特集 PR

euphoriaインタビュー

euphoriaインタビュー

インタビュー
柏井万作
撮影:福原和人
2008/08/29

もしかしたら、騒音の中にも静けさが存在しているかもしれない

―『silence in everywhere』を7月23日にリリースされたわけですが、タイトルを和訳すると「静けさはどこにでも」ということになりますよね。先程の「何を表現したいのか」ということを掘り下げてお伺いしたいのですが、今作はどうして「silence in everywhere」をタイトルにしたのでしょうか?

euphoriaインタビュー

佐藤:2007年の9月にワンマンライブをやったんですけど、そのライブのテーマを3人で話し合ったんです。それで生まれた曲が、”silence in everywhere”という曲だったんです。

森川:今ってすごく便利な世の中ですけど、その反面ものすごく情報量が多いですよね。必要の無いものまで渦巻いて存在しているんじゃないかと思います。そういう膨大な情報量に流されて、受身のままで日々を過ごすことも可能だし、それで苦しむことも全くないと思うんですけど、ずっと受け身のままでいるのは危険なんじゃないかと思っているんです。

そういう渦巻いて存在している「膨大な情報量」などを「騒音」だと捉えたら、たとえ騒音に囲まれていてもその中で耳を澄ますことを忘れちゃいけないと思いました。もしかしたら、騒音の中にも静けさが存在しているかもしれない。そういう想いを込めたタイトルなんです。

―「耳を澄ます」というのは、意識しないとできないことですもんね。騒音の中に「静けさ」があるなんて誰も思わないかもしれないけど、もしかしたらその思い込み自体が勿体ないことかもしれませんね。

森川:そうですね。終電間際に乗る満員電車の中にも静けさって存在しているかもしれない。『silence in everywhere』というのは、「その静けさはどこにありますか?」という投げかけ、問いかけでもありますね。

―前作『white pattern』にも、そうした人の積極性を促す意味があったんですか?

森川:『white pattern』には、「想像力を持ったらいいんじゃないでしょうか」という問いかけがありました。真っ白な背景に真っ白な模様が浮かんでいても、普通は誰も気付かないですよね。でもそういうものをもっと感じられる様になったら、普段過ごしている日常がもっと彩り豊かに、素敵なものになるんじゃないかと思うんです。

―今作『silence in everywhere』とも共通するテーマですね。

森川:今作では『white pattern』のテーマをより積極的にアプローチしたいと思って、「じゃあどうしたら想像力が持てるんだろう?」って考えたんです。そうしたらぼくは、自分の中に静けさを見つけられた時に想像力が出てくると感じて、「silence」という言葉がでてきた。だから今作は、前作の延長線上にある作品ですね。

―普通バンドって、「こういう音楽やろうぜ」という話をして音楽を作るのがほとんどだと思うんですが、euphoriaは明らかに違いますよね。音楽を作りたい、というのはもちろんでしょうが、それよりもまず表現したいことがある。木下さんが絵本作家、佐藤さんがデザイナーとして活動していたり、音楽以外にも様々な方法で表現活動を行っていますよね。

euphoriaインタビュー

木下:ぼくは幼稚園で働いていたんですけど、子供ってすごいんですよ。『white pattern』のコンセプトに通じる部分もあるんですけど、子供たちは絵本を見ながら色んな創造力を働かせて、その絵本の世界に入り込んで独自の世界を成立させてしまう。アートでもマンガでも文章でもない「絵本」には、そういう未知の可能性があると思うんですよね。

―絵本を作ることとバンド活動がリンクする部分もありますか?

木下:ありますね。紙の中のどこに絵を描くか考えることが多いんですけど、それは同時に「どこに余白を残すのか」ということにも繋がっているんです。euphoriaでも今、シンプルに演奏することを考えていたりするので。

佐藤:「余白を残す」というのはデザインにも共通することで、こちら側からストレートに言いすぎてしまうと、聞き手や見る側が入り込む余地を奪ってしまうと思います。だからぼくも、余白の作り方を考えることは多いですね。

―euphoriaは自分たちでレコーディングからミックスまでやっているのもユニークですよね。プロフェッショナルなエンジニアに手がけてもらえば音のクオリティーは上がると思いますが、どうしてそうはしないんでしょうか?

森川:確かにプロのエンジニアの力を借りたら、音的にはぼくよりもキレイに仕上げてくれると思います。だけど、自分でやった方がぼくたちの伝えたい部分をそのままの形で届けられるので、聞き手の人にも上手く伝わるんじゃないかと思っているんです。それに、録音やミックスまで全て3人でやっていると、様々な方向からも曲に対するアプローチが生まれてくるので、大きなメリットだと思っていますね。

―コンセプトを伝えるための方法論をとことん考えていますね、euphoriaは。

森川:最初はやっぱり「楽しい」「嬉しい」からバンドをやると思うんですけど、CD をリリースしたタイミングで、考えてることをもっと上手く伝えたいと思うようになりました。それからも作品を出すたびに、「もっと伝わらないかな」「もう少し踏み込んでもいいのかな」というのをずっと考えてきて。すごい単純なことかもしれないんですけど、伝えたいことをいかに心に届けることができるのか、その方法を3人で考えています。

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Page 2
前へ

リリース情報

euphoria『silence in everywhere』
euphoria
『silence in everywhere』

2008年7月23日発売
価格:2,100円(税込)
123R-12 123RECORDS

1. december
2. butterfly track
3. quiet rain
4. collapse
5. silence in everywhere
6.daydream(beyond the behind)

プロフィール

euphoria

凛とした内面の世界を研ぎ澄まされた感覚で描き出すeuphoria。その楽曲には、ひとつひとつ丁寧に紡がれる暖かみのある音と、刺すような鋭い冷気とが共存する。3ピースという最小限の編成でありながら、空間を何倍にも広げ、様々な音像、感情を思い起こさせるライブは各方面から高い評価を受けており、タイ最大のロックフェス「FAT FESTIVAL」への出演や、The Album Leaf (US)、Yndi Halda (UK)などの来日アーティストとの共演と、国内のみならず国外でも広く注目を集めています。森川裕之(ギター、ボーカル)、佐藤昭太(ベース)、木下陽輔(ドラム)。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性