特集 PR

音楽家・青柳拓次と行く『上を向いて歩こう』展

音楽家・青柳拓次と行く『上を向いて歩こう』展

タナカヒロシ
撮影:豊島望

稀代の名曲“上を向いて歩こう”が、アメリカのビルボードチャートで1位に輝いてから、ちょうど50年を迎える今年、その名曲の裏側にある物語を紹介する展覧会が、東京・芦花公園の世田谷文学館で行われています。

1つの曲をテーマに展覧会を作り上げるという異例の企画が行われた背景には、作詞の永六輔、作曲家の中村八大、そしてこの曲を歌った坂本九の三人による、数多くの人間ドラマがありました。人気テレビ番組の台本制作を投げ捨ててまで参加した安保闘争が挫折するという傷を負った永六輔、若くして日本ジャズ界の大スターとなるも大きな葛藤を抱えていた中村八大、型破りな歌唱ゆえに当初は永六輔を激怒させたという坂本九。通称「六・八・九トリオ」と呼ばれる三人が描いたストーリー、そして稀代の名曲を後世に継いだ人たちの存在など、知られざる“上を向いて歩こう”の裏側を、LITTLE CREATURESなどで活躍し、最近はTakuji 名義での活動も本格的にスタートさせた音楽家・青柳拓次さんと一緒に探求してきました。

ジェームス・ブラウンやBeach Boysを押さえてビルボート1位になった“SUKIYAKI”

展示室入口に立ったとき、「今まで、なぜか節々で歌う機会があった曲だったんです。だから今日のお話をいただいたときは、不思議な縁を感じましたね」と、今回のレポート取材を受けた理由を話してくれた青柳さん。この曲を初めて強く意識したのは1990年、日本人レゲエシンガーとして本場・ジャマイカで活躍していたNAHKIの“Combination”という楽曲を聴いてからだったそうです。

青柳:その曲では、パトワ(英語とジャマイカの現地語が混ざった言葉)でワーッと歌われているなかで、突然“上を向いて歩こう”の一節が入ってくるんです。「この曲をこんなふうに使うんだ!」っていうのが衝撃的で、それから特別意識するようになりました。海外で現地の人に「日本の曲を歌ってほしい」とリクエストされるときも、まず最初に思い浮かぶのが“上を向いて歩こう”なんです。初めて聴く人でも、みんな「いい曲だ」って言うんですよ。一度歌うと、それ以降も会うたびに「あの曲をやってくれ」って言われたりして(笑)。

青柳拓次
青柳拓次

自らの体験を通して、“上を向いて歩こう”が持つ不思議なパワーに触れてきただけに、ミュージシャンとしても、そのパワーの秘密に大きな興味を抱いていた青柳さん。満を持して展示室に足を踏み入れると、まずは“上を向いて歩こう”が、“SUKIYAKI”としてアメリカで大ヒットしていた当時の雰囲気を、貴重な資料で実感することのできる展示が待ち受けていました。

そのアメリカでの大ヒットを象徴するものといえば、アメリカの音楽ヒットチャート誌『ビルボード』HOT100での1位獲得。1963年6月15日に達成されたこの快挙は、50年経った現在でもアジアの楽曲として唯一無二の記録。展示されていた当時のチャートをよくよく見ると、“SUKIYAKI”が、並み居る有名アーティストの楽曲を差し置いて1位となっていたことがわかります。

『ビルボード』HOT100を覗き込む青柳

青柳:1位“SUKIYAKI”の下に、ジェームス・ブラウンがいたり、Beach Boysがいたり……。ランクインしている他のアーティストの名前を見ていると、あらためてこの1位獲得のすごさが伝わってきますね(笑)。

『ビルボード』HOT100の拡大図

79位で初登場してから、5週かけて1位まで昇りつめた“SUKIYAKI”は、その後3週間にわたり1位をキープ。ちなみにThe Beatlesが初めてHOT100にランクインしたのは、この数週間後。イギリスを代表する世界的ロックバンドがアメリカを席巻するよりも前に、日本人がアメリカで頂点に立っていたという事実は、あらためて知ると非常に興味深い出来事なのではないでしょうか。

『上を向いて歩こう展』会場風景

アメリカでの大ヒットを受け、同年8月に渡米した坂本九は、人気テレビ番組『Steve Allen Show』にゲスト出演。その際のステージ映像も展示されていますが、その様子は青柳さんが「ちょっとお客さん、びっくりしてますね(笑)」と言うほど、堂々と歌う坂本と、それを珍しそうな表情で見つめるアメリカ人との対照的な姿が印象的でした。しかしながら、その後“SUKIYAKI”のセールスは100万枚を突破し、発売翌年の1964年5月15日には、ゴールドディスクを獲得。その実物も展示されています。

『上を向いて歩こう展』会場風景

「なんでこういうジャケットになったんでしょうね(笑)」と、青柳さんが興味深く見つめていたのは、アメリカで発売された坂本九のLP盤。こちらはシングル盤とは別に、日本でのヒット曲を集めたレコードで、「火薬」「火気厳禁」と書かれた箱の上に座り、タバコの灰を落とそうとする反骨的な坂本九の姿が強烈なインパクトを与えます。

坂本九のLPジャケット

日本語で書かれているだけに、当時発売元だったアメリカのキャピトル・レコードが果たして意味を理解していたのか? 理解していたのであればどういう意図でこのジャケットに決めたのか? 見れば見るほど興味は深まるばかり。このゾーンには他にも当時の様子を窺い知れる資料がたくさん展示されていて、遠く海を越えたアメリカで“SUKIYAKI”が多くの人に受け入れられていった軌跡をたどることができます。

Page 1
次へ

イベント情報

『上を向いて歩こう展 ――奇跡の歌から、希望の歌へ――』

2013年4月20日(土)〜6月30日(日)
会場:東京都 芦花公園 世田谷文学館
時間:10:00〜18:00(入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜
料金:一般700円 大学生500円 高校生・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方350円 小学・中学生250円

関連イベント
『6(永六輔)×8(中村八大) Song Book』

2013年6月8日(土)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム・ホールC
出演:
永六輔(司会)
遠藤泰子(司会)
上條恒彦
小林幸子
島田歌穂
マルシア
中村中
引地洋輔
加藤慶之
荒井健一(RAG FAIR)
島健
ソノダバンド
黒柳徹子(ゲスト)
松下トモ子(ゲスト)
料金:9,500円(全席指定)

プロフィール

青柳拓次

1971年東京にて、古典楽器店を営む父とクラシック・ギタリストの母の間に生まれる。18才の時、Little CreaturesでTVのオーディション番組に出演し、5週連続グランプリを獲得。メジャーデビューをするや否や渡英。帰国後は、ClubやラジオのDJ 、プロデュース、アレンジ、選曲(COMME des GARÇONS、tsumori chisato)、俳優、映画やCM音楽の作曲、絵本、詩、エッセイ、写真など、様々な分野で活動。同時に、Little Creatures、Double Famous、Music in ElevatorなどのグループやソロユニットのKAMA AINA、青柳拓次名義で国内外のレーベルから数々の作品をリリース。2010年に東京から沖縄に移住。農園に暮らし、心と身体のホリスティックなケア(気功、整体、食養など)や、太鼓と民謡(木津茂理氏)を学び始める。2013年、約3年の準備期間を経て、世界中の様々な民族、部族のスキャット(意味を持たない詞)をオリジナルのメロディに乗せて唄う、新たなるソロユニットTakujiをスタート。国籍、人種、年齢を問わない参加型のライブでは、ピアノ、パーカッション、Takujiとオーディエンスの声がその日だけのハーモニーを響かせる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで