特集 PR

『クリエイターのヒミツ基地』 HR-FM(画家・イラストレーター)

個性的な「色面分割」技法から繰り出されるスケール感と躍動感、スタイリッシュな近未来感が、国内外のアートファンを魅了するイラストレーター・HR-FMさん。先日詳細が発表された、6月1日から運行開始しているJR西日本大阪環状線ラッピング車両「OSAKA POWER LOOP」のデザイナーの1人として、その名前を知った方も多いかも知れません。現在は、海外からのオファーによる創作活動をメインに活躍を続けるHR-FMさんですが、アーティストとなるまでの道のりには、ドラマティックな転機が幾度もありました。そんなHR-FMの半生を紐解きながら、ご自身のアトリエで個性的な作風のヒミツを語っていただきました。

テキスト:阿部美香
撮影:CINRA編集部

HR-FM(エイチアールエフエム)
専門学校卒業後、漫画家アシスタントを経てフリーの画家・イラストレーターへ。現在、主に北米を中心としたアートプリント、COMIC、GAMEの世界で活動中。「未来人が掘り出すかもしれない化石」をイメージし、未来の過去という相容れない時間軸を描くことにより新たな驚きと追憶感を表現している。

HR-FM(画家・イラストレーター)

絵を描き続けるも、なりたいモノに巡り会えなかった学生時代

HR-FMさんが生まれ育ち、そして現在の活動拠点とするのは、横浜郊外の住宅街。その個性的な作風で北米を中心に高い評価を集めるHR-FMさんですが、絵を描き始めたきっかけを尋ねたところ、幼少期の意外な体験に遡りました。

HR-FM:小学3年生のときの転校だったと思います。学区が変わって新しいクラスになかなか馴染めず、休み時間が暇だったんです。そこで、教室の窓から校庭の風景を描いて時間をつぶしていたのが、絵を描き始めたきっかけです。とはいえ、真面目に画家を志したわけではなく、中学、高校で美術部に入ることもなく、そのくせ教室中の壁に落書きをしたりするような、先生にすればやっかいな子で(苦笑)。それが今、絵を描いていることに繋がっているといえば、そうなのかもしれません。

そんなHR-FMさんが、本格的に絵描きの世界へと足を踏み入れるのは、高校卒業後のことでした。

HR-FM:若い頃の僕は、本当にちゃらんぽらんな生活を送っていました(苦笑)。高校卒業時に進路を決めなければいけなくなって、何となく思いついたのがイラストで。絵を描くのは好きだったし、とりあえず専門学校に進んでおこうと通い出したのが、当時上野にあった千代田工科芸術専門学校のイラストレーション科でした。

そしていよいよ、HR-FMさんのイラストレーター人生がスタートと思いきや……?

HR-FM:専門学校に進んだといっても、イラストレーターになれたらいいな……くらいの感覚で、当時はただ出された課題をこなすだけで遊んでばかり。ちょうど『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などのハリウッドSFX映画が大ブームで、スタン・ウィンストンのような特殊メイクを作る人や、シド・ミードといった神様級のデザイナーが、そのSF的世界観の構築に一役買っていました。自分は絵が描けるので、そういう世界に入れたらいいな、なんてボンヤリと。

今の作品に通底するSF的世界観も、そのときに培われたものだったとか。「出席日数的にはギリギリだったが、幸い課題の成績は良かったのでなんとか卒業できた」という2年間を終えたHR-FMさん。卒業後の展開を聞いたところ……。

HR-FM:専門学校を卒業したのはいいんですが、イラストレーターになれたわけじゃなく……かと言って、サラリーマンになることはまったく考えていなくて。そこからはアルバイトをしながらダラダラと。今振り返ってみると、あのときの僕は自分がなりたいもの、なれるものを探していたけど、まだ自分がなにをしたいのか、手応えのあるものに巡り会えていなかったんですね。

HR-FMさんの部屋

人生が180度変わった、漫画家アシスタントとしての過酷な日々

そんなモラトリアム生活の中で、人生の転機は突然やってきました。きっかけを作ったのは、偶然出会った漫画家志望のアルバイト仲間でした。

HR-FM:その彼は『週刊少年ジャンプ』などに持ち込みをしていたんですが、作品を見せてもらったら……、ふと「これなら俺にも描けるかも知れない」と不遜なことを思ってしまったんです。それまで漫画を熱心に読んでいたわけでも、描いていたわけでもなかったので、とんでもなく無謀なんですけど(笑)。そこで自分も漫画を描いて、大手出版社に持ち込んだんです。ナメてますよね。今、当時の自分に会ったら……きっと殴っていると思います。

とはいえ、漫画は一朝一夕に描けるものではありません。そこで大手出版社の編集部の人に勧められたのが、プロの漫画家のアシスタントとして修行を積むことでした。しかし、ここでHR-FMさんの人生は180度ガラッと変わることになります。

HR-FM:あの頃はとにかく毎日が必死でした。僕がついた先生は描き込みへのこだわりがすごい方だったんです。だから、他のアシスタントは画力の相当高い方ばかり。ふわっとアシスタントになってしまったド素人の僕とはレベルが違いすぎて付いていくのが大変でしたね。

漫画家の仕事といえば、それだけでも過酷なイメージがありますが、HR-FMさんもご多分に漏れず、週に数日はスタジオに寝泊まりしつつ、それでもわずかに空いた時間で自分の作品を描きため、編集部に持ち込む日々を繰り返していたそうです。そんな過酷なアシスタント生活は7年以上も続いたのだとか。

HR-FM:僕がアシスタントをやめなかったのは……悔しかったからですね。周りのアシスタントさんは本当に絵の上手い方ばかりでしたから、少しでも追いつきたかったし、負けたくなかった。やっと自分が一生懸命になれるモノを見つけたという手応えを感じられたのも大きかったのかも知れません。

ちなみに、そのアシスタント生活でHR-FMさんが得たもっとも大きなものは? と質問すると……。

HR-FM:画力以上に精神力、ギリギリまで耐える根性ですね(笑)。アシスタントの横では、担当編集さんが凄い形相をしながら原稿に台詞を貼り付けて、いらだつように原稿を机に打ち付ける音が聞こえてくる。こっちは不眠不休で描いているので、鬼の形相の編集者からのプレッシャーと疲労でペンを持つ手がブルブル震えてくるんですよ。そんな修羅場を何度も経験していると、ちょっとやそっとのことでは動じなくなりましたね(笑)。

漫画家アシスタントを続けるうちに、HR-FMさんにも人脈が培われ、海外向けの漫画やゲームなどのオファーが舞い込むようになりました。それらの仕事が順調に増えていったこともあり、HR-FMさんはアシスタント生活に終止符を打ち、プロのイラストレーター / 漫画家として独り立ちします。ただ、そのタイミングは運悪く、世界中の経済に大打撃を与えた2008年のリーマンショックと重なってしまいました。

HR-FM:当時、海外向けに英語で描いた漫画「OEL(Original English-language)マンガ」を出版する動きが盛んだったんです。僕もその1人としてオファーを受け、北米で流行っていた10代向けの少女漫画を描いていました。かなり畑違いではあったんですが、過去の名作少女漫画を研究してなんとか(笑)。ただ、リーマンショック以降は雑誌や大型書店が潰れ、仕事の依頼もなくなってしまった。そこで、これからは自分でしか描けないオリジナリティーがなければ、この世界で生きていけないと痛感し、今まで「こんなことができたら面白いな」と自分の中にためていたアイデアを作品として打ち出していこうと決めたんです。

「絵描き」として生き残るために掴みとった、自分だけの表現技法

そこで打ち出したアイデアが、HR-FMさんの最大の特徴であり魅力である、細かく複雑な「色面分割」です。一見カラフルな細かいモザイク状のパーツでモチーフが表現されていますが、近づいてよく見てみると、その細かなモザイクは何層にも重なり、また色面はピカソのキュビスム絵画のようにあらゆる角度に開かれることで、秩序と混乱が同居したような、なんともいえない独特の質感を生み出しています。このアイデアはどこから生まれたのでしょうか?

HR-FM:最初からあえてデジタルだけで描こうとは思っていましたが、いわゆるCGみたいな絵を描く気はありませんでした。デジタルだと絵の隅々まで自分でコントロールできるというメリットがありますが、僕は「人がコントロールできない感じ」を描きたかったんです。とは言え、ランダムに無秩序に描くだけでは、ただのまとまりのない絵になってしまいます。その矛盾したものを両立させるには、と試行錯誤を重ねるうちに、このレイヤーを駆使したやり方に辿りついたんです。

その「技法」の詳細は、後のページでじっくりご紹介させていただくとして、もう少し作品のことについて伺いました。

HR-FM:僕はプラモデルが好きなんですが、プラスチックの断片でしかなかったものが、組み上げれば立体作品となって、新しい意味や価値が生じてくる。それは「新しい価値の発見=アート」でもあるのかなと。その構造をイラストで表現できれば面白いなと試行錯誤するうちに、複雑な色面分割の技法を用いるようになったんです。シャツや髪の毛など、常識的にきちんと色分けされていなくても、全体的な色の明度と彩度さえハッキリしていれば、立体物として認識できるのではないか? デジタルによる切り絵を重ねるような感覚で、思いがけないような効果を出せる手法を模索してきました。

だからこそ生まれるこの躍動感。緻密な描き込みを得意とする作家の作品は、箱庭感覚のスタティックな魅力を振りまくものが多い中、HR-FMさんの作品にはあふれる情感や絵からはみ出してくる、圧倒的なスケール感が感じられます。作品のコンセプトとして、「未来人が掘り出すかもしれない化石」を掲げるHR-FMさん。そのモチーフや色合いも個性的です。

HR-FM:色のルーツとなったのは恐竜図鑑なんです。今でこそ、恐竜は茶色でリアルに描かれていますが、僕が子どもの頃読んでいた恐竜図鑑は、描き手の想像による色がつけられていて、赤や緑などかなりカラフルでした。また、コンセプトは後づけなんですが、遠い将来に僕の絵を見た人が「昔の風景や物は、こんな色や形をしていたのか!?」と思ってくれたら、面白いじゃないですか(笑)。だから宇宙飛行士やビルなどの未来的なモチーフを描いても、いわゆるレトロフューチャーにはならないんですね。

現在、HR-FMさんの活動フィールドは、割合でいえば国内3:海外7になるとか。海外ではローラ・ゾンビの作品も取り扱っている「Eyesonwalls.com」などのアートプリント会社に作品を提供し販売。海外コレクターからの作品依頼はもちろん、CDジャケットやポスターなどのコマーシャルな依頼も数多く寄せられています。

HR-FM:海外からは、いまだ会ったこともない方からのオファーも多く、肖像画を描いて欲しいという話が来たり、「Analog Sweden」というアナログシンセにこだわるブランドから、デジタルシンセの先駆け、ヤマハDX7を破壊するイラストを描いてくれと頼まれたり(笑)。最近だと映画『ブレードランナー』のトリビュートCDを出すというインディーズレーベルから依頼が来たり、さまざまです。国内では大阪のラジオ局「FM802」主催のアートプロジェクト『digmeout』。オーディションに参加したら、プロデューサーの方が僕の絵を「面白い!」と褒めてくださり(笑)、今年は、今後長いスパンで運行されるJR西日本大阪環状線改造プロジェクト『OSAKA POWER LOOP』のラッピング車両のデザインも手がけさせていただきました。僕の絵は非常に細かいので、大型作品を描けるのは嬉しいですね。アートプリントでも大きくプリントしないと、絵が潰れてしまいますし。

横浜の郊外で暮らしながら、ワールドワイドな活躍を見せるHR-FMさん。これからの目標をうかがいました。

HR-FM:もともとSF的なモチーフは好きだったのですが、今後は山やビルなどの、自然にある大きな空間を色面分割の手法で描いていきたいと思っています。さらに制作環境も変化が欲しいと感じていて、たとえばシルクスクリーンやアクリルアートなども描いてみたい。今の手法もまだまだ発展途上なので、常に新しい変化を模索していきたいです。

国籍にもアートやイラストといったカテゴリーにもとらわれず、作品の発表・販売のフィールドを広げ続けるHR-FMさん。既存のアーティストにはないフレキシブルなアクションと個性的な感性は、これからも国内、海外のファンを増やし続けることでしょう。今後の活躍にますます期待が高まります!

PAGE 1 > 2 > 3

「クリエイターのヒミツ基地」連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場