特集 PR

暴力で他者を支配できるのか?『ショックヘッド・ピーター』

暴力で他者を支配できるのか?『ショックヘッド・ピーター』

桂真菜

教育という大義名分のもとで自由を制限される子供たちを描く

「ロボズ博士役のガールフィ・ラースローはハンガリーを代表する役者だよ!」と言ったとたんにアシェルは隣室に走り、猛スピードで戻ってきた。数册の演劇雑誌を掲げながら「この表紙がラースロー、こっちの写真も。いろんな役を見事にこなせて、しかも彼らしさを失わない」。

やがて、演出家が比類ない俳優と賞賛するガールフィ・ラースロー本人が現れた。20年代の無声映画を彷彿とさせる『SHP』の奇怪な扮装を解いた素顔は、知的な美丈夫だ。

ガールフィ・ラースロー:今はシェイクスピア作『テンペスト』の魔術師プロスペローを演じていますが、創作劇も好きです。ドストエフスキーやランボーの文学を、実験的な手法で舞台化する仕事にも取り組んできました。『SHP』のロボズ博士にはドイツ表現主義の映画『カリガリ博士』の戯画的なイメージを投影しています。非道な親に味方する立場を強調するたびに、お客さんの反発を呼ぶ手応えが楽しくて(笑)。

photos by Eszter Gordon
photos by Eszter Gordon

ハンガリーの国民的スターだった彼が劇団オルケーニに所属した理由は、より親密なスペースで芸術性の高い表現を探求するためだった。心身ともにみずみずしさを保つ秘訣は「よく食べ、よく飲み、よく愛する!」と明かすガールフィは、文化に対する探究心も旺盛で「日本に行ったら、歌川広重の浮世絵や伝統芸能など見たいものがたくさんあります」と瞳を輝かす。

親指をしゃぶるコンラッド役に扮したのは、表情豊かな丸顔の女優、ポガーニ・ユディット。80種の声を操る声優として子供にも人気が高い。シェイクスピア喜劇『十二夜』の道化役など、ジェンダーに縛られず人物の本質を演じきる名優なのに、パンフレットに掲載する写真撮影を恥ずかしがって緊張していた。けれど、芝居の話が始まるとニュアンスに富む口調に迫力がみなぎる。アシェルが演出した芝居『ピノキオ』の主演を15年も務めた彼女は、社会が子供をゆがめるリスクを『SHP』との共通点として捉えていた。

photos by Eszter Gordon
photos by Eszter Gordon

ポガーニ・ユディット:ピノキオは好奇心が強く、世界を知りたくて冒険するうち、いろんな困難を経験します。まるで私たちの社会で子供たちが本来持っている生き生きした好奇心が、大人たちに抑圧されていくように。人形から人間になるピノキオにも、教育という大義名分で殺される『SHP』の子供たちに通じる要素があるのではないでしょうか。

コンラッドを赤ちゃんとして演じるアイデアは、彼女の発想。乳児が指をしゃぶる行動は自然の行為に感じられるだけに、親の硬直した態度がきわだち「しつけ」の暴力性を訴える。

ポガーニ・ユディット:「私が出演者のなかで最年長だから、役のうえでもっとも若い存在になれば面白いと思って。アシェルはみんなの意見を聞いてくれるから、俳優も積極的に自分のアイデアを作品に活かしていくことが出来ます」

インターネットが発達しても、人が向かい合うライブな芸術は滅びない

最後に俳優および演出家として大勢のファンをもつ劇団オルケーニの芸術監督、マーチャイ・パールの演劇に寄せる信頼を伝えよう。

マーチャイ・パール:近年ヨーロッパは揺れています。金融不安のみならず、インターネットなどの新しい文化が従来の伝統や人間関係を変えていく潮流も人々を追い詰めている。その渦中で演劇が現代社会に欠かせない芸術として認められるには、観客と共に歩む劇場が不可欠です。常に80%以上のチケット販売を保つために必要なのは、質の高い作品と演劇を愛する観客。老若男女が集って楽しめる『SHP』のような作品は、演劇と現代人を結ぶ貴重な財産です。

photos by Eszter Gordon
photos by Eszter Gordon

マーチャイはタイガー・リリーズがブダペストで催したコンサートで、ハンガリー版『SHP』の役者たちが劇中歌を熱唱したんだ、と説明しながら写真を見せてくれた。

マーチャイ・パール:キッチュなパフォーマンスと痛烈な歌詞をともなうマーティン・ジャックの曲は、シャンソン、ジプシーなどの民族音楽、中世の古歌やオペラも混ざった複雑なハーモニーを響かせます。多様性をもつ作品に参加出来た経験は私たちの誇りです。この音楽劇を通して日本の観客の皆さんとも交流できることを心から楽しみにしています。

劇団と劇場の運営を背負うエネルギーはどこから湧いてくるのだろう。

マーチャイ・パール:経営責任者の任務は困難の連続。でも、劇団の成功を仲間と分かち合う喜びは格別です。また、劇団の名は作家イシュテヴァン・オルケーニ(1912〜79)にちなんでいますが、才能を持ちながら短期間しか自由な創作を許されなかった彼への思いも私を支えています。戦争で捕虜になってソビエトで労働を強いられ、帰国後も作家活動を禁じられるといった不遇に耐え、ブラックユーモアあふれる作品を著した―そんな彼の生涯をソロ・ドラマにして演じてきました。ひとり椅子に座って語る、ただそれだけで観客と共感しあえる演劇の力は底知れないものです。

オルケーニ氏の肖像写真の前に立つ芸術監督マーチャイ氏 photo by Mana KATSURA
オルケーニ氏の肖像写真の前に立つ芸術監督マーチャイ氏 photo by Mana KATSURA

不思議な感覚で私たちを驚かす音楽劇には、苦境と戦いながら歩むハンガリーの芸術家たちの情熱が脈打っていた。大人も子供も惹きつける『SHP』が、喜劇と悲劇を同時に味わえる前代未聞の怪作となった背景には、現代史の闇も潜んでいる。

Page 3
前へ

イベント情報

東京芸術劇場リニューアル記念 TACT/FESTIVAL 2012
ジャンク・オペラ『ショックヘッド・ピーター〜よいこのえほん〜』

2012年9月1日(土)〜9月9日(日)全10公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場
出演:劇団オルケーニ(ハンガリー)
料金:前売 一般4,000円 こども(高校生以下)1,000円 親子セット券4,500円(高校生以下対象) 65歳以上3,000円 25歳以下2,500円
※ハンガリー語上演、日本語字幕付き

『ひつじ』
2012年9月1日(土)〜9月5日(水)全4公演
出演:劇団コープス(カナダ)
料金:無料
※『ショックヘッド・ピーター〜よいこのえほん〜』開始45分前から上演(約30分)

プロフィール

マーチャイ・パール

劇団オルケーニ芸術監督。1961年生まれ。画家の父のもとで幼少より芸術に親しむ。演劇映画アカデミーを卒業後、俳優として舞台と映画で活躍した後、演出家として古典から現代作家の作品まで手がけ、数多くの賞を受賞。舞台俳優としての代表作はシェイクスピア作『ロメオとジュリエット』のロメオや『リア王』のエドガー。代表的な演出作品にチェーホフ作『かもめ』など。2004年から質の高い演劇で知られる劇団オルケーニを率いて新たな観客を育てながら海外との交流も推進し、ハンガリー演劇を牽引する演劇拠点を築いている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』