特集 PR

euphoriaインタビュー

euphoriaインタビュー

インタビュー
柏井万作(CINRA.NET編集長)
撮影:福原和人
2008/08/29

2008年7月にサードアルバム『silence in everywhere』をリリースしたバンドeuphoria(ユーフォリア)。1982年生まれの3人組は、デビュー作から最新作に至るまで、その全ての制作行程を自分たちだけで手がけている珍しいバンドでもある。レコーディングもミキシングも、CDジャケットもwebサイトのデザインも、それぞれのプロフェッショナルに託すのが当たり前な時代に、彼らは何故全てを自分たちで手がけるのか。叙情的で美しい彼らの音楽には、何かを伝えようとする表現者の想いが込められていた。

伝えたいことをいかに心に届けることができるのか

―3人はかなり長い付き合いらしいですね。

森川:これ以上長いのはないくらい長いです(笑)。小中高と一環教育の学校で知り合ったので、本当に毎日顔を合わせていたんです。しかも寮生活だったので、24時間一緒に過ごしていたこともあったりして。

―それは相当なものですね(笑)。

森川:バンドを組んだのは高校3年生の最後でした。そのタイミングでライブをする機会があって、軽い気持ちでやってみたら面白くて。それから今に至るんですけど。

―euphoriaのデビュー作は2003年なので、大学2年生の時には楽曲もほぼ完成していたわけですよね。

森川:デビュー作に収録されている曲は、初ライブの時に演奏したものも多いんです。高校生の時にはもう出来ていた曲なんですよ。

―それはかなり早熟ですよね。一体どんな中・高校生だったんですか?

euphoriaインタビュー

森川:先程お話した「寮生活」が関係しているんですけど、1部屋に各学年の生徒が入ることになっていたので、中学1年の時に高校3年生と一緒に生活することになるんですよ。それで、高校3年生のコンポだったりラジカセから、今まで聴いたこともない音楽が流れてくるんです。特に中学1年生は電子機器の持ち込みが禁止されていたので(笑)、必然的に高校3年生と同じ音楽を聴くことになる。それがすごく大きかったですね。やっぱり5つ年上の人が聴いてる音楽はすごく新鮮ですし、そういう中で3人とも過ごしてきたので、音楽の好みも共通する部分が多いんです。

―洋楽が多かったんですか?

森川:そうですね。ティーンエイジ・ファンクラブとかヨ・ラ・テンゴとか。そういうのが中学1年生くらいで。

―ヨ・ラ・テンゴを聴いてる中学1年生ってすごいですね(笑)。

佐藤:聴かされてたんですよ、環境的に(笑)。

森川:そういうのが自然と耳に入ってきて、上級生がギター弾いているのを見て憧れて、自分もギターを始めたんですよね。

―なるほど、早熟だったのも合点がいきました。それではやはり、オリジナル楽曲を作り始めるのも早かったのでしょうか?

森川:中学3年くらいから 4トラックのテープレコーダーで宅録を始めて、自分だけで完結できてしまうベッドルームミュージックと、バンドで演奏するのが似合う曲と、大きく分けて2パターン作っていました。それで、バンド演奏が似合う曲はやっぱりバンドじゃないと表現できないし、とにかくバンドで演奏してみたかったのでeuphoriaを結成したんです。初めて3人でスタジオで合わせた時の「おぉっ」って感じは今でも忘れられないです。その感じが気持ちいいから、今も続けていると言っても過言ではないですね。

euphoriaインタビュー

―euphoriaは高校生の頃からずっと一緒に活動を続けているわけですが、音楽的なことで揉めたりすることはなかったんですか?

森川:そうですね、おかしなことに、音楽性に関する話し合いはほとんどないですね(笑)。スタジオでセッションして、自分たちが気に入った部分を突き詰めて曲にしていくので、事前に何かを話あったりもしていなくて。それよりも、バンドとしてどういうことを大切にしたいか、自分たちの活動スタンスについてミーティングすることばかりなんです。初めのころは楽しいとか気持ちいいとか嬉しいとか、そういうことだけだったんですけど、活動を続けていくうちに色んなことが見えてきて、「何を表現したいのか」というのを考えるようになりました。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

euphoria『silence in everywhere』
euphoria
『silence in everywhere』

2008年7月23日発売
価格:2,100円(税込)
123R-12 123RECORDS

1. december
2. butterfly track
3. quiet rain
4. collapse
5. silence in everywhere
6.daydream(beyond the behind)

プロフィール

euphoria

凛とした内面の世界を研ぎ澄まされた感覚で描き出すeuphoria。その楽曲には、ひとつひとつ丁寧に紡がれる暖かみのある音と、刺すような鋭い冷気とが共存する。3ピースという最小限の編成でありながら、空間を何倍にも広げ、様々な音像、感情を思い起こさせるライブは各方面から高い評価を受けており、タイ最大のロックフェス「FAT FESTIVAL」への出演や、The Album Leaf (US)、Yndi Halda (UK)などの来日アーティストとの共演と、国内のみならず国外でも広く注目を集めています。森川裕之(ギター、ボーカル)、佐藤昭太(ベース)、木下陽輔(ドラム)。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで