特集 PR

なぜ無料配信アルバムなのか? euphoriaインタビュー

なぜ無料配信アルバムなのか? euphoriaインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
写真:柏井万作
2010/02/05

ザ・アルバム・リーフとの共演や、タイのロック・フェスティバルへの参加など、国内外で評価の高い3ピースeuphoriaが、新作アルバム『fluidify』を何と全曲無料で配信する。買い手に価格を決めさせたレディオヘッドの『IN RAINBOWS』をはじめ、インターネットの発展によって作品の発表方法は多様化し、1曲フリー・ダウンロードぐらいは当たり前の時代になったものの、アルバム全曲を無料でというのはあまり例を見ない。大胆なリリース方法を選択したeuphoriaだが、その根本にあるのは「伝えたいことをいかに心に届けるか」という、変わらない彼らのコミュニケーションに対する思いだった。「fluidify=液体になる」というタイトルがつけられたこの作品が、あなたの心と混ざり合いますように。

(インタビュー・テキスト:金子厚武 写真:柏井万作)

レディオヘッドの『IN RAINBOWS』で、音源にお金を払うことの意味っていうのを初めて意識的に考えたかもしれない。

森川(Vocal&Guitar):これ、仕上がったので(と言ってサンプルCDを渡す)。ちょうど昨日の夜マスタリングが終わって。

―あ、Twitterに書いてあったの見ました(笑)。これがあと2週間もすればリリースされるんだからすごいですよね。

森川:そうですよね。CDにしてたら間に合わないですからね。

―今回の作品はやっぱり全曲無料配信っていうのが大きなトピックなわけですが、森川さんのブログによると、アイデアを思いついたのは2008年の秋ごろなんですよね? まずはそのときのことを話してもらえますか?

なぜ無料配信アルバムなのか? euphoriaインタビュー
森川

森川:2008年の秋っていうのが、ちょうど僕らの前作、3枚目のアルバム(『silence in everywhere』)が出た後ぐらいのタイミングなんですけど、「次のアルバムは無料で!」って始まったわけじゃなくて、あくまで色んなアイデアの一つとして無料配信っていうのがあったんです。その考えが毎日生活をして色んなものに触れる中で徐々に大きくなって。

―パッケージ、有料配信、色々ある中の一つだったわけですね。配信するっていうアイデアに関しては、他のアーティストの影響とかもあったんですか?

木下(Drums):レディオヘッドが、無料ではないけど配信で出したりしてたのは、音楽をやってる人間として気にならなくはなかったですね。

―レディオヘッドの『IN RAINBOWS』は買い手が自由に価格を決められたわけですが、実際買いました?

木下:僕はレンタルするぐらいの金額で買ったんですけど、聴いてみたらすごくて、「すいません!」みたいな(笑)。

―僕はタダで買いましたよ(笑)。でも、その後パッケージも買いましたけど。

佐藤(Bass):僕もダウンロードしました。(木下と)同じくらいの金額で。

―金額を決めるときにどんなことを考えました?

木下:普段気にしないことを気にしましたね。音楽の価値っていうのを考えて、レディオヘッドが書いてることを読んだりして、自分の中で音楽との向き合い方を考えました。全然深くはないんですけど。それで、わからないから…中途半端な金額で(笑)。

佐藤:音源にお金を払うことの意味っていうのを初めて意識的に考えたかもしれないですね。クールな言い方をすれば、データと言えばデータですし、それにお金を払うことの意味とか、アーティストが生み出してる価値に対する対価なのかとか…僕も結論が出るまで深く考えたわけじゃないですけど。

Page 1
次へ

リリース情報

fluidify

" alt="" class="lazyload">
euphoria
『fluidify』

2010年2月5日発売
価格:無料

1. stay alert!
2. parabola
3. monotone bed
4. morning alarm
5. circus boy
6. letter from winter
7. mystic room
8. melt Fe
9. random walk
10. cat in blanket
11. fluidify

イベント情報

入場無料イベント『exPoP!!!!!』にも出演決定!
viBirth × CINRA presents
『exPoP!!!!! volume35』

2010年2月25日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:Shibuya O-nest

出演:
euphoria
4 bonjour's parties
texas pandaa
and more

料金:無料(2ドリンク別)
※ご予約の無い方は入場できない場合があります。ご了承下さい。

プロフィール

euphoria

凜とした内面の世界を研ぎ澄まされた感覚で描き出すeuphoria(ユーフォリア)。3ピースという最小限の編成でありながら、空間を何倍にも広げ、様々な音像、感情を思い起こさせるライブは各方面から高い評価を受けており、過去にはThe Album Leafなど来日アーティストと多数共演。2010年2月5日に4th Albumとなる『fluidify』は、全曲フリーダウンロードと大胆なリリースで国内外問わず注目を集めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側