特集 PR

早く人間になりたい Neat’s(26歳女子)

新津由衣の、本当のこと

同い年の私からすれば新津は、例えばもっと自信満々なキャラクターであったとしても納得できるくらいの経歴を持っている。しかし、目の前にいる彼女の話から感じ取れる本当の姿は、弱くて、繊細で、とにかく必死だ。死に物狂いで、人と繋がろうとしている。どうして彼女はこんなにも生きづらさを抱えてしまったんだろうか。

ちなみに新津は、RYTHEMを解散した後、アルバイトの面接を受けたことがあるそうだ。「同世代の女の子と普通に会話が出来ること」だけが応募条件だった、その面接を受け、見事にNGを突きつけられた新津は「やっぱり自分は社会的ではないんだ」と自覚したらしい。

新津の話の中には、自分と他者を分ける言葉として、度々「9.5割」という数字が出てくる。従来の音楽業界マナーでビジネス論を展開する「9.5割」の人たち、アルバイト面接で自分とは対照的に上手に面接をこなしていく「9.5割」の人たち、子供の頃、嫌われまいと顔色を伺ってばかりいた「9.5割」の人たち…。あくまでも自分はその「9.5割」の人たちには属せないという強い孤独感が、新津の中にはあるらしいのだ。

新津が本当に孤独なのかどうか、それは私にはわからない。むしろ、今自分の目の前ではきはきと喋っている女の子が、アルバイトの面接に簡単に落ちてしまうほど社会性がないとも、もっと言えば、変わっていたり、異端であるとも思えなかった。しかし、日々のコミュニケーションのすれ違いや、自分の感性や作品に対して「NO!」と言われることを極端に恐れている新津は、不器用さゆえに、そんな恐怖や孤独とも対峙「しすぎて」しまう。

自分が「正しい」と割り切るために、みんなと自分は違うと思い込むし、その違いを肯定するために、またひとつ思い込みを用意していく。そうやってどんどん、自分自身に言い聞かせ、思い込ませてきた理屈こそ、冒頭に書いた「不自然さ」、つまり新津の的確な解答の正体なのだろう。

第1話:「わたし、つまらない人間ですか?」

別に私は、そういった新津の自己防衛反応が間違っているなんて思わないし、誰だって、そうやって心の安定を図っているはずだ。ただ、新津にとってのそれは、彼女の音楽制作、今後の「Neat's」での活動に繋がっている問題でもある。その問題を無視して、この連載に先は無いと思った私は、思い切って新津に、その「不自然さ」の正体をぶつけてみた。そしてその返答はこれまでとは打って変わり、彼女の本質がありありと姿を表したものだった。

新津:自分のなかに悪魔がいるのはわかっていて。それが出てこないように、ずっとずっとごまかしてきたのかもしれない…。自分がネガティブに包まれそうになると、ネガティブになるのが怖いから、すぐに発想の転換をする。それの逆側を見る事で、楽しくしているだけかもしれない…。

—そうなったのは、いつからなんですか?

新津:そうなったのは…ずっとだな。ずーっとずーっとだな。何でだろう? そうやって発想を転換させること自体も、良い事のように自分では思っていたんだけど…。
受け入れたく無かったんだと思う、ルールを。「何で? 攻撃」っていうのもそれが理由で、自分が嫌だとかネガティブに思っていることの裏側を見たいがために「何で?」って質問をして、何とかその事実を受け入れないようにしたかったんだと思う。でも本当は、社会はその事実で成立しているし、それが正解なのかもしれない。けど、やっぱり私はそこに馴染めないから、馴染めないことが良いことなんだよ! って自分に言い聞かせちゃう…。これって、あれだね。「ルサンチマン」だね…。

ルサンチマン。弱い者から強者に向けた憤りや怨恨、憎悪、非難の感情を意味する言葉だ。自分を肯定するために行ってきた「発想の転換」の起源に、「こうはなりたくない」と思っていた人間像が浮かび上がる。自分の人生や人間性を肯定するために、自分で自分をだましてきた。話をしながら、そんな自分のやり方に気がついた新津は、その場で泣き出した。めそめそではなく、うわんうわんと。

早く人間になりたい Neat's(26歳女子)

新津:「馴染めないことがいいことなんだよ!」って、無理矢理言い聞かせて逃げてる。一番なりたくない…一番なりたくない人間だなぁ……。たぶん、本当は10代の時に気付いてたと思う。それで、「変わりたい、変われるはず」って努力したけど、ちっとも変わってなかった。

顔をぐしゃぐしゃにしながら、新津は語ることをやめない。

新津:逃げたくなるし、放棄したくなるし、捨てたくなるけど、でも、今私が思ってる疎外感とか、陰な部分を隠さずに生きていけたら、すごく素敵だと思ってる。これは、本当。

 
PAGE 1 > 2 > 3 > 4

「早く人間になりたい  Neat’s(26歳女子)」連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る 1

    アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る

  2. 佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開 2

    佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開

  3. 広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア 3

    広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア

  4. 『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加 4

    『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加

  5. 隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン 5

    隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン

  6. 青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る 6

    青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る

  7. 片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演 7

    片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演

  8. 水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら 8

    水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら

  9. King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM 9

    King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM

  10. Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット 10

    Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット