特集 PR

糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣)インタビュー

糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣)インタビュー

インタビュー・テキスト
今村圭佑
撮影:井手聡太

羽衣の作品を観終わったあとに残るのは、心地よい生への実感だ。ライブの開放感と芝居の物語性を見事に融合した独特のスタイル。人は、FUKAIPRODUCE羽衣の作品を“ミョージカル”と呼ぶ。さながらよく出来たコンセプトアルバムを聴いているかのような感覚で体感する独特の世界は“ミョージカル”と形容せざるを得ないのだ。今日は、FUKAIPRODUCE羽衣の作・演出家である糸井幸ノ介さんにお話を伺った。

ストーリーがあると説明する部分が増えますし、そういったものは無いほうが自由に書くことが出来る

―糸井さんは何でも出来る人、という印象があるのですが、作・演出だけでなく、音楽も作られているんですよね?

糸井:あと、美術と振り付けです。

―本当になんでも出来ますね(笑)。曲があって、その世界観を立体化した装置があって、役者さんがいて振り付けがあって。作品自体、ストーリーが一貫して通っているというよりも一枚のコンセプトアルバムを聴いているような感覚で観劇しています。

糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣)インタビュー

糸井:全体のことに関してはイメージだったり、装置の視覚的なイメージだったりなんですが、テーマ等は具体的には無いんですね。俳優が僕の言葉を口にして一時間半過ごしていくという事柄を一番大事に考えた場合、ストーリーやお話があると役柄とか出てくるじゃないですか。それを理由に頑張るっていう事じゃない頑張り方を俳優にしてもらいたいと思っています。言葉もストーリーがあると説明する部分がどうしても増えますし、そういったものは無いほうが自由に書くことが出来る。そういう風な理由から、どんどん今みたいなスタイルになっています。あんまりやりすぎてもどうかなって、悩んでるんですけどね(笑)。

―最初からこのような作風だったのですか?

糸井:羽衣が始まった当初はもうちょっとですね、僕の方で勝手に「深井さん(羽衣のプロデューサー深井順子さん)が主宰という色とはなんだろう?」って考えまして、下ネタは無しで女の子がメインで、とか、なんかちょっとだけ可愛らしい感じだったんです。歌や踊りはあったのですが、女の子っぽいムードでやっていました。最初は結構ノリノリで盛り上がったんですけど、二回三回とやってみてちょっと停滞を感じて…。やっぱりその、なんというか、そんなに深井さんに言われてもいないのに色々勝手にやってもしょうがないだろうって。それで男の人も出したくなって、下ネタもガンガンやりたくなって。で、なんかこうもっとソウルフルになっていった。

―そうして出来ていったのが現在の「ミョージカル」なんですね。

糸井:はい。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

プロフィール

FUKAIPRODUCE羽衣

女優 深井順子により2004年に創立。作・演出・音楽 糸井幸之介が生み出す、唯一無二の“ミョージカル”上演団体。第7回公演『よるべナイター』にて2007年度サンモールスタジオ最優秀演出賞。世田谷区芸術アワード“飛翔” 2008年度 舞台芸術部門受賞。『冬のサミット』に、2006年度、2007年度と連続で参加し、妖艶で混沌、詩的な世界が評判を呼ぶ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで