あの人の音楽が生まれる部屋

あの人の音楽が生まれる部屋 Vol.6:弓木英梨乃

このエントリーをはてなブックマークに追加
SUPPORTED BY KORG

あの人の音楽が生まれる部屋 Vol.6:弓木英梨乃

夢はポール・マッカートニーの
ギタリスト
弓木さんを支えるスタジオ環境

麻布十番にある「studio Walk」は、弓木さんの所属事務所Virgo Musicが所有し、レンタルスタジオとしても使用できるレコーディングルーム。Pro Toolsなど基本的なレコーディング機材は揃っているため、弓木さんはソロで活動していた頃から、ここに自分の機材を持ち込み、リハーサルや楽曲制作、レコーディングをおこなっていました。KIRINJI加入後も個人練習など、朝から晩まで時間を気にせず使わせてもらえるので重宝しているそうです。

1

mezzo-forte「Carbon fiber violin」

mezzo-forte 製品詳細ページはこちら>>mezzo-forte「Carbon fiber violin」

2歳半から10年ほどバイオリンを習っていた弓木さん。その後スポーツやギターに没頭するようになってから、10年くらい弾いていなかったのですが、KIRINJI加入後、メンバーからの要望によりライブで弾くことに。そこで、今後のライブ活動を見据えて、楽器メーカーのコルグのサポートを受けて使い始めたのが、このカーボン素材のバイオリンでした。

弓木:初めて目にしたとき、まずこのルックスにビックリしました。「こんな柄のバイオリン見たことない!」って(笑)。カーボン素材っていうのも新鮮だし、木製のバイオリンよりもメンテナンスが楽なところも嬉しい。実際に弾いてみたら、すごくよく「鳴る」のでまたビックリです。家で弾いていても、まるでホールで弾いているような響きが出ている感じなんですよ。私の場合はライブで使うので、ピックアップを付けることになると思うんですけど、絶対に良い音がするんだろうなって今から楽しみです。

2

VOX「MARK III」

VOX 製品詳細ページはこちら>>VOX「MARK III」

続いては、今は亡きThe Rolling Stonesのオリジナルメンバー、ブライアン・ジョーンズが弾いていたような、ティアドロップ型のビザールギターの復刻モデル。弓木さんは、この1960年代っぽいルックスにとても惹かれたそうです。

弓木:私は手が小さいので、ショートスケールのギターを色々試してきたんですけど、ピッチが安定していなかったり、なかなか納得いくギターが見つからなかったんです。だけど、このギターは作りがすごくしっかりしていて「これは使える!」って思ったのは初めてかもしれません。サウンド的にはストラトキャスターっぽい乾いた音色ですね。あとはやっぱり見た目。お米みたいで可愛いなって(笑)。ライブとかで、「わあ、あの子、あんな可愛いギターを持ってる!」って言われたいのでバッチリです。

3

VOX「TB35C2」

VOX 製品詳細ページはこちら>>VOX「TB35C2」

弓木さんがKIRINJIのライブでいつも愛用しているのが、このアンプ。アメリカでアンプデザイナーとして常に高い評価を受け続け、絶大な人気を誇っているトニー・ブルーノと、イギリスを代表するギター / アンプブランドであるVOX社のコラボレーションによって誕生した本機は、ブリティッシュサウンドとアメリカンサウンド両方のオイシイ部分をブレンドしたサウンドが特徴です。

弓木:サポートギタリストとして活動を始めてからは「ロックなギター」を求められることが多く、Marshallのアンプをよく使っていたんですけど、KIRINJIでは久しぶりにVOXのアンプで鳴らせるのは嬉しいです。ブリティッシュで紳士的な音の中にも、アメリカンで荒々しい歪みも感じられたり、幅広い音作りができるところも気に入っています。それと、KIRINJIではクリーントーンの中で音作りをすることが多いんです。このアンプはクリーントーンでも、とてもキレイな音が出てくれるところも重宝しています。

4

VEMURAM「Jan Ray & Karen」

VEMURAM「Jan Ray & Karen」

1年前、相川七瀬さんのサポートギタリストとして抜擢され、「何か1つカッコいい歪み系エフェクターが欲しいな」と思って探していた頃に、知り合いのギタリストからススメられたのが、知る人ぞ知る国産メーカーVEMURAMのエフェクターでした。以来、この2つのエフェクターはどの現場にも持って行っているそうです。

弓木:Jan Rayはオーバードライブで、軽く歪ませたクランチサウンドを出したいとき。Karenはもう少し音を歪ませたいときのディストーションとして使っています。これまで自分が作っていた歪み系の音は、音が潰れてしまっていて汚いなあ……って思っていたんですけど、VEMURAMのエフェクターで歪ませると、一音の粒立ちはちゃんと残ったまま歪んでくれるんですよね。「同じ歪みでも、こんなに音って違うんだ!」と感動しました。

ギターの知識やテクニックはもちろん、さまざまな音楽スタイルを身に付けながら自分のカラーを備え、なおかつアーティストの魅力を引き出すことに徹するセッションギタリスト。さらに生まれて始めてのバンド活動、KIRINJIのギタリストとしての活動。シンガーソングライターとして始まったキャリアを経て、そんなやり甲斐のある仕事に「居場所」を見いだした弓木英梨乃さん。今後の目標を伺うと返ってきた答えは、「2017年までにポール・マッカートニーのバックでギターを弾く」こと。大きな夢に向かって突き進む彼女の、今後の活躍に期待します!

スタジオ機材リスト

  • ギター
  • VOX「MARK III」
  • SCHECTER「テレキャスタータイプ」
  • Epiphone「Casino」
  • Taylor「314ce」
  • Fender「USA '52 Telecaster」
    (1980年製)
  • Fender「Jeff Beck Stratocaster」
  • Gibson「1967 Melody Maker」
  • Gibson「J-160E」
  • Rickenbacker「325V63」
  • YAMAHA「PACIFICA 611HFM」
  • YAMAHA「PACIFICA 510V」
  • YAMAHA「AC3M」
  • YAMAHA「CPX1200」
  • バイオリン
  • mezzo-forte「Carbon fiber violin」
  • アンプ
  • VOX「TB35C2」
  • エフェクター
  • ERNIEBALL「VP JUNIOR 250K」
  • YAMAHA「AG-Stomp」
  • JIM DUNLOP「GCB-95 CRY BABY WAH WAH」
  • BOSS「DD-3」「PN-2」「CH-1」
  • LINE6「DL4」「M9」
  • 「Erino Driver」(ハンドメイド)

  • 取材協力:studio Walk

Information

相川七瀬TOUR 2014『桜舞い降りる頃』(サポート参加)

東京公演
2014年3月6日(木)
会場:東京都 六本木 六本木STB139
[1]OPEN 17:00 / START 18:00
[2]OPEN 20:00 / START 21:00
料金:7,500円

大阪公演
2014年3月10日(月)
会場:大阪府 梅田 Billboard Live OSAKA
[1]OPEN 17:30 / START 18:30
[2]OPEN 20:30 / START 21:30
料金:サービスエリア7,500円 カジュアルエリア6,000円

名古屋公演
2014年3月11日(火)
会場:愛知県 名古屋 Blue Note Nagoya
[1]OPEN 17:30 / START 18:30
[2]OPEN 20:30 / START 21:15
料金:7,500円

弓木英梨乃 official site

PAGE 1 > 2 > 3

あの人の音楽が生まれる部屋 連載もくじへ



フィードバック 3

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Article
  • あの人の音楽が生まれる部屋 Vol.6:弓木英梨乃

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて