特集 PR

「音」は人や街を変えることができるのか?『音まち千住の縁』 Vol.1 スプツニ子!インタビュー「人は変化できるんだということを伝えたい」

「音」は人や街を変えることができるのか?『音まち千住の縁』 Vol.1 スプツニ子!インタビュー「人は変化できるんだということを伝えたい」

白坂ゆり
撮影:高島圭史

スプツニ子!と足立区在住ラッパー達による北千住ヒップホップ・プロジェクト? そんなわくわくするようなニュースを聞いたのは夏の始めの頃のこと。大友良英らが昨年より参加している、「音」をテーマにしたアートプロジェクト、アートアクセスあだち「音まち千住の縁」に、スプツニ子!がはるばるロンドンから参加するとのことだった。ロンドン、東京を行き来しながら、グローバルでハイカルチャーなアートシーンに彗星の如く現れて活躍するスプツニ子!と、千住というローカルな街でアンダーグラウンドに活動するラッパー達。まさに「意外な組み合わせ」という言葉しか思い浮かばないこのプロジェクトについて、スプツニ子!本人から話を聞くことが出来た。そこで浮かび上がってきたのは、スプツニ子!を貫くクリエイティビティと足立区を取り巻く環境との意外な接点だった。

街への反発心を、街を変えるエネルギーに

―スプツニ子!さんと足立区千住って意外な組み合わせに感じたのですが、これまで足立区および北千住の街とは縁があったんでしょうか?

スプツニ子!:いいえ、実は今まで一度も足立区には行ったことがなかったんです。私は新宿で育ったんですが、通っていた学校も全然違う方向だったので、住んでいる友達もおらず、これまで特に縁がありませんでした。

スプツニ子!
スプツニ子!

―足立区にはどんなイメージをお持ちでしたか?

スプツニ子!:以前に日本の格差問題や給食費未払いに関する議論や対談の中で、何度か足立区の名前が挙った事は確かにあって、私自身ロンドンのハックニーという、移民や格差問題を抱えていた地区に住んでいたので興味を持っていました。ただ実際に足立区に行ってみて人や地域と触れ合うと、ハックニーと比べ断然親しみやすく安全な場所だと思ったのですが(笑)。

―北千住の駅前は、都心と同様の大型商業施設が並んでいたりする一方で、そのすぐ裏側に呑み屋や風俗店が立ち並んでいたり、壊れかけた建物がそのまま取り残されていたりしますよね。地方の郊外の街が、その街固有の文化や雰囲気を失ってしまってさびれていく過程と似たところがあると感じます。

スプツニ子!:「音まち千住の縁」ディレクターから、千住のそういったところに地元の多感な中高生が苛立ちを覚えたり、自分の街や環境に対して否定的になってしまう事もあるとお伺いしました。だからこそ、そういう反発のエネルギーのあるような地元の若い人に参加してもらって、1回限りの楽しいイベントだけでは終わらないプロジェクトをつくりたいと思いました。

 

―このプロジェクトを通して、街の人々の気持ちを変えたいという思いがあるんですね。

スプツニ子!:地域のチャレンジングな精神を持っている若者が集まれば面白いことができるんじゃないかと思いましたね。それは私にとって大切なポイントで、ただ千住の外から作品を「はい、アートですよ」と持ち込むよりも、街の中からアートを生む、という方がずっとエキサイティングでした。街ですでに暮らしている若者達の生活をしっかりリサーチ、観察して、そこからどうやって一番面白いものを引き出せるか。アーティスト個人としてよりも地域のクリエイティブコミュニティのデザイナー、あるいはプロデューサーとして取り組むという側面にまず惹かれたんです。

 

―アート作品というより、コミュニティのデザインなんですね。実際の企画はどのように考えていったのですか?

スプツニ子!:「音」「地域密着」「若い人を巻き込む」「反発心」「現状をひっくり返す」「チャレンジングな精神」というコンセプトを並べて考えたときに、最初に頭に浮かんだキーワードが「ヒップホップ」でした。ヒップホップって何かに対して批判的だったり挑戦的だったりするし、ラッパーは自分の生まれ育った地域に密着した内容をラップする特徴があります。新宿では新宿のことを、埼玉では埼玉のことを、パリではパリのことを歌う。ヒップホップは、千住に住むクリエイティブなセンスや挑戦するエネルギーを持った若い人達をまとめて集められるキーワードなんじゃないかと。

―そのアイデアをきっかけに、どのようにリサーチを始めたんですか?

スプツニ子!:Twitterで、「足立区のヒップホップについて教えてください」とツイートしたところ、「僕の曲を聴いてください」とか、「あの人達がいい」とか、知らない人がどんどんレスをくれたんです。そこで「この街にヒップホップシーンがちゃんと根付いているんだ」という手応えを得ることが出来ました。

―その後、実際に千住の街に足を運んでみていかがでしたか?

スプツニ子!:人々が凄くフレンドリーで感動しました。それと都内なのにとても地域の絆が強い。都区内で「どこから来たの?」「新宿から来ました!」という会話を初めてした気がします。初めて千住の街に行った時には、『kuragaly(クラガリ)』という足立区周辺のヒップホップイベントをオーガナイズしている0032さんと、ビートメーカーのOsurekさんに会いました。最初はお互いに探り合いだったんですけど、今回の企画のことを一生懸命話すうちに納得してくれて。行きつけの地元の呑み屋さんに連れていってくれたり、足立区のラッパー達を大勢紹介してくれたり、結局みんな優しくて面白いディープな人達でした。

Page 1
次へ

イベント情報

『アートアクセスあだち「音まち千住の縁」』

2012年10月27日(土)〜12月2日(日)※コアタイム
会場:東京都 足立区千住地域
時間:未定
料金:無料(一部有料)
※スプツニ子!のプロジェクト詳細は未定、最新情報はオフィシャルウェブサイト参照

会期中プログラム

足立智美『ジョン・ケージ「ミュージサーカス」芸術監督:足立智美』

2012年11月3日(土)
会場:東京都 足立区 中央卸売市場足立市場
時間:15:00〜17:00(14:30開場)
※荒天時は翌日11月4日(日)12:00〜14:00(11:30開場)に順延

大友良英『千住フライングオーケストラ』

2012年10月27日(土)※荒天時は変更の可能性有
会場:東京都 荒川河川敷 虹の広場
時間:未定
出演:大友良英、遠藤一郎ほか

大巻伸嗣『Memorial Rebirth 千住本町』

2012年11月24日(土)
会場:東京都 足立区 千寿本町小学校校庭
時間:12:00〜/15:00〜(各回30分程度)

大巻伸嗣『Flotage(仮)』

2012年10月27日(土)〜11月25日(日)
会場:東京都 足立区 千住2-31
時間:13:00〜19:00(金土日のみ)

やくしまるえつこ『作品名未定』
スプツニ子!『作品名未定』
八木良太『作品名未定』

プロフィール

スプツニ子!

1985年、東京都で、英国人の母と日本人の父(ともに数学者)の間に生まれる。東京、ロンドン在住。ロンドン大学インペリアル・カレッジ数学科および情報工学科を20歳で卒業後、フリープログラマーとして活動。その後、英国王立芸術学院(RCA)Design Interactions科修士課程を修了。在学中より、テクノロジーによって変化する人間の在り方や社会を反映させた作品を制作。2009年、原田セザール実との共同プロジェクト『Open_Sailing』が、アルス・エレクトロニカで「the next idea賞」を受賞。2012年より神戸芸術工科大学大学院客員教授。 主な展覧会に、『東京アートミーティングトランスフォーメーション』(2011、東京都現代美術館)、『Talk to Me』(2011、ニューヨーク近代美術館)など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“祝日”

カネコアヤノの来たる新作『祝祭』より、屈指の名曲“祝日”のPV。ディレクションを務めた木村和平は真の鬼才だと思う。<できないことも頑張って/やってみようと思ってる>と歌われる、まっすぐで繊細な楽曲にこの映像をあてるか! と、鋭利な感性が描きとった画にまたも唸らされる。(山元)

  1. 乃木坂『セーラームーン』セーラー5戦士の写真公開 白石麻衣が映像出演 1

    乃木坂『セーラームーン』セーラー5戦士の写真公開 白石麻衣が映像出演

  2. 安室奈美恵×H&M 全アイテム着用ビジュアル&撮り下ろしポートレート公開 2

    安室奈美恵×H&M 全アイテム着用ビジュアル&撮り下ろしポートレート公開

  3. 実写映画『がっこうぐらし!』キャストに阿部菜々実、長月翠ら4人 3

    実写映画『がっこうぐらし!』キャストに阿部菜々実、長月翠ら4人

  4. 最上もがヌード展を語る。アートかエロか?議論自体がナンセンス 4

    最上もがヌード展を語る。アートかエロか?議論自体がナンセンス

  5. 是枝裕和『万引き家族』予告編 リリー、安藤サクラらの「許されない絆」 5

    是枝裕和『万引き家族』予告編 リリー、安藤サクラらの「許されない絆」

  6. 映画『パンク侍、斬られて候』特報公開 綾野剛の殺陣や北川景子のダンスも 6

    映画『パンク侍、斬られて候』特報公開 綾野剛の殺陣や北川景子のダンスも

  7. ヒグチユウコ、ヨシタケシンスケら5作家の原画約200点 『MOE』40周年展 7

    ヒグチユウコ、ヨシタケシンスケら5作家の原画約200点 『MOE』40周年展

  8. 木皿泉の5年ぶり新作小説本『さざなみのよる』刊行 装画は荒井良二 8

    木皿泉の5年ぶり新作小説本『さざなみのよる』刊行 装画は荒井良二

  9. 宇多田ヒカル新曲“初恋”5月配信 『花男』新章『花のち晴れ』イメージ曲 9

    宇多田ヒカル新曲“初恋”5月配信 『花男』新章『花のち晴れ』イメージ曲

  10. 国府達矢の苦闘の歴史。空白の15年を埋めるべく七尾旅人と語る 10

    国府達矢の苦闘の歴史。空白の15年を埋めるべく七尾旅人と語る