特集 PR

東京スカパラダイスオーケストラ インタビュー

東京スカパラダイスオーケストラ インタビュー

インタビュー・テキスト
黒田隆憲

今年で結成20周年を迎える東京スカパラダイスオーケストラが8月8日、キャリア初の主催フェスとなる『トーキョースカジャンボリー』を、山中湖の特設スカフィールドにて行なうことが決定した。彼らはもちろん、日本を代表するスキンヘッド・レゲエ・バンドTHE 69YOBSTERSや、LAの重鎮SEE SPOTら豪華なメンツが勢揃いするこのフェスは、スカ・シーンの“今”を体感出来る絶好の機会となるだろう。DUBの鬼才デニス・ボーヴェルをエンジニアに迎えて制作された、通算14枚目の最新作『PARADISE BLUE』も好評な彼ら。結成当初からのオリジナル・メンバーの1人NARGO(Tp)に、フェスに対する意気込みや、スカパラの長くて短い道のり、アルバムのことを、たっぷりと語ってもらった。

ここに来れば「スカとは何か?」が見えてくるかもしれない。

―初の主催フェスというのは意外ですね。

NARGO:昔からやりたいとは思っていたんですよね。ヨーロッパ・ツアーに出ると、向こうで行なわれているスカのフェスティバルに出演することもあって。「こういうの、いいよね」ってみんなで話していました。

―海外ではスカのフェスって盛んなんですか?

NARGO:実はスカのシーンって世界中にあって、それが繋がっているんですよ。日本ではよほどマニアックな人にしか知られていないようなバンドでも、すごく良かったりして。例えば今回『トーキョースカジャンボリー』にも出てもらうNew York Ska-Jazz Ensembleなんか、ヨーロパ各国を毎年ガンガン回っていますから。

東京スカパラダイスオーケストラ インタビュー

―ヨーロッパへ行くたびに顔を合わせるバンドとかもいるわけですか?

NARGO:そうですね。「久しぶり~!」なんて声を掛け合うこともありますし、わざわざ会いにきてくれたりするバンドもいますね。

―そういうゆるやかなシーンが、日本でも根付くと楽しそうですよね。

NARGO:日本でも、ボクらがデビューしてから何度かスカブームがあって、そのたびに良いバンドが沢山デビューしてきたじゃないですか。それに、まだデビューもしていないアマチュアのバンドの中にも、新しい切り口を持った良いバンドが結構いるんですよ。そういうバンドも全部まとめて紹介しながら、日本のスカ・シーンを盛り上げていきたいなあって。

―『トーキョースカジャンボリー』に来れば、世界中のスカ・バンドが一望出来る、みたいな。

NARGO:そうなんですよ。ボクらはボクらで「トーキョースカ」と銘打って自由にやっていますけど、他のバンドもそれぞれが自分たちなりのスカを追求しているので、色んな解釈があってホント面白いですよ。ここに来れば「スカとは何か?」が見えてくるかもしれない(笑)。今回はスカ・バンドがメインですが、次回からはもっとジャンルを広げても面白いんじゃないかなって思っていたりするんですよ。とにかく、できるだけ続けていけたらいいなっていうことはメンバー同士で話していますね。

ボクらは本当に色んなジャンルをミックスしているので、ある時期は「あんなのスカじゃねえ」と言われたこともあったんです(笑)。

―確かにスカパラは、作品を出すごとに「スカ」の定義をぶち壊しつつ、さらに広げて行っていますよね。

NARGO:海外で知り合ったミュージシャンに「スカっていうのは昔の音楽だとばかり思っていたけど、スカパラを聴いたときに“これはもっと広がっていくジャンルなんだな”ということがよく分かった」って言われたんですよ。そういうふうに感じてもらえるのはとても嬉しいですよね。

―スカパラの目指している音楽が、海外でもちゃんと伝わっているということですよね。

NARGO:ボクらは本当に色んなジャンルをミックスしているので、ある時期は「あんなのスカじゃねえ」と言われたこともあったんです(笑)。そのときは「くそ!」って悔しい思いもしたんですけど、めげずにずっと信念を貫き通してきて良かったですね。

Page 1
次へ

イベント情報

東京スカパラダイスオーケストラ、
デビュー20周年にして初の主催フェス『トーキョースカジャンボリー』開催!

2009年8月8日(土)OPEN 11:00 / START 13:00 / END 19:00(予定) 
会場:山中湖・野外特設スカフィールド (山中湖交流プラザ きらら内)
※雨天決行・荒天中止

出演:
東京スカパラダイスオーケストラ
THE 69YOBSTERS
KING NABE & THE VIKINGS
SEE SPOT
NewYork Ska-Jazz Ensemble
and more!!

料金:Sゾーン6,800円 Kゾーン6,800円 Aゾーン6,800円(税込・整理番号付)
※年齢制限中学生以下無料(入場時に学生証必要、小学生以下は保護者同伴)

プロフィール

東京スカパラダイスオーケストラ

1989年、黄色いアナログ『TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA』をインディーズでリリース。翌1990年、シングル『MONSTER ROCK』、アルバム『スカパラ登場』でメジャーデビュー。以降、ルーツのスカをベースに、ジャンルにとらわれない幅広い音楽性、すなわちトーキョースカ”で世界屈指のライヴバンドとしての信頼を勝ち得ていく。 1991年には日本武道館に10,000人以上を動員。以降も大規模な会場でのライヴとオーディエンスに近いライブハウスでのパフォーマンスを途切れることなく展開。オリジナルアルバム13枚、多数の海外公演を含むライヴパフォーマンスは1,500本を超える。今年、デビュー20周年を迎え、8月8日には、初となる主催フェス『トーキョースカジャンボリー』を開催。秋には、3年ぶりとなるシングルを発売し、9月28日よりNHKホールを皮切りに全国TOURがスタート。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開