍太郎
鴻池朋子
近藤亜樹
松井えり菜
宮永愛子
ほか
料金:無料(要展覧会入場券)

対談
『名和晃平VS鈴木芳雄』

2015年5月16日(土)14:00~15:00
会場:東京都 初台 東京オペラシティビル7階第一会議室
出演:
名和晃平
鈴木芳雄
定員:80名
料金:無料

プロフィール

高橋龍太郎(たかはし りゅうたろう)

精神科医、医療法人社団こころの会理事長。1946年生まれ。東邦大学医学部卒、慶応大学精神神経科入局。国際協力事業団の医療専門家としてのペルー派遣、都立荏原病院勤務などを経て、1990年東京蒲田に、タカハシクリニックを開設。専攻は社会精神医学。デイ・ケア、訪問看護を中心に地域精神医療に取り組むとともに、心理相談、ビジネスマンのメンタルヘルス・ケアにも力を入れている。ニッポン放送『テレフォン人生相談』担当。著書に「恋愛の作法」など。日本現代アートのコレクターとして著名で、そのコレクションは、展覧会『ネオテニー・ジャパン 高橋コレクション』(2008年7月~2010年5月、上野の森美術館をはじめ全国に巡回)などで紹介されてきた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

MONO NO AWARE“東京”

一言で「東京」と言っても、いろんな場所があるし、そこに暮らす人の価値観や思想もさまざま。MONO NO AWAREの新作より、玉置周啓と加藤成順の故郷・八丈島(ここも東京)をドキュメンタリータッチに切り取った“東京”のPVが公開。<みんながみんな 幸せになる方法などない><無理くり手をつないでも 足並みなどそろわない>という歌い出しにハッとさせられる。私とあなたの違いを「受け入れる」のではなく、その違いをもっとポジティブに捉える思考の転換が僕らには必要なのかもしれないですね。これ、マジの名曲です。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く