特集 PR

SUPPORTED BY KORG

あの人の音楽が生まれる部屋 vol.21:SAKANAMON

独特な言語の選び方は
どこから発想を得る?

SAKANAMONの楽曲は、ほとんどが藤森さんの作詞作曲によるもの。基本的に、まずは家でデモ音源を作り込み、その後バンドメンバーに聴かせてアレンジを詰めていきます。特に気をつけているのは言葉の乗せ方。「J-ROCKの歌詞では誰も使わないような言葉、聴いたことのないような言葉」を意識して使っています。「テレビを見ているときにふと思いついたり、誰かがしゃべってる言葉からヒントを得たり、あるいは類語・関連語を調べまくったりして、いいなと思った言葉をメロディーにあてはめていきます」。そう話す藤森さんの独特な言語センスが、SAKANAMONの重要な要素の1つになっています。

1

VOX「AC30」

VOX製品詳細ページはこちらVOX「AC30」

藤森さんのお気に入りの機材として、最初に紹介してくれたのはこちら。The Beatlesのジョン・レノンやジョージ・ハリスンをはじめ、QUEENのブライアン・メイらイギリスのミュージシャンが愛用していることでも有名なアンプです。標準モデルはブラウンですが、藤森さんはこのスタイリッシュなグリーンを愛用しています。

藤森:買ったのは1年くらい前ですね。この色を使っている人を見たことがなかったので、まず見た目で気に入りました。いわゆるVOX特有の「ジャリーン」とした音は、「ずっと憧れてたくるりやNUMBER GIRLと同じギターサウンドだ」と思って、それが鳴らせるだけで興奮します。レコーディングで使っても、エンジニアさんから評判がいいんですよ。

2

Roland「FA-101」

Roland「FA-101」

上京したときに、Apple「MacBook」と一緒に購入したオーディオインターフェース。軽くて丈夫、持ち運びに便利なので、PCを買い換えた今でも愛用しています。

藤森:インプットが8チャンネルあるので、バンドの音やドラムのマルチマイクを同時録音できるんですよ。今は、基本的に家では自分の歌とギターしか録音しないので、1~2チャンネルで事足りるんですけど、宅録に凝っていた頃は重宝してました。しかもFireWireだから、そのままだとApple「MacBook Air」に繋げられないので、アダプターで2回変換しThunderboltにして繋げているんですよね。それでも今のところ、全く問題ないです。買い換える理由がないのでこのまま使ってます。

3

Fender「Telecaster」

Fender「Telecaster」

言わずと知れた、エレキギターの定番中の定番。The Rolling Stonesのキース・リチャーズや、The Clashのジョー・ストラマー、ブルース・スプリングスティーンら多くのミュージシャンに愛用され続けているモデルです。ジャリっとした切れ味鋭い高音に特徴があり、カッティングギターに向いています。

藤森:それまではずっとハコものの大きいギターを使ってて。ずっとテレキャスが欲しくて3年くらい前に購入しました。それからは僕のメインギターですね。色も気に入ってますし、アームの部分がかっこいいと思って選びました。もちろんサウンドも大好きで、特に2つのピックアップをブレンドした音が一番気に入ってます。

4

VOX「amPlug2 AC30」

VOX製品詳細ページはこちらVOX「amPlug2 AC30」

ヘッドホンギターアンプのVOX 「amPlug」シリーズ。小さいのに中身はアナログ回路で、ギターに直接挿すだけで本格的なアンプサウンドをヘッドホンで聴くことができます。「Metal」「Classic Rock」「Bass」など様々なモデルがありますが、藤森さんが使うのは、自身の愛用アンプと同じく「AC30」モデルです。

藤森:音がいいですね。ちゃんとVOXのアンプで鳴らしたような音がする。音を出さずにヘッドホンでモニターできるから、楽屋にいる空き時間とかに練習できますよね。エフェクターの効きもすごくよくて、ディレイやコーラス、トレモロなど、いろいろ搭載されているので、自由に音作りして遊べます。それに、AUXもあるから、小さいスピーカーを持って行けば、どこでもVOXサウンドを鳴らしながら弾き語りができる。インストアライブとかでも使えますよね。

「好きな曲だけを集めた『お気に入りのプレイリスト』を聴いているようなアルバムを作りたい」と語ってくれた藤森さん。シンプルな3ピース編成でありつつも、女性ボーカルをゲストに呼んだり、オートチューンを用いてエレクトロな要素を積極的に導入したり、SAKANAMONがアレンジの幅を広げるための試行錯誤を常に繰り返しているのは、そんな彼の野望があったから。人知れずもがく「あくたもくた」に光を当てた最高のロックミュージックが、これからもこのスタジオから生まれるのでしょう。

スタジオ機材リスト

  • コンピューター
  • Apple「MacBook Air」
  • DAWソフト
  • Apple「Logic Pro X」
  • オーディオインターフェース
  • Roland「FA-101」
  • ギター
  • Fender「Telecaster」
  • アンプ
  • VOX「AC30」
  • VOX「amPlug2 AC30」
  • エフェクター
  • BOSS「Blues Driver BD-2」
  • MAXON「Real Overdrive ROD880」
  • マイク
  • SHURE「BETA57A」
  • ヘッドホン
  • audio-technica「ATH-PRO700MK2」

Information

SAKANAMON『あくたもくた』初回限定盤(CD+DVD)

SAKANAMON
『あくたもくた』初回限定盤(CD+DVD)

2015年4月15日(水)発売
価格:3,564円(税込)
VIZL-812


[CD]
1. ジリキの迷宮
2. ぱらぱらり
3. 東京フリーマーケット
4. TACHNOMUSIC
5. アナログラブ
6. ケセラセラ
7. プロムナード
8. アリカナシカ(Album MIX)
9. スポットライトの男
10. 肉体改造ビフォーアフター
11. 烏兎怱怱
12. TSUMANNE
[DVD]
『アリが対バンツアー2014 ファイナル』2014.12.1
@LIQUIDROOM
1. マジックアワー
2. 便乗鴎の世界
3. マザーラインナップ
4. 害虫
5. 爆弾魔のアクション~願い~
6. AGEINST
7. TOWER
8. アリカナシカ
『HIP LAND MUSIC×SPACE SHOWER TV presents HighApps Vol.22 –collaboration「スリーピース~クソバンドたちの逆襲~」』2014.12.4@TSUTAYA O-EAST アンコール
(出演:KEYTALK、SAKANAMON、THE ORAL CIGARETTES、赤い公園)
1.君の〇〇を××したい

AMAZON


SAKANAMON『あくたもくた』初回生産限定スペシャルプライス盤(CD)

SAKANAMON
『あくたもくた』初回生産限定スペシャルプライス盤(CD)

2015年4月15日(水)発売
価格:2,376円(税込)
VICL-64336


1. ジリキの迷宮
2. ぱらぱらり
3. 東京フリーマーケット
4. TACHNOMUSIC
5. アナログラブ
6. ケセラセラ
7. プロムナード
8. アリカナシカ(Album MIX)
9. スポットライトの男
10. 肉体改造ビフォーアフター
11. 烏兎怱怱
12. TSUMANNE

AMAZON

SAKANAMON
『SAKANAMONワンマンツアー2015 ~あく太もく太の大冒険~』

2015年6月17日(水)
会場:宮城県 仙台 CLUB JUNK BOX

2015年6月19日(金)
会場:北海道 札幌 KRAPS HALL

2015年6月27日(土)
会場:福岡県 DRUM Be-1

2015年6月28日(日)
会場:広島県 Cave-Be

2015年6月30日(火)
会場:香川県 高松 DIME

2015年7月7日(火)
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2015年7月8日(水)
会場:大阪府 BIG CAT

2015年7月24日(金)
会場:東京都 台場 Zepp DiverCity

PAGE 1 > 2 > 3

あの人の音楽が生まれる部屋 連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開