特集 PR

早く人間になりたい Neat's(26歳女子)

第3話:大いなる「ごっこ」の勧め

自ら作った舞台、すべては「変化」のために

stars

「人間になりたい」。そんなことを大真面目に考えている女の子がいる。

この連載の主人公でもある彼女、新津由衣は、18歳の頃から活動を続けたボーカルユニット「RYTHEM」を昨年2月に解散し、その後すぐにソロプロジェクト「Neat's」をスタートさせた。それまで拠点としていたメジャーのフィールドから一転して、現在は、音源制作からプロモーション(それは、例えば地道な挨拶回りであったり)、果てにはHPでのアルバム販売、発送といった細かな作業まで、自分でできることはすべて自分でやってのける、まさに「DIY」な活動を行っている。

第1話にも書いたことだが、10代からメジャーで活動を行うという華々しい経歴や、誰が見ても「かわいい」と言うであろうそのルックス、作詞作曲を自分で手がける才覚などなど、同い年の私からしてみれば「羨ましい」というのもはばかられるくらい「別世界」の住人に思えたNeat's。そんな彼女が、「DIY」という言葉の下、自分に近しいフィールドに降りてくることを最初は疎ましく思ったのも事実だった。

そういう状況からスタートした彼女との付き合いも、気がつけばもう半年になる。その間に幾度かの取材を行い、彼女のことも少しは分かるようになった。まず意外だったのは、彼女が大きな孤独を抱えていたことだ。子供のころからそんな孤独を恐れるあまり、自分を守るために「鎧」をまとうことに慣れてしまった彼女は、他者からの「否定」を避けるため、自分を正当化するような理論を発想し、身を守ってきた。自分にとってネガティブな物事を、無理矢理ポジティブな方向へ解釈して生きてきたのだ。

Neat's
---

Neat's: 逃げたくなるし、放棄したくなるし、捨てたくなるけど、でも、今私が思ってる疎外感とか、陰な部分を隠さずに生きていけたら、すごく素敵だと思うんです。

自分のすべてを曝け出せるようになりたい。最初の取材で新津は、自分で自分を歪めていることに気がつき、涙を流しながら「変わりたい」と言った。そんな願いが、Neat'sの言うところの「人間になりたい」だった。そして、メジャーの舞台から離れて、1人で始めた「Neat's」プロジェクトというのは、自分が「変わる」ために自ら作り出した舞台でもあったのだ。

それなりにラクな今の毎日から飛び出してみる

stars

これは誰しもが知っていることだと思うけれど、変わろうと思っても、人はそう簡単に変わることはできない。今の毎日に不満があったって、ものすごいエネルギーを使って、苦痛が伴うかもしれない変化をわざわざ目指さなくても、自分にとってラクな生き方というのはある程度は身に付いている。だから私は、Neat'sの涙を見た後でも、彼女みたいに羨ましいくらい出来上がった存在がわざわざ変わる必要があるのか疑問だった。

それでもNeat'sは、頑張ることを止めようとはしなかった。関西のラジオ局に1人で行って、右も左もわからぬまま挨拶をして回ったり、毎日自分で動画を撮って、それをYouTubeにアップしていったり、自分でPVを監督してみたり。Ustreamを使った生放送も、これまでは用意されていたレコーディングの諸々も、全て自分で整える。どれもこれも、自分でやったことの無いことばかり。新幹線のチケットを買う術も、ホテルを押さえる術も知らず、大切なレコーディング・データを消してしまったことも一度や二度ではなかったらしい。商品の発送においても宅配業者との幾度と無い折衝を繰り返して、ようやく販売にこぎつけた。

プロジェクトのスタートと共に、新しいことにトライをして、当たり前のように失敗を繰り返す毎日。その頃のことを振り返ってもらうと、「やっぱりいつも不安だった」と言う。それでもプロジェクトを止めようとはせず、失敗を厭わずにここまで突き進めたほど、Neat'sの「変わりたい」という想いは本気だったのだ。

PAGE 1 > 2 > 3

「早く人間になりたい  Neat’s(26歳女子)」連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 「とにかく東北に届けたかった」 ハイスタ復活の奇跡を振り返る 1

    「とにかく東北に届けたかった」 ハイスタ復活の奇跡を振り返る

  2. 藤井聡太王位・棋聖が出演、不二家の新テレビCM「藤井聡太のON/OFF」篇 2

    藤井聡太王位・棋聖が出演、不二家の新テレビCM「藤井聡太のON/OFF」篇

  3. 藤子・F・不二雄作品のキャラクター登場 グラニフ オリジナルアイテム展開 3

    藤子・F・不二雄作品のキャラクター登場 グラニフ オリジナルアイテム展開

  4. Awesome City Clubと永野亮が語る、“勿忘”と映画『はな恋』 4

    Awesome City Clubと永野亮が語る、“勿忘”と映画『はな恋』

  5. 木村拓哉と芦田愛菜が本人役で共演 タウンワーク新CM「リビング篇」 5

    木村拓哉と芦田愛菜が本人役で共演 タウンワーク新CM「リビング篇」

  6. 村上春樹とUTがコラボ 『ノルウェイの森』『海辺のカフカ』などがTシャツに 6

    村上春樹とUTがコラボ 『ノルウェイの森』『海辺のカフカ』などがTシャツに

  7. 佐藤健主演の映画『るろうに剣心 最終章』に高橋一生、村上虹郎、安藤政信 7

    佐藤健主演の映画『るろうに剣心 最終章』に高橋一生、村上虹郎、安藤政信

  8. 深田恭子、多部未華子、永野芽郁が親孝行を説く UQ mobile「UQ学割」新CM 8

    深田恭子、多部未華子、永野芽郁が親孝行を説く UQ mobile「UQ学割」新CM

  9. 芸術選奨受賞者に宮本浩次、宇川直宏、湯浅政明、塚原あゆ子、吾峠呼世晴ら 9

    芸術選奨受賞者に宮本浩次、宇川直宏、湯浅政明、塚原あゆ子、吾峠呼世晴ら

  10. NHK震災ドラマで向き合い続けた問い。三浦直之&北野拓Pが語る 10

    NHK震災ドラマで向き合い続けた問い。三浦直之&北野拓Pが語る