特集 PR

在日ファンク インタビュー

在日ファンク インタビュー

インタビュー・テキスト
ヨコタマサル

SAKEROCKの僕よりも在日ファンクのほうが本当の僕だと思っていたりもします。

―風の噂(与太話)で、在日ファンクは結成当時、SAKEROCKのほかのメンバーが多方面で活躍するなか、どこのバンドからも声がかからなかったハマケンさんの逆襲だ!(笑)……と、いうような話を耳にしましたが真偽のほどはいかに??

浜野:じつはSAKEROCKをやるずっと前、ブルース・ブラザーズに衝撃を受けて高校時代からブルース、ソウルを村上啓太とずっとやっていたんです。それがどんどん洗練されるうちにファンクだと行き着いたのがつまりは「在日ファンク」なんです。SAKEROCKの僕よりも在日ファンクのほうが本当の僕だと思っていたりもします。それを逆襲のつもりもあって活動し始めたというのは確かに当たっている部分もあるかもしれません。伊藤(大地/Dr)くんのやっているグッドラックヘイワ、田中(馨/Ba)くんのやっているショピン、星野(源/Gt)くんの弾き語り、そして、僕以外のその3人がゲスト参加したことのある細野晴臣さんのバンド。「そんなオシャレですてきな音楽、おれにはできねェんだよー!! ちくしょー!」という怒りがあります。リスペクトと怒りが入り交じった不思議な感情ですね。

―突拍子もない質問なんですが、メンバーそれぞれにあだ名をつけるとしたら?  またその理由をそれぞれ教えてください。

浜野:あだ名を定着させたいのでそれを書きます。

仰木亮彦(Gr)「オオギナ」JBのよく言う「エニ・ファンキ・ナ」の仰木版です。
村上基(Tp)「モトボイ」ジャニーズにいそうなくらい可愛い顔をしているので可愛い感じで。ロボット的ニュアンスもあります。
久保田森(Tb)「ジェントル久保田」一番ジェントルでなく人でなしだからです。
永田真毅(Ds)「ながやん」毒舌でゲスい彼の本当の性格のイメージを匂わせることでかっこいいドラミングを相殺したいです。
福島"ピート"幹夫(Sax)「P」彼の愛称の”ピート”からとってるわけですが曲中に切り札として彼のことを呼ぶと同時に“P”というボタンを押すという心地よさの現れでもあります。
村上啓太(Ba)「ムラカミナ」オオギナと同じ要領でやろうとして失敗してる状態です。

「ゲロッパ」は言葉の意味以前に「ゲロッパ」なんです。

―釈迦に説法、在日ファンクにファンクで恐縮です(笑)。ファンクは「すばらしい」「土臭さ」「悪臭のする」などさまざまな意味を持つ言葉ですが、ハマケンさんの思う「ファンク」とは何でしょうか?

浜野:「ゲロッパ」です。ファンクはアフリカン・アメリカンたちのレベル・ミュージックと言われています。でもそんなことを知らずにジェイムス・ブラウンの“セックス・マシーン”を聴いた日本人(の認識)は「ゲロッパの人」になるわけです。何だか知らないけどすごく楽しいことをやっている“ゲロッパの人”。すごいことだと思います。ジェイムス・ブラウンが「立ち上がろうぜ」という言葉を出す以前に体内にウズウズ渦巻いてるなんだかわからない魂のリズムと、何も事情を知らない日本人の妄想がじつは繋がっているんです。「ゲロッパ」は言葉の意味以前に「ゲロッパ」なんす。そんな奇跡が産まれるものだと思います。

在日ファンク インタビュー

―では、音楽的にも「ファンク」で思い浮かぶのは? やはりJBですか?

浜野:です。

―日本のファンクで、好きなバンドやミュージシャンはいますか?

浜野:僕はオーサカ=モノレールもザ・たこさんも面影ラッキーホールも好きです。あと、東京ホームランセンターというかっこいいバンドもいます。ただ彼らと同じことはしないように心がけています。

―たとえば在日ファンクといっしょに買うなら、何かオススメのファンク・バンドはありますか?

浜野:ZAZEN BOYS です。偉そうなこと言って本当にごめんなさい。僕はファンクだと思ってます。

―SAKEROCKでは、過激?逸脱して?見える(見せてる)パフォーマンスも、在日ファンクではとても自然に映ります。両方の活動で意識的に分けている部分などありましたら教えてください。また在日ファンクでは、フロントマンとして、気をつけている点はありますか?

浜野:ありがとうございます。意識的に分けている部分はとくにありません。気をつけてるのは気負わないことでしょうか。どうしても自意識過剰になってしまうんですが、お客さんは僕だけ見ているわけじゃないし、メンバーがいつだって助けてくれるはずなんです。それはまだまだ自覚が足りないので悩んでいます。

―楽曲の着想はどんなところから? またユーモアにあふれながら人生の厳しさを歌った詞の発想はどんなところから生まれますか?

浜野:まずは何度でも言いたい、ナイスワードがピンと浮かぶわけです。でもピンとくることというのは、掘り下げれば自分も気づいていなかったような自分のことがわかってくるんです。僕は基本的に嫉妬やねたみが激しいほうなので、それをカウンセリングというか、いちばんいいかたちの治療法としてやっています。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

在日ファンク
在日ファンク
『在日ファンク』

2010年1月6日発売
価格:1,980円(税込)
P-VINE PCD-4399

1 .Intro Funk
2 .最北端
3 .きず
4 .のこってしまった
5 .神頼みFunk
6 .罪悪感
7 .ダンボール肉まん
8 .京都(Live Version)
9 .最北端(Live Version)

プロフィール

在日ファンク

新しい時代のディープ・ファンク・バンド、在日ファンク。 高祖ジェイムズ・ブラウンから流れを汲むファンクを日本に在りながら(在日)再認識しようと、音、思想、外観あらゆる面から試みるその様は目を覆うものがある。 しかし、それこそがまさにファンクだということに彼らはまだ気付いていない。 メンバー:浜野謙太(Vo &リーダー)、村上啓太(Ba)、仰木亮彦(Gr)、永田真毅(Ds)、福島" ピート" 幹夫(Sax)、久保田森(Tb)、村上基(Tp)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図