特集 PR

京都から期待の新星現る スーパーノア インタビュー

京都から期待の新星現る スーパーノア インタビュー

インタビュー・テキスト
根岸達朗
写真:柏井万作

「お客さんと戦おうっていうのは間違いなんじゃない?」って話になったときは、「僕もそう思うよ」って言いましたけど(笑)

―なるほど。ステージでの表現という意味では、先日のライブでのスーパーノアはとても面白かったですね。たとえば客席後方からクラップで(手を叩きながら)入場してくるとか。

井戸:ま、あれは失敗だったかなと思ってたんですけど(笑)。ただ、ここ何回かのライブをどういう風にやろうかとミーティングをして、その日はそう決めたんですよね。お客さんも少なかったし、後ろから入ってワッとやったらいいんじゃないかって。

田中:ステージ前にスペースができちゃうときがあるじゃないですか。あれをどうにかしたいと思ったんですよ。

井戸:そうそう、とにかく思いついたことをとにかくやってみたらええんちゃうかなって。やっぱCD売りたいし、お客さんの反応も良くしたい。CDを買ってもらえるライブってどんなんやろっていうところを考えながらやってるので。

―じゃあ、赤井さんが拳上げて「負けへんで!」と叫んだのは?

赤井:僕はライブが好きなので気持ちが盛り上がっちゃうときがあるんですよ。ただ次の日にSuiseiNoboAzの石原くんと飲んで「お客さんと戦おうっていうのは間違いなんじゃない?」って話になったときは、「僕もそう思うよ」って言いましたけど(笑)。

一同:笑

―そうそう、ウェブサイトにはドラムの田中さんが大学の新歓ライブで多目的ホールを一周と書いてありましたけど?

『京都から期待の新星現る スーパーノア インタビュー
田中俊輔(drums)

田中:曲の最後にジャジャジャーンっていうときあるじゃないですか。みんなにはその間、演奏を引っ張ってもらっておいて、僕はドラムを置いてホールを一周。戻ってきて最後にジャーンみたいな、ことをやったり……って、もうアレ消しといていいから(笑)。

赤井:学生運動のひとつだよね(笑)。

一同:爆笑


バンドをやっていないと知り合うこともなかったんだなと思うと、すごくうれしいし、そこが原動力になってます。

―僕は先日のライブを見て、みんな本当にライブが好きなんだろうなーっていう気持ちを感じられたし、なによりも全員でパワーを放っているところがすごくよかったと思うんです。やっぱり原動力はライブですか?

赤井:そうですね。きっかけは二回目の磔磔(タクタク)でのライブですね。磔磔って言ったら京都では歴史のある有名なライブハウスなんですけど、その日はなぜか手違いでワンマンになっちゃったんですよ。

―二回目でワンマンですか!?

岩橋:でも持ち時間は30分。8時前に終了みたいな(笑)

赤井:そのときすごく楽しかったんです。見にきてくれたのは友達が多かったんですけど、ちゃんと聞いてくれたし、うれしくて舞い上がっちゃって。今思えば、そこでの勘違いが原動力かもしれないですね。

岩橋:それもあるけど、僕は東京にも名古屋にも福岡にも、いろんなところに応援してくれる人ができて、バンドをやっている友達とか、知り合いも増えて、これはバンドをやっていないと知り合うこともなかったんだなと思うと、すごくうれしいし、そこが原動力になってます。

―ありがとうございました。では最後に、スーパーノアのこれからのことを教えてください。

井戸:スーパーノアってこういうバンドやっていう自己紹介的なファーストアルバムができたので、是非色んな人に聞いて欲しいと思っています。

田中:僕も気持ちは同じです。

岩橋:アルバムもすごい自信作なんだけど、まずはライブを見て欲しいです。アルバムができたからといって、そこで完結するものじゃないので、それがとっかかりになってライブに来てくれるようになったらすごくうれしいです。

赤井:うん。アルバムも聞いて欲しいし、ライブも来て欲しい。思いは一緒。共通部分は少ないけど、そこだけは共通してます!(笑)

Page 3
前へ

リリース情報

スーパーノア『雨の惑星、ステレオの向こう』
スーパーノア
『雨の惑星、ステレオの向こう』

2009年7月8日発売
価格:1,890円(税込)
colla disc / M.D.L! CLA-60033

1. ギフト
2. 渡り鳥
3. 雨の惑星、ステレオの向こう
4. 夕立アンカー
5. プレイヤーピアノ
6. 少年A#
7. 最後の車窓から

イベント情報

スーパーノア レコ発イン・トーキョー
『ゲット・ビハインド・ミー!!!バビロン・トーキョー!!!』

2009年7月31日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:新宿Motion

出演:
スーパーノア
SuiseiNoboAz
ふくろうず
Conti
bossston cruising mania
ゆーきゃんwith奥村祥人(henrytennis)
クラモトイッセイ(アゴーレーカルキン)
永尾蕗子
and more

料金:前売2,000円 当日2,300円(1ドリンク別)

『BOROFESTA × スーパーノアレコ発』

2009年8月16日(日)OPEN / START 14:00
会場:京都神宮丸太町 CLUB METRO

出演:
スーパーノア
DE DE MOUSE
nhhmbase
HALFBY
audio safari
nuito
とうめいロボ
ゆーきゃん
chori
Sugar's Campaign
tofubeats
seo makoto
and more

総合司会:MC土龍

料金:前売2,500円 当日2,800円(1ドリンク別)

プロフィール

スーパーノア

井戸健人(vo.gt)赤井裕(gt)岩橋真平(bass)田中俊輔(drums)の4人編成により京都にて結成。地元名物イベント「ボロフェスタ」にレギュラー的に出演する若手有望株。NATSUMEN、曽我部恵一バンド、ギターウルフ、カーネーション、FLUIDらと共演をはじめ真っ向勝負。数枚の自主制作音源を発表後、2009年7月8日、バンド結成時からの集大成となる待望のファースト・アルバム『雨の惑星、ステレオの向こう』をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. 『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化 1

    『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化

  2. ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ 2

    ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ

  3. 『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組 3

    『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組

  4. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 4

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  5. 椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一 5

    椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一

  6. 光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組 6

    光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組

  7. 『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開 7

    『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開

  8. 王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う 8

    王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う

  9. 福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら 9

    福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら

  10. tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ 10

    tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ