コラム

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2009年1月配信分(vol.208~211)

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2009年1月配信分(vol.208~211)

武田砂鉄
2009/02/12

vol.208 名前を変えまして新春(2009/01/05)

全裸

年明けでキリがいい。ので、名前を変える。諸事情があったからだが、事情が諸である以上突っ込まずにいただけると助かるのでございます。さて名前でも変えましょうかと相談してみた時に、ある信頼できる友人女史が、インドカレーを食べ終わり、コピー用紙を丸めた巻き物を取り出した。あたし名前考えてきたと開いたそこには、砂鉄とあった。多分、そこにいたあちらの国の店員は、あらお子さんが産まれたのかしらと思っただろう。もしくは平成が終わった時用に先走って年号考えちゃったのかしらとほくそ笑んだに違いないのだが、それ、僕の名前なのでした。砂鉄、これは射抜いている。砂鉄というのは、控えめである。オレ、鉄です、とは絶対に言わない。砂の中に磁石を入れてようやくオレは実は鉄でしたと付いてくる。しかし、付いてきたとなったら徹底的に付いてくる。もういいよってくらい付いてくる。控えめだったのに、気付いたらしつこい。これは小心者が力を込めて物申す唯一の論法であって、非常に適当な名前でございます。命名者に感謝。いろいろと、この名前で行く事にします。

大江戸線に地味な女子高生が二人座っていた。嵐の大野君だけど、あの雑誌のグラビアは最高に格好良かったのに、昨日観たテレビでの大野君は疲れていて冴えなかったと漏らせば、もう一人も力強く頷いた。いい、すごくいい。バスケ部の先輩に憧れてるだけじゃ事足りなくて具体的に獲りにかかる女子高生もいいけども、机上の空論を、本当に机上で熱弁できるそのスタンスが僕は好きだ。声が大きい。地下鉄は基本的にうるさいが、それよりも音量を上げて、大野君が冴えなかった理由を語り尽くす。年末だから仕事が立て込んでいるんだろうし、なんて言う。こうやって業界面に理由を求める所も、いい机上っぷりだ。どうせ夜遊びしてんだろー、なんて分かりきった口を聞く輩も多かろう。大野君ったらそうなのかもしれない。だけども、この場合において、彼女らが重ねる議論は圧倒的に正しいのだ。間違っていたとしても正しいのだ。そういう議論が折り重なって、嵐は嵐でいられるのだ。

話の転換点を聞き漏らしたのだが、ただ驚嘆した。なぜ大野君が冴えなかったのかを話していた地味女子がこう話を切り出していた。「私の夢なんだけど、公務員として働いて、その中で相手を見つけて結婚することなの」。ホリエモンは宇宙に行きたいと言った。叶姉妹も宇宙旅行がしたいわと言った。でもこの女子高生は公務員と結婚すると言った。夢について共有できる尺度を強引に設定してその上でジャッジしたとしたら、たぶんこの女子高生のほうが正しい。しかしこの場合においては、正しい、正しくないから早速外れたくなる。公務員を否定しない。というか、公務員の仕事を知らない。9時5時でいいなと自らのお忙しさを持ち出して嘲笑する人は多いが、9時7時くらいで終わるのに10時25時を繰り返している人を沢山知っている。9時5時で全く構わない。でも、大野君の在り方に一つ一つ注視している彼女から、その夢というか、より生々しい予定は聞きたくなかった。なぜか。これが実は見つかっていない。真っ当な将来設定である。その対極にある「もしかしたら家の前に大野君が通りかかって、ベランダでシャボン玉を吹かしているワタシに声をかけてくれるかもしれない」よりずっといい。でも、本当にそれでいいのか。相川七瀬は「夢見る少女じゃいられない」と歌った。でもあれは一応ロックで、一応反抗だった。これはロックじゃない。悩む。そんな中、柳沢慎吾は今年もまた「イイ夢観ろよっ」と言っていた。助かる。砂鉄として、こちらに付いていこうと思う。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像