特集 PR

このエントリーをはてなブックマークに追加
SUPPORTED BY KORG

あの人の音楽が生まれる部屋 vol.20:H ZETT M

「子どもたちに
音楽の楽しさを伝えたい」
ピアノレッスンをここで実施

幼少の頃から音楽を通して自らの感性を磨いてきたH ZETT Mさんは、「世界中の子どもたちにピアノと映像で音楽の楽しさを伝えたい」というコンセプトのもと、映像作家のUGICHINとともに「BRICK&GLORY」というプロジェクトを立ち上げました。子ども向けの音楽番組を制作したり、フェスを開催するなど、2013年より継続的に活動を行っています。そして、プロジェクトの第5弾として、フラッシュモブ(街中で通行人が突然踊り出すサプライズイベント)を企画。その資金集めとしてクラウドファンディングを実施し、募金に参加した人へのプレゼントとして企てたピアノレッスンが、本日このスタジオで行われました。最年少は7歳、最年長は43歳。年齢もピアノのレベルもバラバラの人たちと、みっちり4時間のレッスン。「たくさんのパワーをもらった」と、嬉しそうに話すH ZETT Mさんの表情が印象的でした。

1

KORG「KROSS」

KORG製品詳細ページはこちらKORG「KROSS」

H ZETT Mさんが、メインで使用しているシンセがこちら。ゲゲゲの鬼太郎やドット柄のシールをあちこちに貼って、派手にカスタマイズして使っています。マイク入力やオーディオレコーダーを装備し、単3電池でも駆動するというユニークなモデル。そして、本体に搭載されているデモソングの4曲目“PLAY and GO!”の作曲・演奏を、H ZETT Mさんが担当されています。

H ZETT M:一番気に入っているのは持ち手の部分です(笑)。本体自体かなり軽いし、これがあるから持ちやすい。音色は攻撃力があって、PE’Zのヒイズミマサユ機は、ドラムの音を出して遊んだりしているそうです(笑)。かなりハードに使い込んでるんですけど、これからもタフに頑張ってほしいですね。

2

KORG「KAOSS PAD mini-KP」

KORG製品詳細ページはこちらKORG「KAOSS PAD mini-KP」

こちらは、H ZETT Mさんのライブでは欠かせないエフェクター。KAOSS PADシリーズ最小のボディーですが、フィルター、ディレイ、ルーパーなど100種類のエフェクトを搭載しており、電池駆動なのでいつでもどこでも操作できるのがポイント。DJのクラブプレイや野外ライブなど、様々なシチュエーションで愛用されています。

H ZETT M:パッドに指を置いて、グリグリと直感的に動かせるのが嬉しいですね。とにかく駆使しています。一度、PE’Zのライブで湿気がものすごく多いステージで使ったところ、水滴でパッドが誤作動起こしてしまったことがあるんですよ。それ以来、ビニールで覆って防水対策をしています。

3

KORG「RK-100S」

KORG製品詳細ページはこちらKORG「RK-100S」

この連載ではおなじみ、ギターのように背負って演奏できるシンセサイザーRK-100S。アグレッシヴなライブパフォーマンスで知られるH ZETT Mさんも、もちろん大のお気に入り。自分で水色にペインティングして使っています。

H ZETT M:気に入ってるのはリボンコントローラー。ネックとボディーの2か所に搭載されているのですが、ここをスライドさせながら感覚的に弾くのが好きですね。音色は、シンセリード的なものも使いますし、変化球的なのもあるので、それで笑いを取ることもあります。色を青にしたのは、トレードカラーだから……いや、本当のことを言うと、偶然うちにこの色のスプレーがあっただけなんですけど(笑)。楽器にシールを貼ったり、色を塗ったり、カスタマイズするのが好きですね。

4

グランドピアノ

グランドピアノ

4歳の頃からずっとピアノを弾き続けているH ZETT Mさんにとって、ピアノをは「好き」とか「嫌い」を越えて、もはや体の一部。

H ZETT M:グランドピアノは、ライブやレコーディングで今もよく使っています。ハンマーで弦を叩いて音を鳴らすという、原始的な仕組みもすごく好きなんですよ。打鍵するとカタカタいうのも好きですし、弾いてて気持ちいい。タッチやニュアンスで音もすごく変わるし、「いい音を出したい」っていう気持ちが湧いてくるんですよね。

「もっともっとレベルアップしたい」と、インタビューの最後に語ってくれたH ZETT Mさん。弾けば弾くほど「上には上がいる」と痛感し、海の向こうのジャズの巨匠たちによる「宇宙人のような」演奏に比べたら、「自分はまだまだ人間だ」と思い知る日々だとか。その超絶的なパフォーマンスから、「無重力奏法」と評される独自のスタイルを確立してもなお、弛まぬ向上心を持ち続ける彼のさらなる活躍が楽しみです。

スタジオ機材リスト

  • コンピューター
  • Apple「MacBook Pro」
  • DAWソフト
  • Avid「Pro Tools」
  • オーディオインターフェース
  • Avid「MBox 2 Pro」
  • キーボード
  • KORG「KROSS」
  • KORG「RK-100S」
  • KORG「R3」
  • エフェクター
  • KORG「KAOSS PAD mini-KP」
  • 電源ボックス
  • ACOUSTIC REVIVE「RTP-6 ultimate」
  • ケーブル類
  • ACOUSTIC REVIVE「FW-1.0TR-SF」「USB-1.0PLS」

Information

H ZETT M『Get Happy!』

H ZETTRIO
『Get Happy!』

2015年2月4日(水)発売
価格:200円(税込)

iTunes


H ZETT M『Something Special』

H ZETTRIO
『Something Special』

2015年2月18日(水)発売
価格:200円(税込)

iTunes


H ZETTRIO
『Trio,Trio,Trio!!!』

2015年4月15日(水)から配信スタート


H ZETTRIO
『Beautiful Flight』

2015年4月29日(水)から配信スタート


H ZETTRIO
『Smile』

2015年5月13日(水)から配信スタート


H ZETTRIO
『H ZETTRIO LIVE LUXURY ~ 素晴らしきアンサンブルの夕べ ~』

2015年6月25日(木)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:神奈川県 ミューザ川崎シンフォニーホール
料金:3,500円

PAGE 1 > 2 > 3

あの人の音楽が生まれる部屋 連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」