特集 PR

L.E.D.×タナカカツキ対談 行け、青春ものづくり部!

L.E.D.×タナカカツキ対談 行け、青春ものづくり部!

インタビュー・テキスト
松本香織
写真:柏井万作

自主制作限定版のアルバム『LightEmittingDiode』から6年。インストバンドL.E.D.が1stフルアルバム『GAIA DANCE』を携えて帰ってきた。タナカカツキによる究極の映像美を誇る映像作品『ALTOVISION』にインスパイアされて誕生したという本作。その経緯をリーダーの佐藤元彦とドラムのオータコージ、そして『ALTOVISION』の産みの親であり、本アルバムのアートワークも手がけた鬼才・タナカカツキが語る。

(インタビュー・テキスト:松本香織 写真:柏井万作)

何だか急に「俺たちバンドだぞ」みたいになっちゃったよね

―12月2日発売の1stアルバム『GAIA DANCE』は、タナカカツキさんの映像作品『ALTOVISION』がきっかけで誕生したのだそうですね。

オータ:そうなんです。僕の知り合いに「ものすごい映像があるぞ」と言われて観たのがタナカカツキさんの『タナカタナ夫』という作品。それが最高で、ものすごい映像を作る人がいる、これはヤバいなと思っていました。ちょうどその時期に次作『ALTOVISION』がブルーレイで出るという話で、トークショーつきの視聴会に行ったんですね。そこでカツキさんに初めてお会いして。

タナカ:俳優の別所哲也さんが主催してる横浜のブリリアショートショートシアターで開かれたやつね。珍しいですよ、映画館でビデオドラッグ上映、というのは。別所さんの懐ですよ。

オータ:別所さんがいなければ、あのとき俺ら『ALTOVISION』が観られなかったんですか。スペシャルサンクスで名前を入れておかないと(笑)。……で、視聴会で『ALTOVISION』を手に入れたはいいけれど再生する機械がなかったので、その日のうちにブルーレイが再生可能なPlay Station3を買いに行きました。

L.E.D.×タナカカツキ対談 行け、青春ものづくり部!
左:オータコージ、中:佐藤元彦、右:タナカカツキ

タナカ:僕も家ではいまだに観れないんですよ(笑)。再生する機械がないから。

オータ:当時は「なんでDVDで出してくれないんだろう」と思いましたよ。あとから、なぜブルーレイ作品なのか分かったんですけど。

―なぜなんですか?

タナカ:僕ら映像の仕事をやってていつも困るのは、縞模様やグリッド線を綺麗に描いても、DVDに落とすと細い線が滲んじゃったり、モアレが起こったりすることなんですよ。制作中はパソコンの画面で綺麗に見えるのに、最終的にはすごいボケボケになっちゃう。ブルーレイだとDVDの3倍近く細かい部分が再生できるんですよね。そうすると、今までできなかった、我慢してたことができるようになる。

―『ALTOVISION』はマンダラみたいに細か〜〜〜いモノが描かれてますけど、あれはブルーレイだからこそなんですね。

タナカ:そうですね。ものすごく大雑把に言いますけど、映像には2つの方向があって、、お話やメッセージを伝える映像と、観るだけの映像があるんですよね。僕、昔から観るだけの映像が好きだったんですよ。NHKや民放で朝方によく流してる祭りや噴火口をただ映しているだけのものとか。頭グルグルになりながら、ずーーーっと観る。観てるだけで面白い。でもストーリーものにやられちゃってるんですよ、観るだけの映像って。

―確かに。

タナカ:でも、音楽では両方ありますよね。どっちかといったら今回のL.E.D.のアルバムは、ストーリーの向こう側にある「音そのもの」っていうことじゃないですか? やっぱり音楽は進化が早いんですよね。でも映像もそのうち追いつくと思うんですよ。表示装置の解像度がどんどん深まっていくと、「画を観てるだけで気持ちいい」ってみんな分かってきますからね。だからそっち方面の映像をやっていきたいなと思いながら映像を作っているわけでございますよ。

L.E.D.×タナカカツキ対談 行け、青春ものづくり部!
映像作品『ALTOVISION』より

佐藤:我々もまったく同じようなスタンスで遊んだんですよ。『ALTOVISION』にはストーリーがないけど、それを観てるうちに、もう引き込まれちゃうじゃないですか。観てる人が、自分なりのストーリーを作ることもできてしまうし。

オータ:みんなで観てるうちに、進んでる方向がタテかヨコかで議論し始めちゃったりして、それで一晩費やしたりとか。それが次第にヒートアップしていって、さらに映像が良くなるようにHDMIでつなげたりすると、またいろんなものが見えちゃって、毎回違う発見がある。僕も最近発見したんですけど、ジャイアントスイングしてる人がいますね。

タナカ:いますよ。そこに気がつくとは、かなり上級者ですね(笑)。

佐藤:そんな感じで毎日のように『ALTOVISION』で遊んでて、「見えないものを発見する競争ごっこ」をやってたんですけど、自然と創作意欲が湧いてきて、「何かやろうよ」って。

オータ:バンド自体は9年くらい前からあったんですけど、なかなか作品を作るまでには至らなくて、空いている時間にダラダラとライブ活動をやっていた。けど、『ALTOVISION』のおかげで会う機会も増え出したし、なんか急に「俺たちバンドだぞ」みたいになっちゃったよね(笑)。

2/4ページ:スタジオと『ALTOVISION』がリンクしはじめた

Page 1
次へ

リリース情報

GAIA DANCE
L.E.D.
『GAIA DANCE』

2009年12月2日発売
価格:2,100円(税込)
Art Direction : タナカカツキ Penguinmarket Records/YOUTH INC. PEMY-006

1. Headwaters
2. Ghat to the peace
3. Seaside Smoke
4. TGV
5. Omni Sight
6. In the Abyss(Sunset in darkness)
7. capsepizz
8. Gaia Dance

LIVE SCHEDULE

『L.E.D. "GAIA DANCE" Release Party!!! in 東京』

2009年12月6日(日)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:下北沢ERA
出演:
L.E.D. /Guest:RYUDAI (strobo、Orquesta Nudge!Nudge!、Freaky Machine)
Calm (Music Conception)
middle9
BOO DOO兄弟(辻コースケ+大野均+毛利元祐+山田芽久)
VJ:VJ QUIZ(タナカカツキ、伊藤ガビン、いすたえこ)
FOOD:
素敵な“音”と共に、美味しい“食”でカラダをもっとナチュラルに!
インドカレー「砂の岬」http://sunanomisaki.blog.shinobi.jp/
ゆるマクロビ屋台「naturemian」

料金:前売2,300円 当日2,800円 (ドリンク別500円)
チケット取り扱い:
ローソンチケット(Lコード:74299)

『L.E.D. "GAIA DANCE" Release Party!!! in 大阪』

2009年12月9日(水)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:心斎橋 鰻谷 燦粋
出演:
L.E.D.
旅団
marron(Based on kyoto,dubdub on-seng)+ satoshi fujise a.k.a
STB(electrum/spooky)
DJ:
TOSSY(mt.chill / feelback )
and more

料金:前売2,300円 当日2,800円(ドリンク別500円)
問い合わせ:鰻谷 燦粋 06-6243-3641

メール予約:penguinmarket@gmail.com
※公演名・公演日・名前・枚数を明記のうえ送信お願いします。

プロフィール

L.E.D

2000年にBass佐藤元彦(Jacksonvibe)、Sax加藤雄一郎(NATSUMEN, 曽我部恵一ランデブーバンド,etc...)、Drumsオータコージ(曽我部恵一バンド)を中心に結成。AmbientやElectronica色濃いサウンドスケープを軸に70'sMilesやWeatherReportなどにインスパイアされた有機的なバンドアンサンブルを構築。他にはない彼らならではの独自のサイケ感を展開している。現在はPercにKAKUEI(Overground Acoustic Underground)、Keybordに横山裕章(曽我部恵一ランデヴーバンド、Innervisions、etc)、GuitarにUMEZY(U-tom、ex.MONGHANG)、塩川剛志(Balloons)がメンバーとして7名で活動中。2009年12月2日に、1stアルバム 『GAIA DANCE』をリリースする。

タナカカツキ

1966年生まれ、大阪府出身。18歳でマンガ家デビューし、以後、映像作家、アーティストとしても活躍。マンガ家としての代表作は『バカドリル』(天久聖一との共著)『オッス!トン子ちゃん』など。2008年には究極の映像美で新境地を拓いた『ALTOVISION』をブルーレイで発売。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー