特集 PR

早く人間になりたい Neat’s(26歳女子)

新津由衣の、本当のこと

同い年の私からすれば新津は、例えばもっと自信満々なキャラクターであったとしても納得できるくらいの経歴を持っている。しかし、目の前にいる彼女の話から感じ取れる本当の姿は、弱くて、繊細で、とにかく必死だ。死に物狂いで、人と繋がろうとしている。どうして彼女はこんなにも生きづらさを抱えてしまったんだろうか。

ちなみに新津は、RYTHEMを解散した後、アルバイトの面接を受けたことがあるそうだ。「同世代の女の子と普通に会話が出来ること」だけが応募条件だった、その面接を受け、見事にNGを突きつけられた新津は「やっぱり自分は社会的ではないんだ」と自覚したらしい。

新津の話の中には、自分と他者を分ける言葉として、度々「9.5割」という数字が出てくる。従来の音楽業界マナーでビジネス論を展開する「9.5割」の人たち、アルバイト面接で自分とは対照的に上手に面接をこなしていく「9.5割」の人たち、子供の頃、嫌われまいと顔色を伺ってばかりいた「9.5割」の人たち…。あくまでも自分はその「9.5割」の人たちには属せないという強い孤独感が、新津の中にはあるらしいのだ。

新津が本当に孤独なのかどうか、それは私にはわからない。むしろ、今自分の目の前ではきはきと喋っている女の子が、アルバイトの面接に簡単に落ちてしまうほど社会性がないとも、もっと言えば、変わっていたり、異端であるとも思えなかった。しかし、日々のコミュニケーションのすれ違いや、自分の感性や作品に対して「NO!」と言われることを極端に恐れている新津は、不器用さゆえに、そんな恐怖や孤独とも対峙「しすぎて」しまう。

自分が「正しい」と割り切るために、みんなと自分は違うと思い込むし、その違いを肯定するために、またひとつ思い込みを用意していく。そうやってどんどん、自分自身に言い聞かせ、思い込ませてきた理屈こそ、冒頭に書いた「不自然さ」、つまり新津の的確な解答の正体なのだろう。

第1話:「わたし、つまらない人間ですか?」

別に私は、そういった新津の自己防衛反応が間違っているなんて思わないし、誰だって、そうやって心の安定を図っているはずだ。ただ、新津にとってのそれは、彼女の音楽制作、今後の「Neat's」での活動に繋がっている問題でもある。その問題を無視して、この連載に先は無いと思った私は、思い切って新津に、その「不自然さ」の正体をぶつけてみた。そしてその返答はこれまでとは打って変わり、彼女の本質がありありと姿を表したものだった。

新津:自分のなかに悪魔がいるのはわかっていて。それが出てこないように、ずっとずっとごまかしてきたのかもしれない…。自分がネガティブに包まれそうになると、ネガティブになるのが怖いから、すぐに発想の転換をする。それの逆側を見る事で、楽しくしているだけかもしれない…。

—そうなったのは、いつからなんですか?

新津:そうなったのは…ずっとだな。ずーっとずーっとだな。何でだろう? そうやって発想を転換させること自体も、良い事のように自分では思っていたんだけど…。
受け入れたく無かったんだと思う、ルールを。「何で? 攻撃」っていうのもそれが理由で、自分が嫌だとかネガティブに思っていることの裏側を見たいがために「何で?」って質問をして、何とかその事実を受け入れないようにしたかったんだと思う。でも本当は、社会はその事実で成立しているし、それが正解なのかもしれない。けど、やっぱり私はそこに馴染めないから、馴染めないことが良いことなんだよ! って自分に言い聞かせちゃう…。これって、あれだね。「ルサンチマン」だね…。

ルサンチマン。弱い者から強者に向けた憤りや怨恨、憎悪、非難の感情を意味する言葉だ。自分を肯定するために行ってきた「発想の転換」の起源に、「こうはなりたくない」と思っていた人間像が浮かび上がる。自分の人生や人間性を肯定するために、自分で自分をだましてきた。話をしながら、そんな自分のやり方に気がついた新津は、その場で泣き出した。めそめそではなく、うわんうわんと。

早く人間になりたい Neat's(26歳女子)

新津:「馴染めないことがいいことなんだよ!」って、無理矢理言い聞かせて逃げてる。一番なりたくない…一番なりたくない人間だなぁ……。たぶん、本当は10代の時に気付いてたと思う。それで、「変わりたい、変われるはず」って努力したけど、ちっとも変わってなかった。

顔をぐしゃぐしゃにしながら、新津は語ることをやめない。

新津:逃げたくなるし、放棄したくなるし、捨てたくなるけど、でも、今私が思ってる疎外感とか、陰な部分を隠さずに生きていけたら、すごく素敵だと思ってる。これは、本当。

 
PAGE 1 > 2 > 3 > 4

「早く人間になりたい  Neat’s(26歳女子)」連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催