特集 PR

京都から期待の新星現る スーパーノア インタビュー

京都から期待の新星現る スーパーノア インタビュー

インタビュー・テキスト
根岸達朗
写真:柏井万作

みんなの「やりたい」が結集した形になって爆発したし、ファーストアルバムらしいものができたから良かったと思ってます。

―曲のベースは井戸君が作って、アレンジはみんなで詰めていくんですか?

『京都から期待の新星現る スーパーノア インタビュー
井戸健人(vo.gt)

井戸:そうですね。今回のアルバムの一曲目の「ギフト」はまさにそうです。ただ基本的に僕が曲を持っていくんですが、「ここにリフが欲しい」とだけは伝えて、「こうしてくれ」とは言ってません。

―みなさんはそれを聞いて、「こうした方がいいんじゃない?」と、意見を出し合う?

赤井:四人バラバラに「オレはこうしたい」ですね。だから一曲に関して、なんとなく意思の疎通が取れるようになるまで時間がかかるんです。音楽性の部分での話し合いもするんですけど、君はこう思ってるんだね? うん、わかった。という感じ。メンバーそれぞれ、こっちの方がいいんじゃないっていうことは言い合いますけど、絶対そうとは思わないということがあってもいいので。その人がやりたいようにやったらいいと思うんです。ただ、それでボツになった曲もいっぱいありますね。それを乗り越えてできたのが今回のアルバム。

井戸:曲という点でいうと、今回のアルバムはもうすこし僕がディレクションしてもよかったかなとは思うんです。でも、結果としてはみんなの「やりたい」が結集した形になって爆発したし、なによりもファーストアルバムらしいものができたから良かったと思ってます。

―まさに今までの集大成ですね。

赤井:選曲のときにもっと新しい曲もあったんですけど、それよりは最初に出すものだから、結成当初からある曲も含めて、今までの活動の全体で選んで、一枚を作りました。

何かを表現するときに、東京やから、京都やから、ということもないと思っているので。

―こうしてアルバムをリリースすることや、さまざまな繋がりで東京にもツアーで来るようになりましたよね。そこで改めて京都の音楽シーンを振り返ってみるとどうですか?

『京都から期待の新星現る スーパーノア インタビュー
赤井裕(gt)

赤井:京都は狭いので、そもそもシーンという言葉自体が成り立つかは難しいですよね。ただジャンルを問わず、いろんなバンドと仲はいいですよ。音楽自体は被ってないけど、その狭さがみんなを繋げているというか。

―繋がりという意味では、京都はみんなで何かをやってみようというマインドがあるような気がしています。たとえばボロフェスタとか。

赤井:そうですね、やっぱり学生の街だからというのが大きいかもしれないですね。僕もLimited Express Has Gone?とか、ゆーきゃんと2005年位から一緒にボロフェスタの運営に関わっています。ただ京都でこうしてボロフェスタのような動きが起こったのも、きっとくるりが東京に行ったことと影響しているのかなと。

―やっぱりくるりの存在は大きかった?

赤井:たとえば一つ、というところでありますよね。ただ、僕らは僕らで東京に行って一旗あげてやるぜ! みたいな思いはないですね。何かを表現するときに、東京やから、京都やから、ということもないと思っているので。

―ちなみに東京の音楽シーンを見てどう思いましたか?

井戸:たぶんいろんなバンドがいるから、このジャンルがどうこうとかはわからないんだけど、例えばすごいクリック練習してるんやろなーとかは感じたりしますね。

赤井:うん、魅せ方もうまいしね。

井戸:far franceとかSuiseiNoboAzもかっこいい。リハ前にコピーしたりしてましたから(笑)。でも、彼らと前に話したときは、なんかうまく話せなかったんですよね。僕、知らない人とか、好きな人の前だとうまく話せなくて……。

―井戸さんは意外にシャイなんですね。ステージ上ではすごく堂々としているのに。

井戸:人前ではなにかを発表することに抵抗はないんです。ギターを弾いて、曲を作り始めて、ステージで演奏をし始めたのもそういう気持ちがあったからだと思います。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

スーパーノア『雨の惑星、ステレオの向こう』
スーパーノア
『雨の惑星、ステレオの向こう』

2009年7月8日発売
価格:1,890円(税込)
colla disc / M.D.L! CLA-60033

1. ギフト
2. 渡り鳥
3. 雨の惑星、ステレオの向こう
4. 夕立アンカー
5. プレイヤーピアノ
6. 少年A#
7. 最後の車窓から

イベント情報

スーパーノア レコ発イン・トーキョー
『ゲット・ビハインド・ミー!!!バビロン・トーキョー!!!』

2009年7月31日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:新宿Motion

出演:
スーパーノア
SuiseiNoboAz
ふくろうず
Conti
bossston cruising mania
ゆーきゃんwith奥村祥人(henrytennis)
クラモトイッセイ(アゴーレーカルキン)
永尾蕗子
and more

料金:前売2,000円 当日2,300円(1ドリンク別)

『BOROFESTA × スーパーノアレコ発』

2009年8月16日(日)OPEN / START 14:00
会場:京都神宮丸太町 CLUB METRO

出演:
スーパーノア
DE DE MOUSE
nhhmbase
HALFBY
audio safari
nuito
とうめいロボ
ゆーきゃん
chori
Sugar's Campaign
tofubeats
seo makoto
and more

総合司会:MC土龍

料金:前売2,500円 当日2,800円(1ドリンク別)

プロフィール

スーパーノア

井戸健人(vo.gt)赤井裕(gt)岩橋真平(bass)田中俊輔(drums)の4人編成により京都にて結成。地元名物イベント「ボロフェスタ」にレギュラー的に出演する若手有望株。NATSUMEN、曽我部恵一バンド、ギターウルフ、カーネーション、FLUIDらと共演をはじめ真っ向勝負。数枚の自主制作音源を発表後、2009年7月8日、バンド結成時からの集大成となる待望のファースト・アルバム『雨の惑星、ステレオの向こう』をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. 『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化 1

    『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化

  2. ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ 2

    ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ

  3. 『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組 3

    『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組

  4. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 4

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  5. 椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一 5

    椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一

  6. 光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組 6

    光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組

  7. 『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開 7

    『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開

  8. 王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う 8

    王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う

  9. 福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら 9

    福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら

  10. tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ 10

    tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ